味噌好き!みそごろう
神奈川・武蔵小杉





雲がまた多くモヤついていたものの淡い陽射しが天候を回復させていたが、そんな期待をよそに明日は概ね雨模様と言う天気予報が出ていた朝方の11月上旬週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、そんな天気が前倒しされた感じの雨そぼ降る午後8時過ぎだった。

ラーメン本で初めて知ったこちらで、昼は「自家製麺 然」として魚介豚骨スープを提供。それは魚粉が盛られた所謂ところの六厘舎に端を発する系統の魚介豚骨らしい。

そして夜は店名を「味噌好き!みそごろう」と名前を変え、一転して一見して二郎風に見える背脂味噌スープを出すこちらだそう。

そのガッツリ系のビジュアルに絆され、最寄り駅からやや歩くようだったが、会社帰り立ち寄る事にした今夜であった。2009年1月19日にオープンしたこちらだそう。

そんなわけでいつも利用する横須賀線電車に乗車して、最寄り駅となる武蔵小杉駅に初めて降りて改札口を出た。

ちなみに横須賀線電車が停車する駅だが、実は東海道本線の支線で品鶴(ひんかく)線の駅であったりする。とは言えその路線名が表に出る事はまず無い。

武蔵小杉駅は当初JR南武線 と東急線の駅であり、横須賀線の駅は昨年3月に出来た。両線はプラットホーム同士がかなり離れているものの同じ駅名である。

横須賀線の改札口から歩いて行くと、南武線の改札口の所までおよそ7分程かかった。そこから北口に出て向かえば、そこからはそう遠くないこちらであった。

夜ブランドの店名と言うとダンボールの一部に手書きで書いて店頭に張り出して済ませるお店もあったが、大抵そうでなくともせいぜい暖簾を差し替える程度が多い別ブランド表記。

そんな中でこちらは丸提灯にしっかりした店名が入りつつ、通常店名に覆うシートにも店名を入れるしっかりした対応をしていた。そんな所にチェックを入れつつ入店。

直ぐ右手に券売機があったので、予定通り味噌つけ麺大盛(麺量400g)を選んで、味付けたまごも行くかとそのボタンを連打した。

ほぼ全席が埋まる店内だったが、ちょうど運よく入口前のカウンター席が空いていたので、そこに腰掛けながらチケットを中の方に手渡した。

見るとニンニクと背脂サービスのインフォに、それをお願いすると今では言わなくてもちゃんと対応しているのだそう。後続が続く店内。程なく到着。

これがやはりなかなかに、そそるものだった。徐に自家製麺らしい太ストレートの麺を汁に浸して行かせて貰えば、これが横須賀線のホームからここまでの道のりが一気に短くなった素晴らしさ。

味噌が独特ながら何処かで味わったような、そんなレトロな感覚があるようで何処か斬新な味わいが並行している感じが良かった。味玉も美味しく、脂多めの小さい肉塊が炙られていていい具材だった。

背脂が持つ甘味が、実に爽快でもあった。目の前に繰り広げられる混雑ぶりが全てを著していた。よく出来ていると思う。気がつけば麺が消えた。スープ割りも良かった。いや、なかなかこれは、実にとても気に入った。

(左フォト) 味噌つけ麺大盛+味付けたまご(汁・麺)/店頭外観 (2011.11.05)


 味噌好き!みそごろう  (自家製麺 然 夜ブランド)※下記データ(2012.02.07)情報更新

 らーめん麺量:並盛200g/大盛300g/特盛400〜600g
 つけめん麺量:並盛300g/大盛400g/特盛500g

 住所:神奈川県川崎市中原区小杉町1-526-6コスモ武蔵小杉104  TEL044-767-4006

 定休日:無休  営業時間:11:30〜15:00(自家製麺 然)/18:00〜22:00(味噌好き!みそごろう)

 アクセス:JR南武線武蔵小杉駅北口下車。ロータリー左奥の道を入って行き、長野歯科手前右
       路地を入って程ない左手にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP