純広東料理 徳記 神奈川・横浜中華街





休日になると中華街巡りが続くここしばらくだが、既に訪れている各店にも出来ればまた入店したいところだ。そんな思いが一番強かったのが、とんそくそばで人気のこちらだった。

以前は違うメニューを愉しんでおり、その内にとんそくそばもと思っていただけに、今回こそとなって訪れたい未訪店がまだ幾つもあるなか立ち寄ることにした。

先日周辺某店で豚足を口にしたが、そこで食して以来こちらの豚足そばの思いが再燃していた次第だった。

豚足を提供する店が少なくない中で、こちらの豚足はかなりの好評を博しているようだ。かなり良いに違いない。

というわけで広東料理の人気店を出た後で市場通りを進んで関帝廟通りに出て、その関帝廟からほど近い路地を入りその店頭へやって来た。

さっそく入店すると5〜6人におよぶ研修帰りのサラリーマン御一行様らしき団体客に、地元周辺の常連客が数人の店内が待っていた。

奥寄りの空いたテーブル席を見つけて、腰掛ける前に豚脚麺と記されたとんそくそばをオーダーしてから着席。

以前は座った場所もあって壁面を見る余裕は無かったが、今回は壁面沿いのテーブル席だけにたくさんサイン色紙の存在に気が付いた。

それにしてもたくさんの色紙がそこかしこに見られた。入口寄りにも何枚もあった。程なく到着。

微塵切りの白ネギが軽く散らされた素ラーメンに、醤油でたっぷり煮込まれてトロントロンの豚足が皿に二つ乗せられて来た。

それを私の前に置くと女将さんは汁そばと豚足を交互に食べて、豚足が無くなったら麺を豚足のタレに絡ませてつけ麺みたいにしてどうぞと言った食べ方を教えてくれた。

なるほど、この前来た時に注文した方が初めての人全てに何か話してかけていたが、このことを教えていたのかと知った。

それではと行かせて貰えば、醤油スープの風情もよろしく素敵な美味しさの素ラーメン。太めの平打ち麺はさすが製麺所として創業したこちらの自家製麺で、絶妙なコシの持ち味にツルツルとした喉越しを両立させたなかなかの風合いを有する麺だった。

そして圧巻が先述したトロントロンの豚足。圧力をかけてしっかり煮込んだ感じのもので、丸い小さな小骨以外は全てに食べられるものでこれまた感動級の美味しさと言えた。

おそらくは、豚足の一番末端の部分だろう。普段は豚足ってそう口にすることは無いが、こんなトロントロンの豚足ならこれからもまた食べて見たい。

そして後半になってから、豚足の醤油ダレに麺を絡め愉しんだ。言うなればあえそばで、とても素敵な味わいだった。

気がつけば完食。いや、やっぱりとんでもなく何処までも絶大に素晴らしかった途轍もなく良かったとんそくそばだった。

(左フォト) とんそくそば(麺・豚足)/後半は豚足ダレに麺を絡めて (2013.11.14)


 純広東料理 徳記 (トッキ)

 住所:神奈川県横浜市中区山下町166  TEL045-681-3936

 定休日:水曜日  営業時間:12:00〜15:00(日祝〜16:00)/17:30〜20:45

 アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅下車。2出口より外へ出て傍の中華街東門交差点から
       中華街に入り、前方三叉路の左手の車道を進み120mほど先の右路地を曲がる。その
       関帝廟通りを300m程歩いた中華学院周辺の左路地を入った奥の右側にあり。関帝廟
       通り沿い入口に看板あり。徒歩およそ10分。



関帝廟のすぐ近くにあるこちらだ。

路地の奥へ進んで行くとある。

壁面に貼られたボードのメニュー。

そこかしこに有名人のサインがあった。

こちらにも池波正太郎が訪れて絶賛されたようだ。

最寄駅はみなとみらい線 元町・中華街駅。






水色の空からの陽射しにも、春の足音が遠くから聴こえて来そうにさえなりそうな、2月如月も下旬となって来た休日の火曜日だった。

時に週二日の休日の朝は嫁さんと二人分のためた洗濯物を、全自動洗濯機の中に放り込むことから始まる。朝食を済ませるころには終了のチャイムがなって、それらをベランダに干してからラーメン行脚にいつも出掛けている。

今日もいい天気だけに自宅へ帰る頃には、ワイシャツなどの薄手物は乾いていることだろう。

ちなみに結婚して14年目になるが、諸般の事情で子供はいない。以前にも触れたが新婚旅行の行き先は長崎方面で、ハウステンボスや長崎新地の中華街などを観光したものだ。

そんなことを思い出したからと言うわけでもないが、ふと横浜中華街へまた行って見るかとなって、気になっていたこちらへ出掛けることにした。そんなわけで今日もまた横浜へやって来た。

東急線電車に乗り換え、終点のみなとみらい線横浜・中華街で下車。中華街東門交差点から朝陽門を潜って左手の南門シルクロードを歩き、天長門から右手の関帝廟通りへ入り、関帝廟を越えて少し歩いた左路地の入口にこちらの看板があった。

何度となく横浜中華街へ来ると関帝廟を訪れているが、こんな近くに中華街の人気老舗店の一つがあるとはつゆぞ知らなかった。

正午から開店らしくまだ始まっていなかったが、さすが人気店だけに既に常連さんらしき方お一人が単行本を読み耽りながらその開店を待っていた。

正午まで10分以上あったので、その後ろに並ぶことなく周辺を散策。関帝廟にも入って、賽銭を投げてお参りもしたりした。

最近何かとテレビで紹介される機会が多い横浜中華街で、店先でその時のビデオを流しているお店も見受けられた。以前閉店が続く不況にあえぐ中華街を紹介したが、これで多少は良くなってくれると嬉しいものだ。

さて、そろそろ大丈夫だろうと店頭に戻れば、ちょうど女将さんが白地に広東料理の赤い文字が目立つ暖簾を店先に掛けている最中だった。

入店を制されていて待っている際に、創業してどれくらい経つのかお聞きして見ると今年で48年目になるそう。

昭和20年に製麺卸しとして開業したこちららしいが、広東料理店は昭和39年頃創業のようだった。暖簾が落ち着くとどうぞとなって、入店して先客二人の間のテーブル席に腰掛けた。

まもなくお茶が来た際に、予定通り葱油麺と表記されていた、いわゆるねぎそばをお願いした。豚足そばが人気のこちららしく、後続客の方はそれを注文されていた。あとで遠目に見ると素ラーメンにトンソクが別皿で来ており、そのトンソクがかなり美味そうだった。

テーブルには禁煙マークがあって珍しく灰皿の無い中華店で、携帯電話の使用禁止を厳しく案内して思わず赤羽某店を思い出してしまった。一度建て替えたのか店舗はそれほど古くない感じだった。それでも何処か風情のある空間となっていた。程なく到着。

これがかなりに優美な面持ちを感じる、そんな中華そばがやって来た。さすが初めて庶民にラーメンが提供された横浜中華街の一店らしい風流なビジュアルと言えた。

手打ち麺のようで店頭にそう紹介されていたが、なるほど不均一の幅の平打ち麺が一方向に折り畳まれていた。そのビジュアルに思わず八王子のみんみんのラーメンが脳裏を過った。

その上に胡麻油辺りに和えられた、細く裁断された長ネギと中華ハムが一定量盛られており、風情の良さがそこから感じられた。

それではと行かせて貰えば、そこはかとなく優しい鶏の味わいが実に素晴らしい味わい。麺も感動級であり、葱の具材に至るまでシンプルこの上ないものの、その存在感はかなり凄いと思わせるものが在った。

気がつけば完食。豚脚麺とあるとんそくそばを周りの方が食されていて、何度見てもやはりかなり美味しそうだった。いや、ねぎそばもかなり凄くとんでもなく、実にとっても美味しかった。

(左フォト) 葱油麺(ねぎそば)/関帝廟通り入口/店舗外観 (2012.02.21)


 ★おまけ ※以下は「金の餃子御代家」番外特別編レポート(2012.02.21)

徳記での精算を済ませて挨拶して外へ。もう一軒行こうかと考えて今回中華街へやって来たが、徳記さんがかなり良かっただけにそれを止めることにした。一般的にラーメンは胃で味わう料理とも言えて、こうした感動の中華そばに出会ってしまうと、思わずそんな思いを優先してしまうものだった。

しかし点心なら軽くいいかなと思っていたら、関帝廟通りを右へ折れてまもない横浜居留地商館跡らしい横濱バザールの1階左寄りに金の餃子と案内された餃子店がちょうど在った。そんなわけで6個360円のプライスにも引かれてそれだけ食すことにした。ノーマルとピリ辛の2種類があって、半々にも出来るとのことでそれにして貰った。

御代家なる店舗らしいそうだが、醤油やタレをつけないでどうぞとなって行かせて貰えば、なるほどかなりの美味しさ。建物の中にテーブルと椅子があるそうで、そちらに持って行ってから口にした。これが肉汁溢れるジューシーな仕様で、鹿児島産黒豚に青森産ニンニク、北海道産玉ねぎに高知産生姜に沖縄の塩を利用した国産にこだわった餃子なのだそう。

広東省で開催された数年前のコンテストで優勝した実績もあるらしい。金額から考えても点心の街である横浜中華街の隠れた人気店と言えそうなこちらの美味し餃子だった。

 金の餃子 御代家   住所:神奈川県横浜市中区山下町166 横濱バザール101−A TEL045-663-7955 定休日:水曜日(祝祭日は営業)  営業時間:11:00〜19:00


  2012.02.21 横濱バザール左寄りで営業している金の餃子 御代家。   2012.02.21 こちらは御代家特製、金の餃子。