富士栄 神奈川・本厚木 ※閉店





【本厚木ラーメン巡り後編】

先日コンビニで購入したラーメン本を通勤電車の中で何気なく見ていると、自分が持っているアンテナに何軒かのラーメンが反応して気になる所となった。自家用車を持っていないので、駅から遠かったりすると行けない場所となったりするが、多少遠方でも駅からそう歩かなければ行けるのでこうしてたまに出掛けている。

そんなわけで一軒立ち寄った後で駅界隈に戻り、その周辺のカフェでしばしまったり。そして相変わらず降り止まない雨の中、こちらへ向かって歩きだした。

こちらはそれでもかなり駅から離れた場所で、ラーメン本には徒歩20分となっていたが、出力した地図を見ると知らない街だけにもう少しかかりそうだった。そこにまた雨が歩く速度を鈍らせた。

それでも迷うこともなく30分もかからず、東名高速道路手前の東名厚木健康センターのすぐ隣りにあるこちらの店頭に到着した。

フォトで見た店頭外観が目の前にあり、その感じと店名の風情からてっきり長いこと営業している老舗店かと思えば、比較的新しい外観にラーメン本を見返せば昨年7月にオープンしたこちらであった。

中へ入るとやはりひとむかし前のスタイルを感じさせる店内に、昨年オープンしたばかりとは思えない雰囲気があった。あいたカウンター席に促されてそこに腰掛けてから、ラーメン本と同じ肉そばをお願いした。

お店の方に話しかけると、やはり昨年の夏にオープンしたばかりだそうで、最近では「ドカ盛り富士郎」なるラーメンが人気になっているそう。名前からして系統がすぐ判るラーメンだった。程なく到着。

鶏ガラ豚骨ベースのスープに大量の国産豚バラ肉を炊き込んでいるそうで、そこに付着した良質の脂がまた良い旨みとコクを表現していた。ラーメンに入る豚バラ肉も、これがまた随分と入っていた。

麺は中太やや細の丸山製麺さんの熟成させている感じの中加水麺で、青ネギが多めに散らせているヴィジュアルが、どこかそこは西日本的な一面を感じさせた。ラーメンの真ん中に赤い具材が置かれて何かと思ったが、辛みダレを利かせたみじん切りのタマネギで特製薬味と説明書きに記されていた。

店内には「肉らーめんの美味しい食べ方」なるインフォメーションがあって、後半になってからカウンターにある調味料の特製辛味やお酢を入れることを奨めていたが、今回はデフォルトのスープに結構ハマってしまってそうしなかった。

もう気が付けば完食であった。駅から比較的歩くこちらだが健康センターのすぐそばで、そこから無料の送迎バスが30分間隔で運行して本厚木駅と結んでおり、そこを利用してこちらにも訪問するといいかも知れない。

そんなわけでまた本厚木駅まで戻り改札を通ってホームに上がると、まもなく新宿行きのロマンスカーが入線予定だった。するとすぐ近くで特急指定席券が券売機で発売されていて、550円で静かな車内で新宿までゆったりと座れるならと、そのさがみ82号特別急行券を買って乗り込んだ。

やって来たロマンスカーは一番乗って見たかった、地下鉄乗り入れ可能の最新型60000形ロマンスカーMSEであった。それまでは良かったが指定された席に着席すると、すぐ後ろにはどう見ても箱根旅行帰りでは無い二人の一見三十代前半女性が居て、親友同士らしく会話が弾んでいた。

これが二人とも静かな車内のなか大きな声で話しており、「ちょーきらい」とか「○○系だしー」とか、「友達で終わるタイプかもー」等とマシンガントークをすぐ後ろで炸裂させており、そのうるさい会話に滝ナミダで座席が濡れた車内であった。

ともあれ少しだけ冷たい春の雨がそぼ降る相模路で出会った、来た甲斐があった美味しい2杯のラーメンであった。午後からの冷たい雨に、また初夏が恋しくなる。

(左フォト) 肉らーめん/食べ方インフォ/店舗外観 (2010.04.27) ※前編はこちら


 麺処 富士栄 (めんどころ ふじえい)

 住所:神奈川県厚木市岡田3-17-6 TEL046-226-5678 定休日:無休 営業時間:11:30〜翌5:00

 アクセス:小田急小田原線本厚木駅南口下車。国道129号厚木バイパス沿い東名高速道路手前
       にある東名厚木健康センターのすぐ隣り。徒歩23分程度。



  2010.04.27 ロマンスカーも停車して、往復も可能な本厚木。   2010.04.27 すぐそばに東名厚木健康センターがある。



喜劇らーめん食べ歩きTOP