Little Cherry 茨城・研究学園 ※閉店









昨日午後からの雨がしばらく降り続く天気のようで、気温もまた下がり気味の三月も後半ながら肌寒い、就業するようになってから初めての休日の水曜日であった。

もう随分経過しているが、以前ミニFM局の公開番組に出演させて貰った事があり、元ラーメン王小林氏や他の方々と一緒にラーメントークを行わせて頂いた。そのプロデューサーの方から久々にパソコンメールが届き読んで見ると、なんと土浦にある小櫻の新店がつくばエクスプレス研究学園駅近くに今月の14日からオープンしたそう。そう、それがこちらであった。

最近ラーメン店ではベジポタ系が流行っているが、そんな中で若き女性野菜ソムリエと、小櫻店主がタッグを組んだラーメンメニューを提供しているらしい。

そんなわけで当然気になる所となり、休みの日を待って出掛ける事にした本日だった。急きょ所用が二つ出来たが秋葉原と有楽町でそれを済ませ、つくばエクスプレスの電車に乗車してこちらへ向かった。

あらかじめパソコンで詳しい場所の地図をプリントアウトしたかったが、造成まもないニュータウンだけにそんな事も出来なかった。とは言え駅前のそんな場所だけに、簡便な地図はあったので迷う事も無かったが。

目的地の研究学園駅が近づく頃、左側の車窓にはつくば市の新しい市役所庁舎が目前に見えた。五月には移転予定するようだった。

改札を抜けて左手の北出口を出ると、真新しい駅のロータリーが広がっていて、5台近いタクシーがなかなか来ない客を待っていた。

空き地ばかりが多く見受けられる周辺で、売り出し中マンションのギャラリーが目立つそんな開発地域の駅前となっていた。

こんな場合は方角さえ間違えなければ辿り着くもので、案の定そう悩まずに判るくらい何もない中にあったこちら周辺であった。

折り畳み傘がひしゃげそうな程の強風が吹いていたが、なんとか壊れずに済み、それをA4バッグに入れた小袋に閉まってから入店すると、てっきりレストハウス水郷に居ると思っていた店主がおられ、例によって深々と挨拶する私であった。

そこは昨年末に契約期間が終了したそうで、現在は違う飲食を扱う企業が違うメニューを提供しているそう。なるほどそれで新しい物件を探して、今回こちらがオープンしたのかと知る所になった次第だった。

それにしても何ともお洒落な店内だった。右手の壁にはレッドツェッペリン関連のポスターばかりが貼られていた。店主はそのシンガーの大ファンだそうで、土浦本店にはビートルズ関連が多かったのでそちらかと思っていた。

奥さんがビートルズの大ファンだそうで、何ともブリティッシュロック通なご夫婦だと、あらためて知った本日であった。なお店名の下にある小櫻の文字は、単なる刻印で店名には含まれないそう。

さてオーダーはどうするかとなったが、今だけしばらく提供している予定の軍鶏の白湯スープによるつけ麺があるそうで、思わずその「しおつけ・FRUITS・ベジタブル」をお願いする事にした。

シークワーサーの爽やかなフルーツの酸味と、軍鶏の白湯スープによる創作つけ麺で、鶏チャーシューは津軽地鶏を使用して野菜サラダをつけ汁に浸して愉しむスタイルらしい。

軍鶏の清湯はタマに見掛けるが、白湯はあまり聞かない事に気付いて、かなりこだわり抜いた軍鶏を今回利用して臨んでいるらしい。時期が過ぎたら提供出来なくなるらしい。程なく到着。

おお、最近つけ麺と言うと大抵は和風の食器が用いられるのが常と言えるが、こちらのそれは何とも洋風であり、まさしくこれぞブリティッシュロックと言えるもの。

それではと行かせて貰えば軍鶏の風味を生かす為なのだろう、ベジポタ風な瀞みは無いもののサラッとした口当たりにフルーツらしい清涼感のある甘味が良いコクと一体となって、大変うま味が冴え渡っていてスープ割りに至るまで素晴らしかった。もちろん津軽地鶏チャーシューも良かった。

自家製麺も中太の低加水ながら、こちららしさが十二分に現われた魅力たっぷりのプリプリした麺で、ボリュウムも結構よい様に思えたが麺量200グラム弱とお聞きして驚くしかなかった。

気が付けば完食。こうなればもう一杯、ラーメンの方で行きたくなるのが人情ではないだろうか?そうに決まっている。(おいおい)

塩の後もあり「THE・しょうゆらぁめん」の方にしようと思ったが、白醤油とマンゴーの果実でまろやかで優しいシフトにしつつシンプル性を重んじたもので、それは本店の醤油にフルーツを足したものに少しだけ近いものがあるそう。

本店に通った経験があり遠方ゆえ頻繁に訪問できない私ならば塩3号とは違う新しいシフトで今回作り上げた「クリスタル・SEA・ソルト」を試して見てはとなり、なるほどと言う所にそれの素らぁめんでお願いした。

そのラーメンは塩分濃度が高いイギリス・マルドン地方の海水塩を利用し、アプリコット・ピーチ・リンゴ等のフルーツでまろやかさを演出しつつ仄かな甘味を加えたものだそう。

ラーメンには夫々200円安くした素らぁめんがラインナップされており、麺とスープを青と白の刻みネギで動物臭さを若干消し、存分にその世界に浸れるのは嬉しいご配慮と言えた。ちなみに通常タイプで入るチャーシューは、霜降りハーブ豚の肩バラ肉を使っているそう。程なく到着。

先日もラーメンから出るオーラについて触れたが、刻みネギしか入っていないのに、この何とも言えないオーラはどうだろう。やはり只者ではない店主だ。

一口つけたらもうどうにも止まらない美味しさで、昔はこれが煮干しの味と勘違いしていた、鯖と昆布の絶妙な魚介配分を核とした旨みが、やはりとんでもなくいい感覚を持つ中細麺に寄り添って口内を喜ばせてくれた。

もう気が付けば完食である。今後も女性野菜ソムリエとタッグを組んで、様々な限定メニューを提供して行く予定だそうで、こうした野菜ソムリエのノウハウが活きたベジポタつけめんも考えておられるそう。その着目性は、やはりさすが小櫻店主と言えた。

いや、美味しな、しおつけ・FRUITS・ベジタブルと、クリスタル・SEA・ソルトであった。更なるキーワードは、ブリティッシュか。

(左フォト) しおつけフルーツベジタブル(麺・汁)/クリスタルシーソルト/店内/入口 (2010.03.24)


 Little Cherry (小櫻 研究学園店)  ※公式サイトはこちら。 ※店舗左手に駐車場あり

 住所:茨城県つくば市苅間1223研究学園D12-101   TEL029-879-5621

 定休日:年中無休   営業時間:11:30〜24:00(LO23:30)※早期に売り切れる場合あり

 アクセス:つくばエクスプレス研究学園駅北出口下車。駅前ロータリー左奥から延びる車道の
       左側歩道を進んで行き、少し歩くとある三井のリパークの後ろにあるD12と表記して
       いる9階建てマンション1階の左奥にあり。その手前の左路地を入り突き当りを右折
       して次の左路地を曲がりまもない右側にあり。徒歩およそ3分。

  

  2010.03.24 駅前ロータリーから見える、ビル(左奥)の1階。   2010.03.24 最寄りのつくばエクスプレス研究学園駅。



喜劇らーめん食べ歩きTOP