焼肉 東海苑 神奈川・反町





青空から以前より強い陽射しが燦々と注ぐものの、草花を揺らす北寄りの風が街を凍えさせていた3月下旬の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、そんな風も収まっていて、比較的寒くも無かったまた穏やかな午後8時過ぎだった。

時に社内の方からお聞きした横浜駅周辺のお店は、既に殆どと言ってよいほど訪れている。今回の焼肉店以外は、だった。

周辺の人気焼肉店のこちらで提供している韓国伝統のコムタンスープは、お願いすれば麺を入れてくれるそうで、そのコムタンスープが絶品の味わいなのだそう。

そう聞けば、それはもちろん気にならないわけがないが、そのお店がラーメン店ならぬ焼肉店だけに、一人焼肉で訪れるべきか等と思っていながらもまだ訪れていなかった。

そんなだけにいつも頭の片隅に、東海苑の三文字が付かず離れずの場所にあった。やはり行ってみようとなって、会社帰り立ち寄ることにした今夜だった。

そんなわけで東急線電車に一駅乗って反町駅で下車。改札までやたら長い駅で、エレベーターを待つ乗客がやたら多かったのも改札口までの距離を思えば納得できる。

駅からそう遠くない国道1号の向こう側の場所に在るこちらへ到着。店頭からして完全無欠の焼肉店で、入店すると焼肉を焼く音に迎えられた。

たまに一人焼肉に興じる人が多いのか、スムーズに奥のテーブル席へ促された。腰を下ろしてからコムタンスープを麺大盛でお願いした。

それだけオーダーして帰るのは状況的に厳しいし、呑みたいしとなって生ビールもオーダー。この際だからと豚足の煮込みもお願いすることにした。

程なくジョッキに入った、ほどよい泡が表面に浮いた生ビールが到着。ゴクッと喉を潤して思わず一息がもれた。周りは酒盛りのオンパレードだけに、呑まずにはいられなかったのも事実だ。

などとビールを口にしていると、白濁したコムタンスープがやって来た。なるほどゴロッとしたデカい牛肉が顔を出して、これは実に美味しそうだ。韓国料理店らしく、スプーンが付いて来た。

それではと行かせて貰えば、これがタマらない旨さで、手に持つ箸の速度が次第に加速して行った。

牛のテール(尻尾)を長時間炊くと白濁するのだそうで、牛の内蔵もさりげなく入っていて、これがなかなかの美味しさ。様々な野菜が入っており、それがまた実に豊富に入るものだった。

麺は澱粉の麺だそうで冷麺の麺でも利用するものらしいが、暖かいスープに入っているので、その分なのか程よいコシの柔らかい中太麺でそれも良かった。

最近は牛を利用したラーメンが流行っているようだが、コムタンスープの手法もあれば、さらに素晴らしいスープとなるのだろう。

豚足の煮込みも麻婆豆腐風になっていて、ビールの肴にあっていた。トロトロ具合の風情も良く、コラーゲンたっぷりだけに肌に良さそうで、これまたとてもかなり美味しいものだった。

気がつけば完食。精算時にコムタンスープは、辛い調味料を入れるとさらに美味しくなると教えて貰った。いや、それにしても大変とんでもなく、かなりうまいコムタンスープ麺大盛だった。

(左フォト) コムタンスープ麺大盛/豚足の煮込み/店頭外観 (2012.03.21)


 焼肉 東海苑 (トウカイエン)

 住所:神奈川県横浜市神奈川区松本町1-2-4  TEL045-324-1710

 定休日:無休  営業時間:11:00〜翌2:00

 アクセス:東急東横線反町駅下車。改札を出て前方の国道1号の向こう側の歩道へ歩道橋を利用
       して行き渡ったら横浜方面へ少し進んでまもない右路地を入ってまもない右側にあり。

  

  2012.03.21 ジョッキに入った生ビールの泡具合も絶妙。   2012.03.21 あらゆる部位が用意されている朝鮮料理店。



喜劇らーめん食べ歩きTOP