清風楼 神奈川・横浜中華街





曇りがちで満足に青空が臨めないものの柔らかな秋の終わり間近の陽射しがその余韻を造作するように注いでいた、夕暮れ時から気温が軒並み下がる予報がまた季節を加速させていたそんな十一月霜月も中旬の休日月曜日だった。

中華街の情報を探している内にヤキメシとシウマイが絶大な人気を誇るこちらであることを知り、たちどころに気になるところとなってさっそく訪れることにした。1945年というから昭和20年創業のこちらもまた老舗有名中華飯店となるようだ。

そんなわけで本日もまた、元町・中華街駅で下車して横浜中華街へやって来た。関帝廟通りに出てしばらく行けば、なんとも風情のあるこちらの建物が右手に佇んでいた。実は以前からその放たれるオーラもあって、ずいぶんと気になっていた一店であった。

シウマイは入口のところで気軽に購入出来るようで、そんな案内が建物左側のショーウインドの中に商品を入れる箱を置いて記されていた。入れる箱が幾つか包装されて並んでいた。

見ると入口のドアが開け放たれていて、特に暖簾が掛かるわけでも営業中の札があるわけでもなく、営業しているのだろうかと中を覗くように入店。すると先客が既に二人の店内で、お店の方にどうぞと促されて、指示されたテーブル席へ腰掛けた。店内がなんとも、こちらも気品あるフロアだった。

こちらのチャーハンが一人前でもかなりの量であるらしく、それにラーメンとシウマイも一緒に注文する予定だけに、とりあえず連食二店をしないつもりで入店した。とは言えそれでもいつもの量より多い可能性があればと一人で問題ない量かお聞きすると、男性ならそんなオーダーをする方がたまに居ることを教えて頂いた。

それならば大丈夫だろうと、一抹の不安を覚えながらもラーメンにヤキメシとシウマイもお願いした。メニューリストを何気なく見ていると、消費税が上がったら表示価格がかなり変わることを教えてくれた。おそらく既に試算して、その違いに驚いているところだろうか。

なおチャーハンならぬヤキメシと呼ぶこちらで、上天丼や上ロースかつ定食があるように上ヤキメシがあり、さらには特ヤキメシまでラインナップされていた。具材がゴージャスになって行くようだ。程なく到着。

それではとヤキメシから行かせて貰えば、なるほどまさしく一陣の清風が心の中に吹き抜ける感動を覚えるほど絶賛したくなる素晴らしい味わいとその食感。それはふつふつと湧き上る、泉のように舌へその旨みを刻ませてくれた。

ラーメンがまた昭和20年創業を裏付ける、その良き時代をしっかりと感じさせる味わいとその麺とスープのコンビネーション。なんとメンマは赤くさせたもので、おそらく叉焼の食紅をこちらに浸させたものだろう。初めて見たそのビジュアルに、しばし見入ってしまった。

そしてさらにシウマイが、またなかなかの美味しさ。鬼平犯科帳等で知られる小説家であり映画評論家であり、美食家として広く知られた池波正太郎氏も絶賛したと言う。さりげなくも実に素敵で堅実に美味しいシウマイと言えた。

なお、ヤキメシにスープが付いて来たが、平日だけのサービスだそう。しかも平日なら開店から午後二時までは、サービスタイムと称してヤキメシ等が通常より安く提供しておりお得だった。気がつけば完食。

その多さはなるほどと言うしかなかった。精算時に創業年をさりげなく確認すると、やはり昭和20年で大きな改装をすることもなく創業以来変わらない建物で営業するこちらだそう。

そこから感じる何とも重みのある店内の気品は、積み重ねられた時代が創り上げたものであることをそんな精算時に知るところとなった。いや、ラーメンも果てなくとんでもなくかなり素敵で良かった。

(左フォト) ラーメン/シウマイ/ヤキメシ(炒飯) (2013.11.11)


 中華料理・名物シウマイ 清風楼 (セイフウロウ)

 住所:神奈川県横浜市中区山下町190  TEL045-681-2901  定休日:木曜 ※祝日時は翌日

 営業時間:11:45〜14:30/17:00〜20:30(20:00LO)◆土日祝12:00〜20:30(20:00LO)

 アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅下車。2出口より外へ出て傍の中華街東門交差点から
       中華街に入り、前方三叉路の左手の車道を進み120mほど先の右路地を曲がる。その
       関帝廟通りを140m程歩いた右側にあり。徒歩およそ6分。



昭和20年創業以来大きな改装もなく変わらぬこちらだ。

横浜中華街の焼売のお土産で喜ばれている。

何処からともなく感じる重厚感は時代の重みだろう。