麺や 菜かむら 神奈川・橋本





また昨夜の天候が回復して陽射しが燦々と街角に注いでいたものの、夏の事象を一つ一つ消し去って行くようにして朝方の気温が下がっていた、そんな立冬を迎えていた11月前半の休日火曜日だった。

相模原もそう遠い距離でなくなった今、そんな訪問の少ない地域のお店にも足を運んで見たいもの。以前から気になっていた店が何軒かあったのでそこへ出掛ける事にした。

そんな相模原市は神奈川県において、横浜市・川崎市に次いで第三位の人口規模を誇る都市。昨年4月1日からは政令指定都市へ移行して緑区・中央区・南区と区名が住所に配された。 そ、そうだったのか。(独り言)

東神奈川から横浜線電車を利用すれば、今までは新横浜で下車してラーメン博物館に足を運んでばかりだった。

しかし今日はそんな横浜線電車に揺られ、新横浜で下車する事なく橋本までやって来た。ちょうど乗車した電車は快速だったようで比較的早く到着した。

駅からそう遠くないこちらで、5分程度でその店頭に到着。早速入店すると周辺住民の愛される人気店と言った風情で、そんな先客の方々が4人程おられる店内であった。

左右にカウンターが夫々用意されていて、たまたま先客の方が全員右側に座っていた。そこに一緒に並ぶのも変だったので左側の一番奥の席に行って腰を降ろした。

中華の道で20年近く修業経験のある店主のようで、7年前の4月にこちらを開業させたらしい。

生姜が効いた醤油味で細麺の東京神保町らーめんと、醤油と塩味がある平打ち麺で魚ダシの相模橋本らーめん今味の二枚看板メニューとなっているこちら。

どちらにしようか最後まで悩んだが、ここ最近生姜が効いたラーメンが流行っているし、今味はここだけのオリジナルらしいので結局そんな判断から今味をオーダーする事にした。

そして契約農場から直送されて来る名古屋コーチンによる味玉を、とろみ餡に肉そぼろを混ぜ込んだ醤油とろみ餡で愉しむ趣向が良さそうだったのでそれも一緒にお願いした。

後続客として入って来たお客さんは、やはり周辺に在住していそうなお婆ちゃんで、常連さんらしくそんな受け答えのオーダーを女将さんにされていた。

先客が精算して帰って行くと、奥さんの挨拶の後に続いてその奥におられる店主の挨拶が聞こえた。

こちらの建物は築40年ほど経過していた木造家屋に手を入れたものらしく、店内に感じる空気がそんな雰囲気を醸し出していた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、鰹節のダシに甘みが軽く利いたあっさりした清湯しょうゆラーメン。丁寧な作り込みが感じられる、奥行きのあるスープがいい。

中太平打ちちぢれの麺がやや個性を出しながらも、全体のバランスの良さからそれが突出する事なくしみじみと美味しく感じる事が出来た。

チャーシューやメンマだけでなく、青菜にナルトまで心和む小道具となっていた。名古屋コーチンの味玉も、瀞み餡の美味しさが、また味玉自体の株を上げていた。

気がつけば完食。いや、なかなかとても良かった。


(左フォト) 相模橋本らーめん今味(醤油)/名古屋コーチン味玉/店頭外観 (2011.11.08)


 麺や 菜かむら

 住所:神奈川県相模原市緑区橋本2-8-12  TEL042-773-8855  定休日:月曜・第3日曜

 営業時間:平日11:30〜14:30/18:00〜22:00◆土日11:30〜15:30/18:00〜20:00

 アクセス:JR横浜線橋本駅南口下車。駅前の道路を右手へ進んで行き信号を越えた次の右路地
       を入って少し歩いた左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP