中華料理 芳葉 千葉・幕張





先日こちらで修行された店主が営業する市川の昇栄さんを訪れて、そちらオススメのタンメンと餃子に舌鼓を打たして貰った。

同じメニューをまだこちらで食していなかったこともあって、少し間をあけてから行こうとなって今回仕事帰り立ち寄ることにした。そんなわけで幕張で途中下車して、またこちらへやって来た。

フロアに先客がお一人居て、厨房に今日もお母さんと二代目が立っておられた。昇栄さんに行ったことを告げて、世間話に花が咲いた。さり気なくその昇栄さんで食べたものと同じタンメンと餃子をお願いした。

チャーシューの話題となって、日によって様々なチャーシューとなるそうで、先日のミディアムレアのチャーシューは、たまたま運よくありつけたものだそう。

確かに同じラーメン店でも日によってまったく違うチャーシューだったことはよくあることで、部位さえも違ったり時間帯でも変わってしまうようだった。

壁には周辺の鮮魚店だろうか魚健さんとのコラボと記された、そんな鮭チャーハンなる提供メニューが紹介されていた。

また手元の方に「芳葉のスターティングラインナップ!自慢の料理たち」と銘を打った案内を見つけた。プロ野球スターティングメンバーをなぞらえてオススメ提供メニューを作ったものだろうか。

1番餃子、2番レバニラ炒め、3番自家製焼き豚、4番豚肉とチンゲン菜のガーリッククリーム煮、5番回鍋肉(ホイコーロー)、6番きくらげと玉子の炒め、7番キャベツとチャーシュー炒め、8番かに玉甘酢あんかけ、9番豆腐の揚げだし、と言うことらしい。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、やはり素敵で風情豊かな美味しいタンメン。種類豊富な野菜が豚肉やキクラゲと共に多めに入って良かった。餃子がまた実にかなりな良さでこれまたとんでもなく美味しかった。気がつけば完食。

こちらの店名が首都圏に何店か在ることをお話しすると、大変に興味深いことを教えて頂いた。それは早稲田芳葉で先代店主の実兄が修行されて、今はなき桜台芳葉を開業させたと言うところから始まった。

その桜台芳葉でこちらの先代が修行して、幕張の前に沼袋で芳葉を昭和45年に創業したのが始まりだそう。そこで10年間営業した後に移転し、昭和55年に幕張芳葉が出来たらしい。

桜台芳葉で修行したのはこちらの先代だけで無く、同じ桜台にある考華さんや兄弟になる方が営業する拝島芳葉さんの店主もそうらしい。

また今夏拝島芳葉が分家して、拝島駅前にもオープン。こちらの二代目店主の従兄弟となる方が店主として厨房に立っているそうだ。

時代は移り変わっても店名が代々受け継がれる様は、将来もその店名が連綿と後生に残るものであり、ネクストブランドが派生して行く現代においても脈々と続いているのだと認識することが出来た。

そしてこうした芳葉の変遷を私に教えてくれる二代目店主は、間違いなく芳葉の店名に誇りを感じているからこそ教えてくれるのだろうと気がついた。

大晦日は臨時営業で昼のみ営業し、正月三が日は休業して4日から通常営業のこちらだそう。いや、今夜もまた素敵な味わいを誇る、とても美味しいこちらだった。

(左フォト) タンメン/餃子/店舗外観 (2012.12.27)


 中華料理 芳葉 (ヨシバ)

 住所:千葉県千葉市花見川区幕張町5-477-18  TEL043-276-6300

 定休日:月曜日・第3日曜日  ※公式サイトはこちら。 ※公式ブログサイトはこちら

 営業時間:11:30〜14:30(14:15LO)/17:30〜23:00(22:30LO) ※日曜・祝日〜22:00(21:30LO)

 アクセス:JR総武線幕張駅南口下車。ロータリーから延伸する道路を進んで行き、京成の踏切り
       を渡って青果店奥の右路地を曲がって100m程歩いた右側にあり。徒歩およそ4分。








夜半にひと雨あったらしくアスファルトが濡れていて、久しぶりに曇り空が広がっていた総選挙前日の週末土曜日の朝方。

今日も仕事が終わって外に出れば、昼頃からまた降り出したようで路面は濡れているものの、そんな雨も止んだばかりの午後七時過ぎだった。

先日お邪魔したばかりのこちらだが、ちょっとないくらいに美味しい中華店と言えた。その時に5が付く日は芳葉麺なる看板メニューが、半額になるとあったこともあってまた訪れることにした。

そんなわけでまた幕張で途中下車して、傘を指すことなく濡れたアスファルトを歩いてこちらへやって来た。さっそく中へ入ると、そこは「本日5の付く日」だけあって、先客3名の店内だった。

実は半額の芳葉麺に富士山チャーハンもオーダーする野望を胸にやって来たが、やはりちょっと多すぎるかとなって半チャーハンセットがあったのでそれでお願いした。

なお芳葉麺の他にも、のりつけ麺なる250円の廉価メニューも用意されていて、オーダーしたセットメニュー以外にも幾つかあった。また店名はヨシバだが、ラーメンはホーヨーメンと読むのだそう。

その昔先代が鍋を振る頃こちらで修行した店主が営業する中華店が今もJR市川駅周辺で頑張っているそうで、それならば近々そちらにも訪れてみたいところだ。

前回店頭で見たカボチャはそれでなく冬瓜だそう。来週辺りに利用する予定らしい。程なく到着。

なるほど芳葉麺とは、玉子とワカメと刻んだチンゲン菜を具にした、ピリ辛醤油味のアンカケをたっぷり中太麺に掛けたスタイルのもの。

口にすればなかなかの味わいだった。てっきり瀞みのないラーメンスープも入っているのかと思えば、先述したアンカケと多めの中太麺のみ。なんともあえそば風なスタイルが斬新と言えた。

それだけにこれは2代目店主が最近考案した創作ラーメンだろうと思って確認すると、これがなんとかなり前に先代が賄いをヒントにして作り上げたオリジナルラーメンなのだそう。

それをお聞きした時思わず親子鷹のこちらなのだと理解出来た。きっと先代も素晴らしいラーメンを提供して来たことだろう。2代目のラーメンがそれを証明している。

それにしてもこの芳葉麺も旨いし、チャーハンがまた唸るほど良かった。しば漬けが添えられていたが相性がとても良かった。残ったアンカケをチャーハンに少し入れて食したがこれまた素敵だった。

気がつけば完食。前回キムチが突き出し的に付いて来たが、今回は野菜の煮物でこれがまた実に良かった。これだけ食べて650円は、あり得ないほどお得と言えた。

いや、今回もまたとんでもなくかなり素敵で、果てなくとっても美味かった。

(左フォト) 芳葉麺/セット半チャーハン&突き出し(野菜の煮物) (2012.12.15)





青空が広がる空から目映い陽射しが初冬の街角に注がれていた、12月前半の週明け日曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、風も出ていて冷え込むそんな午後七時過ぎだった。

正直に言ってこちらへ入店するきっかけは、その周辺に在る日本蕎麦店でラーメンを提供している情報をネットで見つけたからだった。

駄目なら周辺の中華店へ流れようと考え、仕事帰りまたJR幕張駅で途中下車。何気なく南口側の階段を降りると、前方にクリスマスイルミネーションが煌びやかに輝いていた。近づくとこれが幕張駅第4自転車駐車場の建物だった。

そしてそこから少し歩いた場所の日本蕎麦店の店舗の前に立った。しかしシャッターが閉まっており、それが早終いのようには見えず、休業中か閉店してしまった風な感じだった。

ともあれ幾つかの中華店の中で路地裏で営業しているこちらが気になるところとなっていて、そのまま幕張銀座通りの中にあるそんなこちらの店頭へやって来た。中華店にしては、なかなか独特な佇まいを持つこちらだった。

入口にテーブルが置かれていて、そこには大きいカボチャが何故か置いてあった。そしてそこには店主がファンなのだろう、千葉ロッテマリーンズのフラッグもあった。また毎月5・15・25日は、600円の芳葉めんが半額の300円だそうで、5の付く日は芳葉にGO!!と言うことらしい。

さっそく入店すると先客がお一人に、女将さんらしき方が厨房におられた。まもなく女将さんの息子さんらしき方が奥から出て来られ、先代からバトンタッチして営業しておられる二代目店主のようだった。

出没!アド街ック天国で今春の幕張特集の中で紹介されたこちららしく、その番組の中で看板メニューとして富士山チャーハンが取り上げられたそう。これは炒めたチャーハンを盛って、富士山の山頂の噴火口に見立てた窪みに、八宝菜や鶏唐ケチャップ煮やレバニラいため等のどれかを入れて一律900円で提供するものだそう。

おすす麺とある豚しゃぶミルクタンメンや、きまぐれ丼飯チャーハンのぶったま丼と気になるメニュー目白押しのなか、セットメニューの中の「ラーメンとチャーシュー丼」800円を選んでお願いした。

32年前に創業したこちらだそうで、すると昭和55年から営業しているようだ。さりげなく京成踏切りそばの日本蕎麦店についてお尋ねすると、しばらく前に閉店してしまったことを教えてくれた。程なく到着。

やって来たラーメンを見て驚いた。チャーシューは低温調理したレアチャーシューで、具と具の間から見える中華麺が何と太いことか。それではと行かせて貰えば、生姜の風情もいいあっさり醤油の素晴らしく美味しい中華そば。メンマやワカメにモヤシの具材もたっぷりと入っていた。

太麺のコシと喉越しも実に良く、チャーシューがやはり途轍もなく美味かった。チャーシューのうま煮炒めのような具が乗るチャーシュー丼に、自家製キムチもまたかなり良かった。

気がつけば完食。芳葉と言うと首都圏の幾つかの街で見られるそんな中華店の店名のようだ。いや、こちらもまた通いたくなるほど、とんでもなくかなり素敵に美味かった。

(左フォト) ラーメン/セットチャーシュー丼 (2012.12.09)


JR幕張駅南口から歩いて徒歩およそ4分。


幕張駅第4自転車駐車場のクリスマスイルミネーション。


幕張銀座通り商栄会の店舗案内。


2代目店主が腕を奮うこちらで様々なメニューがあった。

イチオシメニューは、富士山チャーハン900円スープ付。

創作ラーメンも提供するこちらである。