天龍 本館 神奈川・川崎





日暮れ時が遅くなってやや気温も上がって来て、遥かな表層は春色のブルーの空から陽射しが注いでいた、そんな2月下旬の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、変わらない天候の午後8時過ぎだった。

かわさき餃子舗の会が製作した加盟店を紹介する餃子マップを過日訪れた中華店で手に入れて気になっていたこちらで、川崎で愛され続けて創業50年におよぶ中華料理店らしい。

本館の他に川崎駅そばに3つの店舗を有しているこちらで、戦後まもない頃から川崎駅近くでラーメン店を営業していたそう。ちなみに関内駅周辺にも支店が一つあるようだ。

その創業店舗の位置は少し前までテイクアウト専門店だった場所らしく、現在は倉庫として利用しているようだった。

公式サイトを開くと天下一まずいと表記しているが、まずいを逆さにして美味しいと言う意味合いにしているもの。そんな洒落に昭和らしさの親近感を感じて、さらなる訪問意欲が湧いたものだった。

そんなわけで今夜もまた、夜の帳が下りた川崎へやって来た。初めて歩く市役所通りを進んで行き、市役所第3庁舎を越えてしばらく更に歩いてから右路地を入るとこちらの看板が目に入った。

6階建てのビルになっているこちらで、さっそく入店すると2階から上は予約客向けのフロアーなのか、そのまますぐ奥の小じんまりとしたフロアーに促された。

そう遠くない場所に本店が在るならばとこちらへやって来たが、宴会や会食がメインである本館のようだった。ともあれ初心貫徹で促されるままに奥へ進んで行った。

それでも非予約客向けのフロアーでも、そう狭いと言うほどでもなかった。うまく空いていた指定されたテーブル席に腰掛け、メニューリストを広げる。

そこから独特なネギの雰囲気がそそられたネギラーメンを選び出して、やはり餃子を外すわけには行かないだろうと7個入りらしい天龍餃子も一緒にお願いした。

周りの卓では少人数の宴会が繰り広げられており、様々な人間模様を垣間見たこちらの店内だった。程なく到着。

ネギラーメンが先に来てそれではと行かせて貰えば、風情のいい柔らか目で弾力の良い中細ちぢれ麺がなかなかの面持ちのもの。

醤油スープはあっさりとした清湯系で、それは優しい伸びのある味わいが良かった。辛味料で和えられた長ネギのネギから来る辛みも素敵だった。

またそのネギの下に隠れていた煮豚チャーシューが、チャーシュー麺と言って差し支えない程にたくさん入っていてそれがまたかなり美味しかった。

そうしてネギソバを口にしていると、天龍餃子がやって来た。中ぶりの中でもやや小さめなものの、これで290円ならお得と思わせる大きさと個数。

醤油・ラー油・お酢を小皿に垂らして餃子に手を付ければ、皮の中にジューシーなスープも少量入っていて野菜もたっぷりでとっても美味しいものだった。

気がつけば完食。いや、なかなか実にとても素敵で美味しい、そんなネギソバと天龍餃子だった。


(左フォト) ネギソバ/天龍餃子(7個)/店頭外観 (2012.02.22)


 中華料理 天龍 本館

 住所:神奈川県川崎市川崎区東田町6-17  TEL044-246-1555  定休日:無休

 営業時間:平日・土曜11:00〜23:00/日曜・祭日11:00〜22:00 ※公式サイトはこちら

 アクセス:JR京浜東北線川崎駅東口下車。アゼリア川崎地下街に降り出口38から外へ出てその
       まま直進。市役所前東交差点を右折して少し歩いた右側にあり。徒歩およそ5分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP