麺や 太華 神奈川・戸塚





昨日の雨も明けて陽射しが爽やかに注いでいた11月上旬の月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、デジャビュ現象を見ているような霧雨が天空から滴る午後8時過ぎだった。

横浜が勤務先ならば3駅大船方面に向かえばこちらの最寄り駅である戸塚で、夜営業も午後9時までなら仕事帰りに行けるとして、状況的に今夜がベストだったので訪問する事にした。

そんなわけで、自宅と逆方向の横須賀線電車に乗車。当然いつもと違って混雑した車内だった。戸塚で下車して西口出口に直結しているトスカーナならぬトツカーナへ。エスカレーターを上がって行けば、その5階にあるのがこちらだ。

一つ下の階に着くとこちらの方が何かを配布していて思わず受け取ると、インフォメーションカードに年末まで有効となっていた海苔のサービス券がホチキスで止められてあった。

入店するとカウンター席がほぼ埋まる盛況な店内。うまく一席が空いていたのでそこに腰掛けてから中華そば大に味玉もお願いしつつ、貰ったばかりの海苔サービス券を手渡すと年末まで使えますのでとそれを返してくれた。

仕事帰りの夕食ニーズに対応したそんなサービスなのか、それは定かではないが確実に常連客を増やして行きそうな海苔サービス券だった。そしてまもなくその海苔が日本茶を入れるような円筒状の容器に入ってやって来た。

茶筒を開けるようにして蓋の中を見ると中に海苔が数枚入って一枚一枚ドンブリの上に置きながら愉しめるようになっていた。程なく到着。味玉は別皿に乗せられていた。

今回はネギ増しにしなかったので、茶色い大粒の背脂が中華そば表面のスープに幾重にも浮いているのがよく見えた。それではと行かせて貰えば、それはもう切なくなる程に美味しい味わい。

以前のレポートには記述しなかったが、こちらの麺の面持ちは、その昔横浜中華街周辺で屋台を引いて中華そばを提供した松楽@秋葉原の初代時代の麺を彷彿とするもの。

広島県竹原市の太華園で修業した店主が提供するだけにそちらに沿った中華そばであろうが、そんな中華そばが横浜に程近い戸塚の駅前の地で似た感覚に出会えるのも、巡り巡って不思議な感動を与えてくれるのだろうか。

2種のメンマを利用していること自体実に素敵だし、チャーシューメンをオーダーしたかと思う程に沢山入るチャーシューもとても美味しいものだった。ふと見るとこどものビールなるソフトドリンクがあった。単なるノンアルコールビールだろうか?

横浜から始まったラーメンは、様々な変遷を経て多くの違う仕様が生まれて来たが、例えば尾道ラーメン一つをとってもその枠に当てはめながらラーメンを分けて呼ぶのも実に日本らしい。気がつけば完食。いや、とんでもなく、かなりとっても良かった。

(左フォト) 中華そば大味玉・サービスのり増し/店内インフォ (2011.11.07)







梅雨が近い事を知らせるかのように青紫色の紫陽花が咲き誇りだして、夏を迎え始めた見上げる空は不安定な曇り空をあらわに表出させているものの、青葉が心なしか艶を感じる時季になって来た六月もまもなく半ばで休日火曜日午前の遅い時間だった。

そんな今日はJR戸塚駅西口前に今年の4月2日に華々しくオープンしたショッピングタウン「トツカーナモール」に、かなりいい中華そばを提供するラーメン店が出来たらしく、気になる所となって出掛ける事にした本日であった。

久々に東京駅から湘南カラーの東海道線電車に乗り込んで出発。戸塚駅には正午になる少し前に到着した。乗換えでホームに立った事は何度もあるものの初めて改札から出る戸塚駅だった。

トツカーナモールは駅の西口に直結した専門店街で、戸塚東急プラザと建物を共用する商業施設らしく、人の流れに身を任せて歩いて行けばそこが既にトツカーナの3階であった。

トツカーナとはその名前がまたユニークだが、一般公募から決まった名前だそうで、まるでイタリアのフィレンツェがあるトスカーナと語呂が似ており面白い。

さてそんなトツカーナモール内へ入って行き、エスカレーターを見つけて5階まで上がれば、そこは天井の高い最上階で天面はテント幕が張られていて、テラスハウスのように明るく白を基調としたお洒落なフロアの中にこちらが在った。

既にフリークの間では訪問済みの方も多い話題の新店らしく行列も覚悟して来たが、そんな列も無くさっそく店内へ入って行くとそこは盛況な所で、一席だけ空いていたそこへ腰を下ろした。

お姉さんがおもむろにコップを持って来てくれたので、あらかじめ決めていた、中華そばをネギ増しでお願いした私であった。

尾道にも比較的近い瀬戸内海の港町がある広島県竹原市に位置する、名店「太華園」で修行された店主がオープンさせたらしい。

そのお店は朱華園系のラーメン店だそうで、朱華園自体は近年大流行した尾道ラーメンの礎になったと目されるお店で、ある意味尾道ラーメンの元祖とも言えるラーメン店とも言われているそう。

目の前には蘊蓄を判り易くまとめていた透明の下敷きがあった。居酒屋グループ「チムニー」に関係のある店主のようでそんな名刺が置かれていて、姉妹店らしい横浜市内の居酒屋のインフォカードも一緒にあった店内であった。程なく到着。

おお、これがもう、青ねぎパラダイスなそんなラーメンで、いい香りがその良さをどこまでもその価値を高めさせていた。それではと行かせて貰えば、それはそれはなるほどな美味しさで、これは本当に来て良かったと唸る事が出来るものだった。

中華そばの良き時代の息吹を感じながらも、背脂ミンチもあって圧倒的な存在感があるものだ。丸みを帯びた平打ちストレート麺は、これぞ昔ながらでありつつも、現代的な風味を忍ばせている素晴らしさだった。

九州産地鶏の肉付きガラを通常の2倍近い量を利用してしっかり炊き上げたものだそうで、そのコクの強さはとにかく圧倒される程だった。醤油は香川産の特級本醸造である事を教えてくれた。

青ネギは広島の倉橋島産だそうで、地元でもNo.1と定評の高いものらしく、これがまたそれはそれはとっても良かった。

実際この朱華園系を口にして見るとイリコ出汁感は無く、尾道ラーメンとはまた違った風情を感じるものだった。気がつけば完食。いやこれは美味しな広島に端を発する中華そばだった。

(左フォト) 中華そばネギ増し/店頭外観/モール入口 (2010.06.08) ※当日次店はこちら


 麺や 太華 (たいか)

 住所:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-1トツカーナモール5F

 TEL045-871-0915  定休日:年中無休  営業時間:11:00〜21:00

 アクセス:JR東海道線横須賀線他戸塚駅西口下車。駅に直結しているトツカーナモールの5階
       にあり。(改札からモールへ進むと3階に入る事が出来る)



喜劇らーめん食べ歩きTOP