横浜らーめん いっぱち家
神奈川・東神奈川



霞みがちな青空から注ぐ、淡い陽射しにも何処か春の息吹を感じた、二月如月下旬の週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、今夜もそこは穏やかに寒いそんな午後八時過ぎだった。

こちらもまたしばらく前から気になっていた家系ラーメン店で、今夜こそとなって仕事帰りに訪れることにした。2012年1月27日に仲木戸駅の傍にオープンした壱八家の関連店となるこちらのようだ。

壱八家と言えば以前触れたように壱六家の流れを汲む家系店で、 昭和55年に創業した株式会社エイトが手掛けるラーメン店だ。東戸塚本店に以前訪れたスカイビル店の他、本厚木店・戸塚店・つきみ野店などの直営店舗が営業している。

そう言えばしばらく前に何度か横浜中華街を訪れているが、そのエリアにも一店見掛けたものだ。そこなど多くの店舗は、FC店らしくこちらもそんなところなのだろうか。と言うわけで京浜東北線電車に一駅乗って、連日東神奈川駅を降り立った。

そしてスカイウォークで繋がって60mほど先にある京急仲木戸駅側へ行き、そこから直ぐ近くのガード下で営業するその店頭へやって来た。赤を基調とした店頭ながら比較的質素な雰囲気を持つこちらで、メニューの案内も派手になることなくそれでいて判り易くまとめてあった。

店頭にある外の券売機の前に立ち、特に決めてなかったがボタンを軽く眺めてから、ネギらーめんとネギチャー丼のボタンを連打した。入店すると背中に後続客が続いて、にわかに活気づく店内。店内には4〜5人のグループ客がビールを呑んでいた。

チケットを手渡す時に好みを聞かれて、麺カタメだけをお願いした。ふと厨房に目をやると、丸山製麺の麺箱がさりげなく置かれていた。直営店なら長多屋製麺だけに、なるほどというところだった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、壱六家系らしいさらりと来る旨みの冴えわたるバランス感が実にたまらないもの。麺カタメの中太ストレートがまたなかなかの持ち味で素敵だった。ネギチャー丼も、豆板醤らしきタレが掛けられて、これも美味しかった。気がつけば完食。

店名は平仮名の方が親しみ易く、読み間違えることもなく今後も増えて行くことだろう。そう言えば直ぐ近くの家系ラーメン店も平仮名だった。いや、こちらの家系ラーメンも素敵で、なかなかとても実に良かった。

(左フォト) ネギらーめん/ネギチャー丼 (2014.02.22)


 横浜らーめん いっぱち家

 住所:神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-3-3  TEL045-461-4118

 定休日:不定休  営業時間:11:00〜翌1:00

 アクセス:JR京浜東北線東神奈川駅下車。京急仲木戸駅改札前の通りの横断歩道を渡ってから
       京急鉄道ガードを潜って程ない右手にあり。



2012年1月27日にオープンした家系ラーメン店。

こちらを眺めて、食べるものを決めよう。

チケットを手渡す際に、好みをお願いするべし。