支那そばや 本店 神奈川・戸塚

ラーメンの鬼と言えば誰もが佐野実と帰って来る程に、頻繁にテレビに出演されていて今やその名を轟かす有名人の佐野実氏だが、そのラーメンの鬼が経営するラーメン店がこちらだ。直営はこの本店と新横浜ラーメン博物館の支店のみで、後者の出店がその人気を不動のものにした。その他の「支那そばや」は別経営だが、どこも人気が高く変わらない美味しさを誇っているよう。



「支那そばや」の本拠地と言えばラー博内だったが、一昨年の11月から戸塚駅近くにあらためて始動した本店がオープンしていて、機会があれば行きたいと思っていた。

今回、戸塚駅前の新しいモール内にオープンしたラーメン店へ訪問して、スタバでしばしまったりとしてからそんなこちらにも行って見ようと入店する事にした。

トツカーナモールを奥へ進んで行くとバスターミナルに出るが、そこの階段を降りずにさらに右手奥へ進んで行くと歩道橋があって、そこを進んで降りて行けばこちらの建物が直ぐに見つかった。店頭右手には「らぁ麺とは… 麺は男、スープは女 佐野実」と書かれた赤いボードがあった。

さて中へ入って行くと直ぐ右手に券売機があり、少し前にこってりしたラーメンを食したばかりだけに押すボタンを躊躇していたが、見るとまるで助け船のようなメニューの冷やし中華のボタンを見つけ、思わずこれだとそのボタンを選んだ私だった。

数人の先客がおられた店内だが実に静かで、何気なく見上げると佐野実氏のフォトがあり、この店内でも睨みを利かしていてそれは恐るべしだった。

やけに静かだと思い通つつも、案内係の女性の方に世間話しを投げると言葉が返って来て、今日はこちらに佐野実氏ご本人がいらしているそうで、なんと今は二階におられるそう。そう言えば五年前に「オレが唸ったラーメン」と言うムック本を購入した一人だが、そんな1ページ1ページがふと浮かんだ店内だった。

高校を卒業した後に不二家のレストランに就職したのをきっかけに20年近く洋食のコックをされていて、湯河原にあるラーメン店でラーメン修行をした後に独立して現在に至っているらしい。

この本店がオープンしたその四年前には鵠沼の方に本店があったそうで、当時の本店は香水禁止やケータイの利用を拒絶するしきたりがあったそうだが、ここはそうしたインフォは無かった。程なく到着。

支那そばやの本店に来て冷やし中華とは、ある意味贅沢な選択と言えそうだが、そのオーラはそれでも、これでもかと感じられた。やはり麺ありきな冷やし中華であり、何とも言い難い良さに終始していた。

タレが小玉のかき氷状なっていて、その具材がまた大変美味しかった。やはり気がつけば完食であった。いや、美味し冷やし中華だった。

(左フォト) 冷やし中華/店舗外観 (2010.06.08) ※当日前店はこちら


 支那そばや 本店     ※店主のブログはこちら

 住所:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4081-1

 TEL045-827-3739  定休日:不定休  営業時間:11:00〜20:30

 アクセス:JR東海道線横須賀線他戸塚駅西口下車。駅に直結しているトツカーナモールに入って
       突っ切って外に出て行き、右奥にある歩道橋を歩いて行った場所にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP