尾道らーめん 柿岡や 神奈川・東神奈川



季節感が一変した寒さが今年もやって来て、昨日の雨はその気温を置き去りにして止み、爽やかな陽射しが街角に降り注いでいた11月半ばの週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、湿度も低い穏やかな午後8時過ぎだった。

先日戸塚にある尾道らーめんを提供するお店へ訪問したが、東神奈川駅の傍にも尾道らーめんを提供するラーメン店があるとして気になる所となり、本日の会社帰り立ち寄って見る事にした。

フラップインターナショナルと言う企業が経営するラーメン店で、2002年4月19日にオープンした海老名のビナウォークらーめん処(旧全国ご当地らーめん処)の第一期店の一店として生まれたよう。

その翌年にオープンした東神奈川店らしく、本店とも言えそうなこちらだ。以前は結構もっと支店があった筈だが、今では浜松町に支店があるのみのようだった。

そんなわけで横浜から京浜東北線電車に一駅だけ乗って、第二京浜と京浜急行線に挟まれた東神奈川駅へ降り立った。

改札を右手に出て駅構内の階段を降りて、そう歩かない内に店頭へ到着した。さっそく中へ入ると入口近くに券売機があり、周辺にあったメニューボードを参考にしながら、尾道らーめんと豚々飯なるサイドメニューが一緒になったセットメニューのボタンを選んだ。

店内は広く先客が二人居てラーメンかと思えば、居酒屋代わりに利用している見たいで、アルコールを口にしながら盛り上がっていた。チケットを手渡したお店の方に浜松町にもありますよねと同意を求めるようにお聞きすると、同じお店と直ぐ教えてくれた。程なく到着。

背脂ミンチが少しだけ入って煮干しが軽く利いたラーメンで、チャーシューが大判でありつつそこから感じられる風情はいいものがあった。顔を近づけると味噌のような香りがフワリと来て、それがまた良かった。メンマもいい風合いだ。

それではと行かせて貰えば、多加水気味の中太ストレート麺は好きなタイプの重厚さがあって見た目よりもなかなか楽しめた美味しさだった。

豚々飯からも同じ味噌のような味がして、椎茸も入るそぼろ肉餡が錦糸卵と共にご飯の上に乗ってこれがまた美味しかった。気がつけば完食。いや、結構なかなか良かった。

(左フォト) 尾道らーめん/同拡大画像 (2011.11.12)


 尾道らーめん 柿岡や 東神奈川店

 住所:神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-1-15  TEL045-411-5597

 定休日:無休  営業時間:11:00〜翌1:00 ※土曜〜翌2:00

 アクセス:JR京浜東北線東神奈川駅西口下車。第二京浜を渡った奥の階段を降りて横浜方面へ
       少し歩いた右側にあり。



  2011.11.12 東神奈川駅西口周辺にあるこちら。   2011.11.12 らーめんとセットでオーダーした豚々飯。



喜劇らーめん食べ歩きTOP