ラーメンの店 いろは
神奈川・横浜宮川町 ※閉店



その昔明治時代に鉄道が初めて開業したその終点の地となる、桜木町駅界隈で営業するラーメン店を求めて老舗中華店のタンメンと餃子を堪能。

その後そう遠くない馬車道のカフェでまったりした後で、せっかくだからやはりもう一軒行くかとなり、予定通りまた野毛方面へ戻って大通りに出て左折しこちらへやって来た。

大通りに牛丼の吉野家が営業している、真新しい建物の路地側で営業しており、何年か前に建て替えたところだろう。

入口の上には「ラーメンの店」とだけ表記されており、店名は何処にあるのかと思えば赤茶色の暖簾の右端に小さくあるだけだった。

5脚のカウンター席の椅子が並ぶ狭いフロアには、二人の先客がそれぞれ両端寄りに着席していた。その間を割るようにして腰を下ろして予定通りラーメンをお願いした。

変わらぬこの場所で1948年の昭和23年に創業したそうで、半世紀どころか開業65年におよぶこちらだそう。厨房におられた店主は二代目になるらしい。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、老舗中華店で味わう中華そばは共通している面を感じるものだが、こちらは何処か違っていた。

ただ独特ながら胡椒がそう思わせるのか、何ともしみじみとした美味しさはやはり王道を感じさせた。これで350円とは、えらく安いのではないか。

細長いメンマもちょっと他所にない仕様で、さり気なく入るチャーシューがまたとても良かった。

麺はこちらの麺もモチモチしており、いい持ち味がある細やや細ストレート。スープは豚足をベースに香味野菜や魚介類も利用しているものだそう。

気がつけば完食。何処とも違うスープの道程は極めて厳しいが、そんな中で連綿と続くこの中華その味わいは、実に優しくかなり途轍もなく何処までも果てなく素晴らしかった。

(左フォト) ラーメン/店頭 (2013.10.10)


 ラーメンの店 いろは

 住所:神奈川県横浜市中区宮川町3-71  TEL045-231-6458

 定休日:火曜日  営業時間:13:00〜18:00

 アクセス:京浜急行本線日ノ出町駅下車。改札を出たら左側に進み前方の大通りを左手へ歩いて
       日ノ出町交差点の長い横断歩道を渡って200mほど進んだ左側にあり。



京急日ノ出駅からも程近いこちら。

ラーメン並盛はなんと一杯350円。

JRの最寄り駅は根岸線の桜木町駅。