らぁめん わかば 千葉・柏
※京成大久保に移転





今日は午後から松戸駅周辺に所用があったが、その前に昨日購入したラーメンマップ千葉4から、こちらが気になる所となり出掛けて見る事にした、十二月後半クリスマス当日の快晴の金曜日だった。

しばらく前に二度ほど新横浜ラーメン博物館へ訪問した私だが、その内また行ってみたい所だったりする。そんなラー博へ初めて行った事をふと思い出し、そんな修業先から今日の訪問先はこちらとなった次第であった。

店頭には正午頃に到着。場所はJR柏駅西口から国道6号を越えた住宅街の一角にあった。冬の陽射しが目一杯降り注いでいて、数台の乗用車が店先を行き交っていた。

先客の方がケータイで会話されている横を通り過ぎて入店。店主一人が厨房におられ、そんな店主の前のカウンター席に腰掛け、メニューから辛味噌らーめんを選び、トッピングで味玉もお願いした。

幾つかの世間話しを投げ掛けると、それに乗ってくれて色々とお話しをお聞きする事が出来た。まもなくすると、先客が電話が終わったようで店頭の寒空から戻って来た。

札幌に行って今は閉店してしまった、狸小路にあった「火の鳥」にまず3年ほどおられたそう。その後でラー博にも出店して首都圏にも名前が広まった、味噌ラーメンの名店「けやき」へ転職されたらしい。

その後しばらくしてからラーメン博物館の支店に、地元がこちらと言う事もあってか行かれたそう。そちらのラー博支店が閉店する前に、やはりそこも札幌とその支店合わせて3年近くおられてから辞め、そしてこちらをオープンさせたそう。

ふと直ぐ近くにあった手洗い所の流し器具を見ると、これがラーメンドンブリらしき形状をしており、その事を言うと居抜きの店舗を借りて、初めからそうなっていたそうで、店主のこだわりから来たものでは無いそう。

味噌ラーメン専門店として営業して来たこちらだが、今年になってから醤油ラーメンと塩ラーメンも始めたらしい。程なく到着。

おお、札幌味噌のラーメンは、それ程知らない私ゆえに素直に白髪ネギだけで、けやきとオーバーラップするそのビジュアル性だった。何れにしてもこれはかなり美味しそうだ。胡麻ラー油の香りがふわりと来て、余計に食欲が湧いたラーメンでもあった。

それではと行かせて貰えばいやいやいやいや、これはかなりいいぞと、箸を持つ手が加速して行った。それはもうもう、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

なかなかのセンスがある店主で、この味噌ラーメンはかなり美味しいもの。熟成させた感がある中太ちぢれ麺は、特注する事なく周辺にある製麺所の麺を利用しているそうで、まずこの麺の茹で方といい扱い方といい申し分ないものであった。

そして出汁スープのうま味が絶妙なら調味料配分もいい感じで、それが味玉の美味しさにも良く出ていた。そうした意味でなかなか吸引力のあるラーメンと言えた。当然の如く気が付けば完食だった。

白髪ネギは同じだが「けやき」の味噌とはどこか違う所があり、「火の鳥」はよく知らないが何処かにその因子が息づいているのかも知れない。

かなり良かった感想をお伝えすると喜んで頂けたが、このご時勢もあってかお客さんは逆に減少気味だそうで、そんな現在の立地性もあって近い将来移転も考えているそう。

それにしてもこのラーメンは、かなり美味しな辛味噌らーめんであった。いやいやいやいや、とってもとっても良かった。

(左フォト)  辛味噌らーめん+味玉/メニュー/店舗外観 (2009.12.25)


 らぁめん わかば

 住所:千葉県柏市明原1-11-9  TEL04-7145-8550  営業時間:11:00〜14:00/18:00〜24:00

 定休日:水曜日※柏レイソルホームゲーム日は昼夜どちらか営業

 アクセス:JR柏駅西口下車。ロータリーから左斜め前方に伸びるあさひ通りを進んで行き国道6号
       に出る。そこにある歩道橋で向こう側へ行き階段を降りた場所にある左路地を入って行き
       信号交差点の右手前にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP