G麺7 神奈川・上大岡





また秋が深まるにしては暖かい、白んだ青空から注ぐ陽射しは今日も淡いものの、気温が上昇気味の11月上旬の休日金曜日だった。

国内各地の人気店が集うイベントである東京ラーメンショーが、今年もまた駒沢オリンピック公園にて日曜日まで開催されている。ご興味のある方は、是非とも行って見ては如何だろうか。

私は前回に続いてまた訪問を考えたが、街の味探求系ラーメンフリークだけに、やむなく今回は見合わせる事にした次第だった。

それであればまた横浜人気店探訪で行こうと先日ダイヤモンド地下街で購入した、ラーメンウォーカー神奈川をまた参考にさせて貰い出掛ける事にした。

そう言えば以前よりあらかじめ横浜方面で幾つかの行きたいラーメン店があった。そこはやはり先に行きたいところだ。そんな一店がこちらだった。

そんなわけで横須賀線電車に乗って今日も横浜で下車。京急線のホームへ上がると、ちょうど2100型車両の快速特急が入線して来て、タイミング良く上大岡までそう時間がかからず到着出来た。

店頭左寄りに券売機が鎮座していて、そこで味付玉子入りらーめん塩のチケットを買って入店。

開店してまだ10数分経過しただけだったが、殆どの席が埋まっていて数少ない空席に促されてそこへ腰を降ろしながらチケットを手渡した。

先日会社帰りに訪れた麺場浜虎を立ち上げたメンバーである後藤店主が営業するラーメン店だそう。

2009年1月7日にオープンしたラーメン店らしい。店主のお名前である後藤のGと、奥様のお名前がナナさんらしく、それでG麺7と言う店名なのだそう。

その昔「ハードボイルド、熱い心を強い意思で包んだ人間たち」とナレーションで始まったGメン75と言う刑事ドラマがあったものだが、そんな語呂を利用しているところだろうか。

厨房が目の前のカウンター席で、ちょうど目の前でラーメンを作っている姿をじっくり見る事が出来た。

丁寧に三杯ずつ作っており、ドンブリに麺が三杯同時に入るその投入方法が圧巻で、まるでマジックを見ているようだった。程なく到着。

近年のラーメンと言えば、ドンブリの表面に多めの油が浮く関係で殆ど湯気が立ち昇らないのが通例だが、こちらは軽くその湯気が迸っており、そんな所にもこだわりの高さが伺えた。

それではと行かせて貰えば、そのオリジナリティ豊かながら、王道一直線の極上感がたまらないもの。

自家製らしい麺は良き時代の中華麺らしさをストレートに伝えた中太ストレート麺。味玉にさえ説得力が在った。

鶏ガラ・軍鶏ガラ・モミジに豚骨・豚足も利用しているそうだが、魚介食材はいっさい利用していないこちら。しかしその味わいはそれが入ったラーメン以上の、満足感に満たされた素晴らしさを感じる事が出来るものと言えた。

気がつけば完食。思わず「めちゃくちゃごちそうさまでした」と発してしまったほど良かった。いや、とんでもなくかなり途轍もなく、すごくめちゃくちゃ美味しかった。かなり美味し。


(左フォト) 味付玉子入りらーめん塩/店頭外観/快特なら直ぐ上大岡 (2011.11.04)


 G麺7 (ジーメンセブン)

 住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西3-10-6  TEL045-517-3918

 定休日:火曜日  営業時間:11:30〜14:00/18:00〜23:00

 アクセス:京浜急行線・横浜市営地下鉄 上大岡駅下車。京急線三崎口方面高架線ガードの左下
       の道路を歩いて行き、イトーヨーカドーが高架線の向こうに見えたらガード右下の道路側
       の方に移って進んで行った左側にあり。徒歩およそ8分。



喜劇らーめん食べ歩きTOP