博多豚骨わ蔵 千葉・船橋 ※閉店





曇り気味の空が陽射しを隠して、セミがブーイングしているように鳴いている気がした、そんな8月半ばの世間はお盆休みに突入している週明けの日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、また穏やかな午後8時近くだった。時に先日は久々に船橋ラーメン横丁を訪れた。

そう言えば未訪問店が二つあることに当然ながら気がつかされた。そんなわけでその時に気になってしまった、こちらへまず先に訪問することにした。

仕事帰り総武線快速電車を船橋で途中下車。シャポー側の改札を抜けてそのまま奥へ直進すればラーメン横丁だ。

その一番手前の左側にあるこちらで、奥寄りにあった券売機に立ち伝承らーめんをまず選んで、豚ちゃんカレー小なるの手頃な金額のサイドメニューに思わずそのボタンも連打した。

ラーメン横丁の通路に面した場所にカウンター席があって、まるで屋台のようなシチュエーションだなと思ってそこに腰掛けると、店舗左半分は壁の奥に席がある様子のこちらであった。

チケットを手渡しながら麺カタメでお願いする。板橋が本店かお聞きするとその通りだそう。それならと主要店舗が紹介されている、常連カードなるものを手渡してくれた。

それを手にして見ると入店時にそれを提示すれば、味付玉子か海苔または替玉が一つだけ無料になるらしい。またさらに10杯食べて1杯無料になるカードも兼ねているようだ。

こうしてラーメン店を訪れていると、このようにトッピング無料サービスを行うラーメン店とたまに出会うが、近年そうした傾向は日増しに増えている気がする。

板橋に本店があるこちらで、中目黒や歌舞伎町に神田にも支店があるようだ。また池袋に博多奴なる関連店もあるらしい。この船橋店は昨年9月3日にオープンしたようだ。

昭和29年博多中洲伝承の本格豚骨拉麺で、100時間炊いて仕込んだスープを博多でお馴染みの極細麺で愉しむラーメンと言うことらしい。

お台場らーめん国技館第二期優勝店で、1日来客数も1位でなんと1008人の実績を持つ有限会社ミューが手掛けるこちらだそう。

過去には国内に点在するラーメン店集合施設の幾つかに出店したこともあったそう。程なく到着。

ビジュアルは豚バラロールチャーシューが多めに乗って、背脂の浮くこってりした風合いの豚骨スープに極細麺が泳いでいた。

それではと行かせて貰えば、瀞みのあるなかなかいい感じのスープで、麺も博多らしい風情がしっかりとあって好きになれた。

豚ちゃんカレーも小盛りながら比較的多めで、食感のいい豚肉がしっかりと入っており、辛口加減も適度で美味しいものだった。

そもそも九州豚骨ラーメン店のサイドメニューとして、このような和風カレーライスを提供すると言う発想自体がいいと思う。

気がつけば完食。常連カードを貰えば替玉か味玉が無料で、この味わいならば素敵と言えたこちらの伝承らーめんと豚ちゃんカレー小だった。いや、なかなか良かった。

(左フォト) 伝承らーめん/豚ちゃんカレー小/店頭外観 (2012.08.12)


 博多豚骨 わ蔵 WAKURA 船橋店

 住所:船橋市本町7-1-1シャポー船橋1F 船橋ラーメン横丁内  TEL047-425-2286

 定休日:不定休 ※シャポー船橋に準ずる  営業時間:11:00〜23:00

 アクセス:JR総武線船橋駅下車。シャポー側改札口を出て、奥に進んで行った場所にある
       船橋ラーメン横丁内の一番手前の左側にあり。