八仙閣 杏仁坊 神奈川・横浜西口





気温がまた20度を超える陽気に夜半の雨がもたらしたのか朝方は春霞のように遠くが霞んで、青空からまぶしい陽射しが大気をつらぬいて気温が気持ち上がっていた十月神無月の月末前日水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、陽が暮れればそこは穏やかに涼しいそんな午後八時過ぎだった。

こちらは以前横浜勤務の際には気がつかなかった中華店で、新たにネット検索している内に麺メニューも提供する中華店として知って今回仕事帰り立ち寄ることにした。

というわけでジョイナス ザ・ダイヤモンドレストランガイドブックの小冊子にも掲載されていて、それを頼りにしてその店頭へやって来た。

厳選素材と自家製調味料で仕上げたこだわり中華料理は、あらゆる内外の料理を参考にして作り上げたものだそう。本場中国のダイニングをイメージしたフロアで本格中華が愉しめるらしい。

ふと見ると向かい側には以前訪れた横浜元祖札幌やが営業しており、そんな位置関係の場所にあるこちらだったのかとなった。

さっそく入店すると夜もあってか、ほぼ中華居酒屋そのもの。比較的広い店内で、そこそこに盛況なフロアが待っていた。

落ち着けそうなテーブル席に腰掛けて、メニューブックから悩んだ末にチャーシューメンと、こちらの人気スイーツらしい天使的杏仁豆腐が気になったのでそれもお願いした。

2001年二子玉川駅周辺にオープンしたこだわり中華店の横浜の支店のようで、ネットで見る限り2003年には営業していたからその頃にオープンしたところだろうか。

八仙閣というと1967年に博多で創業した中華店が上げられるが、関係があるのかは定かでない。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、ふちが紅い中国風の叉焼でそれがなかなかの美味しさ。醤油味のスープは白胡椒が効いた風合いで、麺は細ストレートで良い風情があった。

天使的杏仁豆腐は絶妙な風合いの杏仁で、スライスされたキュウイが浮かべられ、アンズのシロップがかけられたもの。なるほどなかなかの素敵な美味しさと言えた。フルーツは季節によって変わるようだ。

店舗の雰囲気は何処か際コーポレーション的な面が見られて、思わず系列店かとスマホで確認して見たが全然関係なさそうだった。気がつけば完食。精算を済ませた際に、二子玉川店の系列店と確認。

往きにも通ったジョイナス地下街とザ・ダイヤモンドの境界線の場所に差し掛かり何気なく振り返る。

すると壁面に「Change!Project2013-2016 ジョイナスとザ・ダイヤモンドがひとつになってステキにリニューアル!」とあるインフォメーションに気づいた。

相鉄ジョイナスは今年40周年を迎え、ザ・ダイヤモンドは来年50周年を迎えるようで、売場総面積両施設合わせて35600平方メートルが今後変わっていくという。

「いつもをステキにかえていく」をコンセプトに、今後3年間にわたり両施設を一体化するリニューアルプランが進行して行くらしい。

ザ・ダイヤモンドは今回のリニューアルが開業以来はじめての大改装となるそうだ。時代はいつも確実に進化して行く。いや、なかなかとても実に良かった。

(左フォト) チャーシューメン/天使的杏仁豆腐/店頭 (2013.10.30)


 八仙閣 杏仁坊 ANNINBOU 横浜店

 住所:神奈川県横浜市西区南幸1-5-1相鉄ジョイナス地下1階ファンシーレストランアベニュー内

 TEL045-311-4718  定休日:無休(但しビル休館日を除く)   営業時間:11:00〜23:00(22:00LO)

 アクセス:JR横浜駅西口下車。左手寄りの相鉄ジョイナスに入り、地下1階のファンシーレストラン
       アベニュー内にあり。



入口右手のサンプルショーケース。

厳選素材と自家製調味料で仕上げたこだわり中華の店。

Change!Project2013-2016のインフォメーション。