博多風龍 秋葉原昭和通り店
東京・秋葉原





青い大空から初夏のまだ優しい陽射しが、瑠璃色に青紫色掛かったアジサイの花を煌めかせていた、朝方は誰もがサッカーの応援に燃えていた六月水無月後半の金曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜も雨降ることもなくまた穏やかな午後七時過ぎだった。

ご存知のように「2玉まで替玉無料」の博多風龍で、秋葉原中央通り沿いのやや末広町寄りに2009年8月7日その秋葉原店がオープンして開業まもない頃訪れたものだ。

その後直ぐ隣りに姉妹店のつけ麺風龍が、2010年3月20日オープンして驚いた。そして知らない内に秋葉原2号店が2012年9月21日さらなるオープン。

ちなみに昨年の3月4日秋葉原2号店の上にオープンした東京スタミナカレー365なるカレー店もまた姉妹店らしい。

もう無いだろうと思っていたら今度は今年の2月28日に、昭和通り沿いの秋葉原駅の傍にこの秋葉原昭和通り店がオープンしていた。

それならば、そこはその最新店舗に訪れて見るかとなるもので、仕事帰り立ち寄ることにした。と言うわけでそのビルの入口にやって来た。

居酒屋が何店舗か営業している雑居ビルらしく、数人の呼び込みらしき方が数人傍に居て、奥へ進もうとすると何処へ行くのかその一人に呼び止められた。

奥のラーメン店へ行くことを伝えると、謝って来てまた別の人を呼び止めていた。何かと忙しい雑居ビルのエントランスだった。

ともあれ奥のこちらへ入店すると右手に券売機があり、少し悩んでから半熟玉子&ねぎのトッピングがセットになったとんこつラーメンのボタンを選んで押した。

提供メニューはデフォルトのとんこつラーメン以外に、辛味噌とんこつラーメンや黒マー油とんこつラーメン等の他、今の時季にぴったりなやはり二玉無料で600円の冷やしざるラーメンと言うのもあった。

振り返るとこちららしく「2玉まで替玉無料」のインフォがそこかしこにあり、それは促されて腰を下ろしたカウンター席に座っても変わることはなかった。

風龍グループが今年で6周年らしく、その記念で「ありがとんこつキャンペーン」を、つい先日から八月末日まで行われていた。

チケットを10枚集めるとラーメン・つけ麺・カレーライスどれかが一品無料、15枚集めると2014年版オリジナルTシャツがもれなく貰えるらしい。

かなり以前は今でもつくば市内で営業している三水さんがあった場所で、少し前は本店が鹿児島で営業している我流風さんがあったものだ。程なく到着。

ねぎは小皿に多めに載って来て、半熟玉子はとんこつラーメンの上に添えられて来た。

それではと行かせて貰えば、デフォルトで550円のとんこつラーメンにしては、なかなかとても満足出来る味わい。それで替玉が2玉無料だからやはりたまらない。

刻み生姜や辛子高菜に紅ショウガ等の無料トッピングを投入しながら、もちろん麺カタメでその2玉を平らげ、気がつけば完食。

現在同じブランドだけでも、20店舗が営業しているらしい。いや、やはりなかなかとても、実に素敵で良かった。

(左フォト) 雑居ビル入口/半熟玉子とんこつラーメン/券売機 (2014.06.20)


 とんこつラーメン 博多風龍 秋葉原昭和通り店

 住所:東京都千代田区神田佐久間町1-24三村ビル1階  ※公式サイトはこちら

 TEL03-3253-8370  定休日:不定休  営業時間:平日・土曜11:00〜翌3:00◆日曜11:00〜翌2:00

 アクセス:JR山手線総武線秋葉原駅昭和通り口下車。昭和通りを上野方面に少し進んだ左側の
       雑居ビル1階の奥にあり。



風龍6周年記念「ありがとんこつキャンペーン」実施中。

さまざまな無料トッピングが、ずらりと並んでいた。

麺の硬さは、ばりかた、かた、ふつう、やわ。

刻みねぎは小皿に載せられてやって来た。

そこはもちろん無料替玉一玉め。

まだ行けるなら気軽に無料替玉二玉め。