九州筑豊ラーメン山小屋 千葉・新習志野





冷たい雨が朝からそぼ降る世間はクリスマス3連休らしい、そろそろ年賀状に手をつけねばと思い始めた、そんな師走の季節が加速して行く12月下旬の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば夕方前後には雨は上がったようで、しかし蒸気圧が低い所為かアスファルトは濡れたままの午後七時過ぎだった。

幾度か目にしたトンコツラーメンチェーン店のワイエスフード株式会社が手掛ける筑豊ラーメン山小屋が、JR京葉線新習志野駅前にあるメルクスの2階で営業していることに先日ふと気がついた。

かなり昔に津田沼辺りで営業していた錯覚を以前持っていて、あれは何だったのだろうとその店名を見る度にそう思うこちらだった。そんなわけで気になるところとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。

と言うことでまた千葉モノレールとJR京葉線を利用して、新習志野駅南口に降り立った。

正面にミスターマックスがあり、その左手にスーパーメルクスがある建物で、総称してハイパーモールメルクス新習志野とした商業施設のようだった。

その左寄りに屋外エスカレーターが設けられていたので、それを利用して2階へと上がって行った。さて何処かと奥へ進めば、屋外カフェテリアの丸テーブルの向こうに営業しているのを見つけた。

さっそく入店すると券売機のないこちらで、左手にテーブル席、右手にカウンター席がそれぞれ奥まで続いていた。店内にはトンコツ臭が立ち込めており、俄然その気になる雰囲気が良かった。

単身客であることを告げるとカウンター席へ促されて、テーブル席にはそこそこの先客が居たもののカウンター席には誰一人いなかった。

そこで厨房に老練そうな方を見つけて、その傍のカウンター席にさりげなく腰を下ろした。

メニューを広げてそこから昭和(むかし)ラーメンなる提供メニューと、ギョウザ一人前もオーダー。昔からトンコツラーメン店だけに、これももちろんトンコツラーメンだった。

昭和45年6月にラーメンセンター山小屋として、福岡県香春町で産声を上げたこちらのようだ。一時は直営店FC店含めて150店舗に及んだ時期もあったよう。

現在はそれでも国内に110店舗が営業しているらしい。

清澄白河店に続く関東2店舗目の直営店としてオープンした新習志野店だそう。ほぼ丸10年の節目の年となった今年の6月、こちらが独立を果たしてFC店として新たなるステージを迎えたそう。

東陽町の東京イースト店は直営店らしいが、その他の関東の支店である早稲田店・デオシティ新座店・小田原ダイナシティ店、そして君津店もFC店のようだった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、確かにその昔何処かで口にしたような味わいがたまらないもの。

山小屋の絶やされない囲炉裏の火の如く、連綿と継ぎ足されて来た香春本店に在る大釜に入るスープの元種から各支店へ継承された伝統の味がこちらの最大のウリのよう。

そんな元種がある香春本店だが、6年前国道拡張により移転を余儀なくされたことがあったようだ。

麺はオーストラリア産プライムハードを中心に独自ブレンドされたもので、ほど良いコシと喉越しがなるほどと思わせるものが在った。タレがついて来たギョウザも、なんだか懐かしくなるものと言えた。

替玉が百円で太麺もあるのに気がつき、それを固さ普通で追加注文。これまた素敵だった。

津田沼かその周辺に以前こちらが営業していなかったかお聞きすると、していないそうでやはり錯覚だったようだ。

気がつけば完食。海外進出も果たしているこちらのようで、タイ・マレーシア・中国の地にも九州筑豊ラーメン山小屋があるらしい。いや、なかなか素敵で、実にとても良かった。

(左フォト) 昭和(むかし)ラーメン/ギョウザ/替玉(太麺) (2012.12.22)


 九州筑豊ラーメン山小屋 メルクス新習志野店

 住所:千葉県習志野市茜浜2-1-1ハイパーモールメルクス新習志野2階

 TEL047-455-1411  定休日:なし  営業時間:11:00〜21:00 ※公式サイトはこちら

 アクセス:JR京葉線新習志野駅南口下車。ハイパーモールベルクス新習志野2階にあり。



ハイパーモールベルクス新習志野2階中央やや左にあり。

国内に110店舗を持つチェーン店の最近独立したFC店。

テーブル席とカウンター席があるメルクス新習志野店。