とんぱた亭 神奈川・新子安





乾いた空気に包まれて冬の表層は青空となって、陽射しを街角に注がせていた1月も後半の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな午後8時過ぎだった。

片倉町に本店がある人気ラーメン店のこちらが、JR京浜東北線新子安駅に隣接する商業施設であるオルトモールの二階に支店が営業しているとして会社帰り立ち寄ることにした。

以前から気になっていて、社内の方もよく利用されている家系ラーメン店だそう。確かどこかで聞いた店名だと思い返して見ると、風凜@市川大洲の店主が修業されたお店だった。

そんなわけでまた京浜東北線電車に乗車して、初めて新子安駅の改札を出た。海側に出る改札しかないと思ったら右手に上がる階段があって、そこを昇って行くと幅広の産業道路でそこを車が行き来していた。

その立体交差している道路の歩道を利用すれば、線路の向こう側へ行けるようになっていたので歩いて行った。まもなく左手に大きな商業施設のオルトモールがあり、その奥を左折してその先へ進んで行けば屋外エスカレーターが設けられていた。そこを上がって行くと、右手奥にこちらの店舗があった。

さっそく入店すると盛況な比較的広い店内が広がっていた。単身入店客と直ぐ気がつかれて、カウンター席へ促されそこへ腰を降ろした。

メニューを開いて特に決めていなかったが、午後6時から提供するとあったチャーハンがなんだか気になって、それと一緒にとんこつ醤油ラーメンにトッピングメニューでうずらたまごもお願いした。

平成4年9月に片倉町本店がオープンした、家系ラーメンを提供するお店。新子安店は平成13年12月から営業しているらしい。

以前は横浜橋にも支店があったようだがそこはかなり前に閉店していて、現在は三枚町と日産スタジアムにも支店があるこちらだそう。程なく到着。

こうしたラーメン店で提供されるチャーハンだから、てっきりラーメンのサイドメニュー的な存在のメニューだと思った。しかしそれにしては500円は高いと感じたし、オーダーを聞いて頂いたお店の方も意外な組み合わせを受注した雰囲気に見て取れた。

なるほどチャーハンには中華店よろしく、茶碗に入ったスープが付いて来た。こちらではラーメン客はラーメンだけ、チャーハン客はチャーハンだけオーダーするのだろう。

まあ、当たり前と言えば当たり前なのだが。それではとラーメンから行かせて貰えば、うずらたまごもあってかどちらかと言えば何処か壱六家を彷彿とする味わい。丁寧に作られている優しいコクが素敵で良かった。

チャーハンもしっかりしており、これがまた美味しかった。スープがまたラーメンのスープと全然違っていたが、これもなかなかの味わいとなっていた。

店名のとんぱた亭ってどんな経緯でそんな店名になったのか確認させて貰うと、創業オーナーのお名前が畑社長だそうでそこから豚畑亭となって、親しみやすく平仮名にしたのが今の店名なのだそう。

ラーメンショップさつまっ子がFC展開するさつまっ子チェーンの店舗として、こちらが紹介されているが親会社と子会社の関係なのだろうか。ともあれ壱六家とは、無関係のこちらのようだった。

最後になってからカウンターにあったニラキムチをラーメンに入れて見たが、風情がガラリ変わってこれも良かった。気がつけば完食。いや、ラーメンもチャーハンも、なかなか美味しかった。

(左フォト) ラーメン+うずらたまご/チャーハン/店頭外観 (2012.01.18)


 とんこつラーメン とんぱた亭 新子安店

 住所:神奈川県横浜市神奈川区新子安1-2-5オルトモール2階  TEL045-421-2266

 定休日:不定休  営業時間:11:00〜22:00LO  ※公式サイトはこちら

 アクセス:JR京浜東北線新子安駅下車。右手階段を昇って上の神奈川産業道路の歩道を左折して
       線路の向こう側へ渡りオルトモール奥を曲がってその先の屋外エスカレーターを上がって
       右手奥にこちらがあり。



  2012.01.18 最寄り駅はJR京浜東北線新子安駅。   2012.01.18 オルトモール奥の低層棟の方にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP