横浜元祖 札幌や 神奈川・横浜西口



秋の虫の音をほとんど聴くことなくこの時季を迎えたような、雨雲から時折り落ちるわずかな小雨が秋の終わりを加速させていた、深呼吸すれば濡れた枯葉が薫る十一月霜月上旬の振替休日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、一日ぐずついていたことを物語るようにアスファルトがしめっていたそんな午後八時過ぎだった。

先日こちらの直ぐ向かいで営業する中華店を訪れて、その際やはりこちらにも良かったこともあってまた訪れたくなった。

昨年四月千葉市内勤務の折りに、札幌や直営の千葉店へ足を運んだことがあった。また今年の六月には千葉県内木下街道沿いの中華店で、偶然にもその店主が札幌や創成期におられた方と知って驚いたこともあった。

というわけで何ともな縁を感じて、相鉄ジョイナス地下1階のその店頭へやって来た。良い店は暖簾にも味があるものだと実感しながらそんな店内へ。

中はそこそこに盛況なフロアだった。奥のカウンター席が空いていたので、そちらまで行ってから腰を下ろす。今回は提供メニューがそう多彩でないこともあって、あらかじめオーダーを決めて暖簾をくぐった。

しかしながら正油チャーシューのつもりだったが、その気分になれずまた良かった味噌で行きたくなり、それならトッピングを変えるかとなって今回はもやし増しで注文することにした。

半熟味玉子限定30個と案内された張り紙がお品書きの下にあったが、すでに規定数量に達したようで売り切れとなっていた。後続客が続いて俄かに活気づく店内。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、やっぱりかなり素敵な風情のある豚骨の味わい深い美味しさ。もやしは、しんなりとした出来合いのものだったが、それがまた魔法でもかけたかのように素敵だった。

チャーシューも、札幌やのチャーシューはこうでなくちゃというもので絶大に良かった。気がつけば完食。いや、札幌やらしくかなりとても実になかなか美味しかった。

 (左フォト) 味噌ラーメン+もやしトッピング/店頭入口 (2013.11.04)


 横浜元祖 札幌や

 住所:神奈川県横浜市西区南幸1-5-1相鉄ジョイナス地下1階ファンシーレストランアベニュー内

 TEL045-321-6932  定休日:無休  営業時間:10:00〜23:00

 アクセス:JR横浜駅西口下車。左手寄りの相鉄ジョイナスに入り、地下1階のファンシーレストラン
       アベニュー内にあり。






昨日からの収まらない雨が横須賀線と併走する東海道新幹線のレールを濡らして、時折りすれ違うN700型車両から飛沫が飛び散っていた10月下旬の雨そぼ降る朝方。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、午前中とそう変わらない小雨が落ちるグズついた天候の午後8時過ぎだった。

相鉄ジョイナス地下1階レストラン街にこちらがある事を地下街のインフォメーションブックで先日知って今回会社帰り立ち寄る事にした。札幌やと言えばたまに都内で店頭を見掛けるが、入店するのは6年前の日本橋店以来。

そんなわけで横浜のまだ慣れない地下街に迷いながらも、その店頭へやって来た。かなり古くからその店名を聞いた事がある、殆どがフランチャイズ店と聞くラーメン店だ。

さっそく中へ入ると中央に厨房があって、それを囲むように背の低いスタイルのカウンター席が配列されていたこちらだった。入口に後精算用のレジがあり、その前に立つと厨房の方が奥の席の方に私を促して、そちらに回り込んでから空いていた席の一つに腰を降ろした。

直ぐにオーダーを聞かれたので一瞬躊躇したが、そこは札幌やに来ていただけに悩む必要も無く、即味噌ラーメンと返して、ワンテンポ置いてからチャーシュー増し大盛と言ってオーダーを済ませた。店内をよく見るとかなりの歴史がありそうな風情に気がついた。

なんとも言えない感覚がたまらない雰囲気を醸す感じだ。さりげなく目の前におられた方に開業してどのくらいかお聞きすると、相鉄ジョイナスがオープンした当時から営業しているそうでおよそ40年近く営業しているこちらだそう。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、日本橋店同様に白味噌ベースの味わい深い、そんな昭和東京系仕様と言える札幌味噌らーめん。それはまるで矛盾する表現となるがタイムカプセルから開けた、出来立ての味噌ラーメンと言った懐かしさが去来する美味しさ。

小ぶりながらチャーシューもなかなかのレベルのタイプでメンマがまた良く、中太麺がかなり素敵な良さを示していた。ごくまれに大盛にしなければ良かったと悔やんだお店が以前あったが、こちらは果てしなく素晴らしいとさえ思えるもので大変良かった。気がつけば完食。

そう言えば首都圏に多くある「札幌や」について、今まであまり気にしないでレポートしていたが、今回いい機会だったので帰宅後にネットで調べて見た。すると南京軒食品さんが昭和44年から始めたフランチャイズチェーンで、五反田店や大崎店は直営店のようだった。

公式サイトで店舗検索すると、麺家大勝軒はそうだったのかとなった。こちらを訪れた時にこちらはここだけのお店と厨房の方に教えて貰ったが、それがFC契約をやめて営業しているのか経営はここだけと言う意味だったのかそれは定かではない。

またこちらの建物について調べると、昭和48年に出来た相鉄ジョイナスの駅ビルらしい。いや、無性に食べたくなりそうなどこか魂を揺さぶるものを感じた美味しい味噌ラーメンだった。

(左フォト) 味噌ラーメン大盛+チャーシュートッピング/お品書き (2011.10.22)