四川飯店横浜 神奈川・横浜西口





わずかな北風で枯葉がカラカラと音を立て転がり、羽毛のような雲がゆっくりと形を変えながら青空に浮遊していた十一月霜月下旬の日曜日。

本日は普段通勤で利用する横須賀線電車が品川駅線路切換え工事のため、総武線で秋葉原に出て山手線で大崎まで行き、そこから横須賀線電車に乗って横浜へ向かった。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかに涼しいそんな午後八時過ぎだった。

相鉄ジョイナス地下二階のグランダイニング内に、故・陳建民氏が創業させた赤坂四川飯店の暖簾分け店が営業しているとして実はずいぶん前から気になっていた。

敷居の高い高級中華飯店という感じでもなかったので、そのうちに行こうと思っているうちになおざりになっていた。

公式サイトの存在に気付いてそこを開くと、1973年の昭和48年に創業した由緒正しい暖簾分け店であることが確認出来た。

ちなみにみなとみらいのランドマークプラザには、本家赤坂四川飯店の直営店が営業しているようだ。そんな陳健一氏の中華店が、別ブランドでも国内で多く営業しているらしい。

今までも数度そんな赤坂四川飯店で修業された店主が営業する中華店を訪れたものだ。

その最たる店は、やはり龍の子@原宿と言えるだろう。地元では鵬龍@松戸稔台梨花@市川大野が挙げられる。

そんなわけで今夜こそ入って見るかと、その店頭へやって来た。先日訪れた中華店の直ぐ隣りなだけに、以前から何度か横切っていたりした。

シヨーウィンドウには料理サンプルが配置されて、そんな中に今夜も「美味しんぼ」第85巻が担々麺のサンプルの下に置かれていた。四川飯店の担々麺がその第一話で紹介されているらしい。

以前はビッグコミックスピリッツを定期購読して、美味しんぼも楽しみに見ていたものだが今は買うのを止めている。今でも「美味しんぼ」は連載中らしく、それを知ってちょっと驚いた。

また店先には「本場香港厨士が作る飲茶食べ放題2時間3500円」とか、1000円代中盤セットメニューに500円で単品メニューが一品追加できるお得な内容が紹介されていた。

さっそく入店すると、そこは四川飯店らしい堂々としたフロアが広がっていた。先客も比較的多く、なかなか盛況な店内だった。

促されたテーブルに着席すると、メニューリストが無かった。そこで傍の空きテーブルから、置いてあったメニューリストを手繰り寄せて手にした。

本来なら担々麺というところだがその気分ではなかったので、椎茸肉そばなるメニューにその気分となってそれをオーダー。盛況さが増して行く店内。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、さすがと言える実に美味しい椎茸肉そば。干しシイタケを利用したものらしく軽くとろみを効かせたもので、中華の奥義がしっかりと感じられて素晴らしかった。

極細麺の風情も、かなり良かった。気がつけば完食。いや、かなりとってもなかなか果てなく良かった。

(左フォト) 椎茸肉そば/店頭外観/店頭の「美味しんぼ」単行本 (2013.11.24)


 四川飯店横浜

 住所:神奈川県横浜市西区南幸1-5-1相鉄ジョイナスB2Fグランダイニング内

 TEL045-321-6605  定休日:無休  営業時間:11:00〜23:00(22:00LO)  ※公式サイトはこちら

 アクセス:JR横浜駅西口下車。左手寄りの相鉄ジョイナスに入り、地下2階のグランダイニング
       内にあり。



こちらでも手作りおみやげを提供しているらしい。

さまざまなお得情報が、店頭で紹介されていた。

こだわりのメニューも、色々もあるようだ。