なんつッ亭 神奈川・川崎



-------------------------------------------------------------



立春の後の雪が朝から街角に降り注いでいた、うるう年2月最終日29日の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、そんな雪は止んだものの凍える寒さの午後8時過ぎだった。

今夜も帰りがけにラーメンと言うことで、一度某駅で下車するも歩道が残雪の所為で凍っているため思わず引き返した。それならば駅ビルの中なら滑ることもないだろうとなって、こちらが浮かんで向かうことにした。

そんなわけでまた京浜東北線電車で、夜の川崎へやって来た。到着すると直ぐ隣りのお店が残念にも閉店していた。特にリニューアル工事をする風でも無く心配なところだ。

ともあれこちらへ入店して、券売機の前に立ち店頭に到着するまでに決めておいた、俺の空インスパイアーの位置付けらしい「ぼくの空」を選んだ。

奥へ進むと空いていたカウンター席の一つに促され、そこへチケットを手渡しながら腰を下ろし、冷水が入ったコップがあったので思わずそれで喉を潤した。

いつも盛況な店内で、今夜もそうだった。後続客が続いて、さらに活気を帯びて行った。以前テレビでこちらの店主が湯切りする姿を見たことがあったが、厨房の中にいる湯切り担当の方を見ていると生き写しのように見えた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、まさしくな豚骨醤油の味わい。ネーミングの勝利と言うしかなかった。豚肉をほぐしたチャーシューがよりそれらしく見えた。気がつけば完食。いや、なかなかとても良かった。

(左フォト) ぼくの空 (2012.02.29)


時ならぬ強風がガラス窓を叩いた音で起床して、ベランダのサンダルが隅まで転がっていた、暗い雲から小雨も若干落ちていたそんな10月半ばの週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、午前中には雨は落ち着いたのか穏やかな午後8時過ぎだった。

昨日ラーメンシンフォニーを訪れて、こちらが気になってしまったので、連日やって来て入店する事にした今夜となった。平成9年に創業したこちらで、品達にある支店に訪れた以来。現在では秦野本店の他に池袋と水戸だけでなく、シンガポールにも支店があるらしい。

そんなわけで店内へ入ると左手に券売機を見つけ、そこでらーめん味玉入りを選び、様々なサイドメニューにどれか選ぶかとなって半ぶたまんまのボタンを連打した。土曜日の夜だからなのか、昨日ほどではなかったが、それでもそこそこの先客が居る店内だった。

好きな席にどうぞと促されてチケットを手渡しながら腰掛けて間もなく、なんつッ亭14周年ポイントカードと表記されたカードを頂いた。5回らーめんを食べると700円のらーめんが一杯サービスだそうで、先着140名様に大将ぬいぐるみが貰えるそう。

一般的なトンコツらーめん店の場合替え玉を提供するケースが殆どだが、こちらはその替え玉が無いお店で、それゆえにご飯もののサイドメニューが多いところなのだろうか。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、そこはやはり途徹もない美味しさ。仕事帰りに楽しめるとは大変に有り難いし嬉しい所であった。

それにしても墨で描かれた、メニュー等の文字は実に独特な書体だ。お客様第一主義、かなりの高逆浸透膜水使用、骨の髄までしっかり12時間炊いたトンコツスープと言う事らしい。

やはり焦がしマー油が何ともたまらないもの。麺やチャーシューも感動ものだった。半ぶたまんまも白米がけっこう入って味付けされたチャーシューも美味しく、そこに白濁豚骨スープを入れて口にすれば、桃源郷かはたまた竜宮城かと言う素晴らしさと言えた。

西新宿の味噌屋八郎商店も「うまいぜベイビー」で、下北沢の熱血!!スタミナタンメン五郎ちゃんは「ハマるゼッ」と言う事らしく、そうしたなんつッ亭グループも好評営業中と言う事だそう。

気がつけば完食。「ぼくの空」と言うメニューが気になる所。いや、かなりとんでもなくかなり良かった。

(左フォト) らーめん玉子入り/半ぶたまんま (2011.10.15)


 なんつッ亭 川崎店       ※公式サイトはこちら

 住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町26-1アトレ川崎本館B1F

 TEL044-223-1603 定休日:無休 営業時間:11:00〜22:30

 アクセス:JR京浜東北線川崎駅東口下車。川崎ステーションビル・川崎BE内の右手寄りエスカレ
       ーターを降りて行った地下1階そばにあり。



  2011.10.15 独特な書体が目を引く店頭。   2011.10.15 独特な書体が目を引く店内。



喜劇らーめん食べ歩きTOP