らぁめん 大山 神奈川・川崎





夜半から雨が降って南風も吹き出し朝から荒れ気味で始まった、南風がもたらした暖かさで湿度だけでなく気温も高めの11月後半の週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、その天候がそのまま続いていた、時折り横殴りの雨が上着を湿らした午後8時過ぎだった。

今夜は某店と思って外へ出ると、そんな天候に予定していたお店をあきらめ、駅から外に出ない中で何処かとなった。それならば川崎BEの未訪問店と思い、水色のラインが何処か今夜の雨に似合う、濡れた銀色の車体がまぶしく煌めいていた京浜東北線電車に乗って川崎へやって来た。

先日と同じように階段を下りずに右手の入口から川崎BEへ入り、エスカレーターをつたってB1のラーメンシンフォニーのフロアーへ到着。

するとくにがみ屋の新ブランドである「じゅ太郎」だった場所が何とつい先日の8日から「黒潮豚骨スープ海力屋」と、また新たなラーメンを提供するお店となっていておそるべしだった。

一旦は今日はそこにしようとも思ったが、一応他店の状況も確認しようと歩いたのが運の月。前回の時にも見ていた、こちらの二郎系ラーメンのビジュアルインフォメーションに釘付けされる事となった。

最初は駿河油そばの極太にうねった麺に「おお?」と思わせ、野菜が乗る大麺(たいめん)に二郎系である事を知らされた。

そしてエビースター大麺豚ダブルの豚盛りに喉が鳴る所となって、その後で紅富士大麺豚ダブルの赤く染まったビジュアルフォトに心を揺さぶられ今夜の一杯はこれしかないと思う事となった。

さっそく券売機でそのラーメンのボタンを探すとこれが無く、オタオタしているとそれに気づいた厨房の方が駆け付けてくれて、その方へ紅富士大麺豚ダブルのボタンが無い旨をお話しした。

するとその場合はえび塩デラックスのボタンを選んで希望メニューを伝えれば良いそうで、見るとその事が券売機左上の外れた場所に表記されていてそうだったのか、だった。

そんなわけでその通りにしてチケットを購入。川崎も外は横殴りの大雨らしくその所為か殆どの店は比較的空いていた。中程のカウンター席へ腰を降ろし、程なくして紅富士大麺豚ダブルが到着した。

そう言えばこちらの本店は静岡県富士市で、まさしく紅(くれない)の夕焼けに佇む富士山を見るような紅富士大麺豚ダブルと言えた。

それではと行かせて貰えば、二郎らしさ全開フルスロットルの感覚がタマらない美味しさ。アブラ多めでうねった極太麺の海に溺れそうな程にハマった素晴らしさだった。気がつけば完食。

先日ここへ来た時に開店準備中だった中華そばいちやが営業を始めており、メニューを覗けば立川店と明らかに違う提供内容だった。そちらも気になるところ。

いや、今回もなかなかの旨さを堪能出来たそんな紅富士大麺豚ダブルだった。

(左フォト) 紅富士大麺豚ダブル/店頭のビジュアルインフォ (2011.11.19)


日増しに大木下の落ち葉の数が増えているもののそれ程の冷え込みでも無く、朝方は爽やかな陽射しが街を照らしていた10月半ばの金曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、予報通りの雨が滴り落ちていた午後8時過ぎだった。そんな天候ならば東海道線電車に乗って、川崎の駅ビルの中にあるラーメンシンフォニーへ行くのがちょうど良さそうとなった。




普段は横須賀線電車を利用して定期乗車券で通勤しているが、横須賀線・東海道線のどちらを利用してもいいJR規定がある為、東海道線の川崎駅で途中下車が可能となるのだ。

そんなわけで東口駅ビル川崎BEの地下1階にあるラーメンコンプレックスであるラーメンシンフォニーのフロアーへやって来た。

ふと見ると先月末に「めじろ」が卒業したようで、その場所には既に「いちや」の看板が掛けられていて、18日からオープンする事が案内されていた。

また「本丸亭」と「くにがみ屋」が既に卒業していて、そこに「麺家 徳」と「じゅ太郎」と言うラーメン店がそれぞれ営業して結構人が入っていた。以前と変わらずに営業していたのは、こちらとなんつッ亭だけのラーメンシンフォニーだった。

どちらにするか悩む事になったが楽しみは後にとって置きたいし、以前神田にあった時に訪れてあの食欲をそそる独特な海老の香りが店名を見てフラッシュバックしてしまい、気がつけば券売機でえびとん味玉のチケットを買っていた。

入店すると大変に盛況な店内ながら数少ない空いているカウンター席があり、そこに促されてチケットを手渡しながら腰掛けると、ニンニクの確認がありそれならばと少なめでお願いした。

座っていると麺が「らうどん」なる太麺と細麺が選べる案内があった。太麺好きな私だけに、そのうちまた来店して「らうどん」も試してみたい所だ。程なく到着。

ふわりと海老が香るラーメンがやって来た。やはり食欲を誘っていた。それではと行かせて貰えば豚骨の風情も良く、細麺であろう麺もまたなかなかの持ち味を示していた。チャーシューがとんでもなく大きめでこれまた実に素敵な味わいで味玉もいい感じと言えた。

今回サブメニューに手が出なかったが、隣りの方が替え玉を追加オーダーして店内精算しているのを見て、それで行くかとなって麺が無くなる頃替え玉をお願いして楽しんだ。気がつけば完食。いや、とっても良かった、そんなえびとん味玉だった。

(左フォト) えびとん味玉/店頭外観 (2011.10.14)


 らぁめん 大山 アトレ川崎店       ※公式サイトはこちら

 住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1アトレ川崎本館B1F

 TEL044-230-1139 定休日:無休 営業時間:11:00〜22:30 ※スープ麺が無くなり次第終了

 アクセス:JR京浜東北線川崎駅東口下車。川崎ステーションビル・川崎BE内の右手寄りエスカレ
       ーターを降りて行った地下1階そばにあり。

  

  2011.10.14 替玉は店内で150円支払えばやって来る。   2011.10.14 改札を出たら右手の東口に向かい駅ビルの地下へ。



喜劇らーめん食べ歩きTOP