Vegetable Chinese 華菜樓
神奈川・横浜西口





それほどの寒さで無いにせよ通勤時間帯は10度近い気温で、そろそろ着込むかとなってハーフコートに身を包んで出掛けた、また快晴の十二月師走上旬の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、まだ夜風が涼しいそんな午後八時過ぎだった。

最近は殆ど利用しなくなくなってしまったが、以前は月イチのペースでピザーラの宅配ピザを自宅でよく食べていたもので、シールを貯めて無料ピザというサービスがあった時がありそれを何度か口にしたものだ。

そんなピザーラを運営する株式会社フォーシーズの手掛ける中国料理店が、横浜駅構内東口寄りのルミネ横浜店6階のレストラン街で営業しているとしてしばらく前から気になっていた。

1980年に輸入商社として創業した同社だそうで、その7年後に東京・目白で同社のメインブランドであるピザーラの1号店がオープンしたようだ。その後その基盤網を全国へ広げて行きながらも、様々な外食店や他分野の宅配網を作って行った同社らしい。

そんな中で野菜ソムリエ厳選素材をウリにした中国料理店であるこちらの1号店が、2011年11月にルミネ新宿店で営業を開始したようで、その2号店となるルミネ横浜店のこちらが昨年7月31日にオープンしたらしい。

陳建一氏が手掛ける四川料理店で20年近く修行され、数々の料理コンクールで栄冠に輝いた方が料理長として着任されているそう。

そんなわけで今夜こそとなって、その店頭へやって来た。さっそく入店すると奥寄りのテーブル席に案内されてそこへ着席。メニューリストを広げると、カラフルで美しい料理がフォトで紹介されていた。

豊富な麺メニューを確認した後でページをめくると、さらに点心がまた多彩にラインナップされていてそれが盛り合わせで愉しめるよう。

なるほどとなって、麺類は中華そばの醤油味にして、その点心盛り合わせ6個をお願いすることにした。すると点心は選べるそう。

それならと、広東式海老入り肉焼売、桜花形包み蒸し、枝豆入り海老焼売、黒豆入りプチ饅頭、海鮮玉子焼売、そして餡子が入るらしいプチ饅頭でお願いした。

店頭でも紹介されていた「魅惑のハーフサイズ4点セット」なる提供メニューがあり、腰掛けた時はそれを注文するかと思ったが、あっさりした中華そばの気分に今回は見合わせたものだった。

その内容は四川式担々麺にずわい蟹たっぷりの野菜炒飯、そこに棒々鶏サラダ、さらには人気の小籠包とデザート点心の点心4品が付くもの。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なかなかの持ち味が風情も良く表れた素敵な中華そばの味わい。チャーシューの煮豚が極めて厚くかなりの美味しさ。

中細縮れの麺も程よくスープを絡ませて、さりげなく添えられた野菜がまた良かった。そして後から来た点心盛り合わせが、実に華麗なビジュアルでありつつも何とも美味しかった。気がつけば完食。

15年程前に同社の中で、中華料理宅配サービスショップとして都内でスタートした華菜樓だったそう。しかし当時そう長続きすることなく、休止に至ったデリバリーサービスになってしまったらしい。

そんな華菜樓のブランドだったが、数年前のルミネ新宿店でまた日の目を見るところとなったようだ。また新東名高速道路ネオパーサ清水には、同じ店名でラーメン店も昨年オープンさせている。

優れた戦略性が、店舗の成長を促進する。いや、かなりとても実に果てなくなかなか良かった。

(左フォト) 中華そば醤油/点心盛り合わせ6個/店頭外観 (2013.12.04)


 Vegetable Chinese 華菜樓 - Kasairo - ルミネ横浜店

 住所:神奈川県横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店 6階  TEL045-444-6311

 定休日:不定休 (施設に準ずる)  営業時間:11:30〜23:00(22:00LO)  ※企業サイトはこちら

 アクセス:JR横浜駅下車。東口側にあるルミネ横浜店の6階レストラン街内にあり。



様々な魅力あるお手軽メニューが揃っていた。

フロアには雰囲気の良い中国風調度品があった。

野菜ソムリエ厳選素材をウリにした中国料理店。