広東料理 吉兆 神奈川・横浜中華街





薄く霞みながらも青い空が我が物顔で大空に広がり、目映いばかりの秋の終わりの陽射しが横須賀線電車の車窓からふり注いでいた、そんな十一月霜月中旬の休日木曜日だった。

こちらもここ最近中華街を何度も訪れている内に知った中華飯店で、活あさりそばが大人気の1977年の昭和52年に創業した広東料理店だそう。

そんなわけで気になるところとなって晴れ渡る青空のなか、本日もまた美食節横浜中華街フードフェスティバルが続く横浜中華街へ出掛けることにした。

と言うことで元町・中華街駅で下車して、大通りから路地を入りその店頭へやって来た。実は先日訪問しようと店頭に立てば、臨時休業でそのリベンジであったりする。

一番人気のあそりそばに、もち米焼売ともち米肉がそれぞれ二個がついたあそりそばセットがあり、もち米焼売もこちらの人気メニューらしくそれならばセットのそれにするかと入店。

正午を回ったばかりのいい時間もあってか、ほぼ満員の盛況な店内が待っていた。それでも数席が空いていて相席でどうぞと一言来てから、円卓のこちらへどうぞと促されてそこへ腰を下ろした。

メニューリストが手渡されたので一通り目を通してから、店頭で決めていたあそりそばにもち米点心類が付いたセットメニューをお願いした。

吉兆と言うと大阪に本店がある有名料亭吉兆が思い浮かぶが、良い前兆という意味合いで広く使われる言葉だけにそちらとは関係のないところだろう。

後続客がさらに入って来てもう満杯かと思いきや、二階席があるらしく上へと案内されて行った。見上げればシックな雰囲気の天井で、シャンデリアのような照明器具には室内の空気を撹拌するプロペラが設けられていた。

久々座る高級中華店で見られる円卓で、その中央の一段高くなったテーブルには、調味料と共に上海蟹の案内がビジュアル入りで見受けられた。

今が旬の上海蟹だそう。オスが脂は乗って美味しく2100円で、メスは卵があるので少し高くて2625円らしい。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、絶大に素晴らしい活あさりそばと言うしかないもの。愛知県産らしい大きなアサリが20個近く貝ごと入ったもので、その味わいたるやもうスタンディングオベーションもの。

生姜が強めに利くスープながら、あさりの旨みがまさっていて、やはり中華料理は奥が深いと実感した。口に進めて行く内に、レンゲの往復する速度が増して行った。

もち米焼売ともち米肉もなるほどな美味しさ。特にもち米焼売は精進料理のような面持ちが質感を高め、ふんわりとした食感のバランスの良さと言ったらなかった。気がつけば完食。

精算時レジの後ろの壁面に朝日新聞夕刊の切り抜きが貼られてあり、見ると料理愛好家でタレントでシャンソン歌手でもある料理番組を中心に活躍する平野レミさんのお名前が見えた。

それは「おんなのイケ麺」なるコラムにこちらの活あさりそばが紹介された記事で、思わず精算担当の目の前の方にお聞きすると平野レミさんはちょくちょくこちらにいらしているそう。

いや、これは絶大にとんでもなく果てなく、確実に何処までも良かった感動の活あさりそばであった。

(左フォト) 活あさりそば/もち米焼売・もち米肉団子/店舗周辺 (2013.11.14)


 広東料理 吉兆 (キッチョウ)

 住所:神奈川県横浜市中区山下町164番地  TEL045-651-9157  ※公式サイトはこちら

 定休日:月曜日 ※祝日の場合は翌日  営業時間:11:30〜21:00

 アクセス:みなとみらい線 元町・中華街駅下車。2出口より外へ出て傍の中華街東門交差点から
       中華街に入り、前方三叉路真ん中の中華街大通りを150m程進んだ中国貿易公司とある
       赤い建物の雑貨店がある十字路を右折して程ない右側にあり。




この雑貨店横の路地を入って行く。

1977年の昭和52年に創業した広東料理店。

大きなアサリがたっぷりと入った美味しい活あさりそば。

ステンドグラス風の照明にシャンデリアのフロア。

今が旬の上海蟹は、オスとメスで価格が違う。

平野レミさん御用達のこちらだそう。