中国屋台料理 大龍 神奈川・横浜西口



曇りがちで風もない所為か気温がまた20度を越えて上がり気味の十一月霜月上旬の週明け日曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、世間は三連休中間日の夜もあってか人の出は良かったそんな午後八時過ぎだった。

そういえば横浜周辺の中華店で、龍の文字が入る店はハズレが大変少ないことに気づいた。そういえばこちらもとなって、今夜は再訪シリーズで行くかと仕事帰り立ち寄ることにした。

そんなわけで相鉄ジョイナス地下2階で営業するこちらの店頭へやって来た。相変わらず提供メニューの食品サンプルを、入口に所狭しと並べているこちらだった。

確か餃子が手作りだったはずと思い出して、半ラーメンに餃子5個とライスにお新香がついた900円のギョーザ定食をオーダー。100円足せばラーメンが普通盛になるらしく、それが可能ならばとそれでお願いした。

盛況な店内のこちらで、前回の時は見かけなかった女将さんのような方がおられて立ち回っていた。後続客が続いてさらに賑やかなフロアとなった。

ふと見るとフロアには鳥カゴのような照明器具のカサが天井から吊るされて、壁面には装飾皿が何枚も飾られていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、あっさり醤油の清湯スープに細麺が泳ぐラーメンで、豚骨が風情良く効いたものでチャーシューがなかなか素敵な方だった。

餃子がなるほど評判がうなづける美味しさと言えた。ライスの盛りも良く、ラーメンも満足の行く美味しさだった。気がつけば完食。

精算時に女将さんならと開業してどのくらいか教えてくれるだろうと、さりげなく確認させて貰うと今年で48年目になるこちらであることを教えて頂いた。ということは昭和40年頃に創業したこちらのようだ。

1973年の昭和48年暮れに相鉄ジョイナスの地下2階フロアが完成しており、何処か別の場所で営業して移転して来たところだろうか。いや、やっぱりかなりとても実に良かった。

(左フォト) セットラーメン普通盛/セットギョーザ定食 (2013.11.03)


 中国屋台料理 大龍 相鉄ジョイナス店

 住所:神奈川県横浜市西区南幸1-5-1相鉄ジョイナスB2Fグランダイニング内

 TEL045-311-2714  定休日:無休  営業時間:11:00〜23:00(22:00LO)

 アクセス:JR横浜駅西口下車。左手寄りの相鉄ジョイナスに入り、地下2階のグランダイニング
       内にあり。



入口には食品サンプルが所狭しと並べられている。

フロアには鳥カゴみたいな明器具に装飾皿が何枚も。

ギョーザが一押しのこちらのようだ。




青い海原の代わりのように広がる青い大空から、春咲く季節が間近と知らせる如く陽射しが注いでいた二月半ばの週明け日曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、またそれ程の寒さでもなく穏やかな午後8時過ぎだった。

相鉄ジョイナス地下二階グランダイニング内にある大龍さんで、今夜はそんな中国屋台料理と冠があるこちらへ訪れることにした。そんなわけでダイヤモンド地下街から相鉄ジョイナスに入り、エスカレーターで一つ下に降りて行き店頭へやって来た。

ロウで作ったのだろう、そんなよくできているメニューサンプルが、店先の手が届く距離に多めに並べられていた。

最近の食品サンプルは完成度が高いが、そう言えばラーメン専門店ではあまり見掛けないのは何故だろうか。そんなサンプルを眺めつつ、入店して促されたカウンター席へ腰掛けた。

店内は古き良き時代の、チャイナタウンをイメージしたものだそう。落ち着けそうな雰囲気があり、なるほど確かにアットホームな感じだ。メニューリストを見ても直ぐ決まらなかったが、結局横浜生まれと紹介されていた、サンマー麺のオーダーで落ち着いた今夜であった。

メニューリストのサンマー麺の直ぐ下には広東麺が20円高い価格で並んでいたが、食品サンプルで見比べるとそちらは小エビやキクラゲなどの具材が入ってちょっぴりゴージャスに見えた。

大盛の表記がメニューリストに明記されているかすぐ判らなかったので大盛が出来るかお店の方にお聞きしてみた。すると200円で出来るそうだがやや高額設定だったので、まあいいかとなって普通の盛りでよい旨を告げてお願いした。

そこそこ盛況な店内のこちらだった。後続が続いて、俄かに活気づいて来た。天津飯が人気のこちらだそうで、手作り餃子もお奨めらしい。そう言えば厨房では若いお兄さんが餃子を作っている最中だった。程なく到着。

サンマー麺には豚肉などがそこそこ入っていて、醤油色のスープの色がやや濃いように思えた。ボリュームも良さそうだ。厨房へ聞こえるように大盛を確認したつもりは無かったが、結果的にそれを耳にして若干盛りが良くなっているのかも知れない。

それではと行かせて貰えば、これが熱々の美味しいサンマー麺。モヤシ・白菜・ニンジン・ニラなどの野菜が、アンカケ状になっていてその瀞みもよい感じだった。コシの良い細ストレート麺との相性も良く、なかなかの出来映えで素敵なサンマー麺と言えた。

こうした中華鍋を振ったものが入るラーメンは極めて熱々であり、ラーメン冥利につきるところだが結構熱かったので少し冷ましてから愉しませて貰った。

気がつけば完食。広東麺や餃子も気になるところ。いや、実にとっても美味しかった。

(左フォト) サンマー麺/同拡大画像/店頭外観 (2012.02.12)