御食事処 大黒屋 千葉・市川大町


  2011.10.02 店舗外観   2011.10.02 清潔な店内の様子。







見上げた大木に枯れた葉が日増しに増えていた、曇り空もあってかまたグンと涼しくなって秋が加速していた10月上旬週明けの日曜日だった。

時に小学生時代の遊び場所と言えば自宅近辺だったが、自転車に乗るようになると新京成電鉄の五香駅周辺となって行ったものだ。昔は五香駅西口を進んで行くと、ロッテリアに西友にイトーヨーカドーがあった事を思い出す。

少し前からこちらの店頭を行き来するようになって、そうしたロッテリアの直ぐ近くに、以前こちらと同じ店名の大黒屋と言う御食事処があった事が脳裏に過った。

しばらく前は松戸で大黒屋と言えば、中華蕎麦とみ田の改称前の大黒屋本舗だが、自然に受け入れられたのは店名にもあるかも知れないと当時思ったものだ。閑話休題。

さて、同じ店名だけに移転して来た店なのだろうか、もしかしたら姉妹店なのかも知れないと考えるようになり気になる処となった。そう遠くない場所には市川市動植物園があり、この際だからそちらにも足を伸ばしたいところだ。

そんなわけで中華そばも提供しているだけに訪問して見ようと心が動いて、また自転車に跨がってその店頭へやって来た。大町梨街道とも呼ばれている国道464号沿いにあるこちらで、ちょうど直ぐ隣りにも梨農家が手掛ける直売所があり、自家用車でやって来たお客さんで盛況な様子だった。

敷地内の隅に自転車を停めて早速中へ入って行くと、先客ゼロの静かな店内が待っていた。お店の方もおられなかったが搬出口から厨房が見えて、そこに顔を近づけて中におられた方に挨拶してから奥のテーブル席に腰を降ろした。

手元に御献立表(※一番下に画像あり)があり表を見てから裏返し、また表に返すとセット物が結構お得な提供メニューである事が判った。親子丼やかつ丼や各定食類に蕎麦やうどんが付くもの。

程なくお店の方が出て来られたので、このセット物メニューに中華そばでも出来ないかをお聞きすると、メニューに記載はしていないが、同じ金額で中華そばにも出来る事を教えて頂いた。

聞いて見るものでそれならばと、中華そばのかつ丼セットでお願いする事にした。その頃になると後続客が続いて、やはり人気店のこちらと言えた。そしてさりげなく五香のイトーヨーカドー周辺に以前あった大黒屋の事を話すとよくご存じだったが、そちらとは全く縁のない大町の大黒屋さんだった。

創業年をお聞きしなかったが、こちらもかなり昔から営業している。なお御献立表には、蕎麦が如何に健康に良い食べ物であるかが案内されていた。程なく到着。

それではと中華そばから行かせて貰えば、そこはラーメン専門店のラーメンとはまた違った持ち味であるものの、ラードが効いてなかなかあっさりした風情に郷愁を感じる風合いがタマらないもの。

かつ丼にも手を付けるとラーメンにするとミニ仕様になるようで、コンパクトサイズだったが丁度いい量。お新香も付いて来て、蕎麦屋のカツ丼の中でも、かなりレベルの高い美味しさと言えた。

市川のダイコクヤでかつ丼と言うと実は以前入店した事がある、京成八幡駅前の永井荷風も口にしたと言う大黒家かつ丼を思い出すがこちらのかつ丼も負けずに良かった。もう気がつけば完食だった。生そばの定評が高いようで、出来ればまた入店して、そちらも楽しみたいところ。

さて精算してこちらを出た後、予定通り自転車であればそう遠くない市川市動植物園へ。最近カピバラの子供が沢山生まれたそうで話題のスポットだ。

しかしカピバラの子供は現在午前中のみの公開らしく残念ながら見る事は出来なかったが、それでもリスザルやレッサーパンダなど他の可愛い動物がいっぱい居て今回来てとても良かった。


(左フォト) 中華そば/セットミニかつ丼/店舗遠景 (2011.10.02)


 御食事処 大黒屋 (ダイコクヤ)

 住所:千葉県市川市大町312-4 TEL047-337-8955 定休日:水曜日 営業時間:11:00〜20:00

 アクセス:JR武蔵野線市川大野駅、またはJR総武線本八幡駅北口東京三菱銀行前より京成バス
       の大町駅行に乗り、駒形バス停にて降車。進行方向に50m程進んだ右側にあり。





周辺にある市川市動植物園


ニホンザル


ボリビアリスザル



シセンレッサーパンダ



カピバラ



ミーアキャット


御食事処 大黒屋 御献立表 ※2011.10.02現在






喜劇らーめん食べ歩きTOP