らーめん トウマ 千葉・幕張本郷





梅雨入りした空から予報通りのまとまった雨が降り出して、やや気温も下がって若干だけ寒かった6月も中旬の火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、降り止まない冷たい雨が夜風を呼んでいた、今夜もまた傘が手放せないそんな午後8時近くだった。

幕張本郷駅周辺にもラーメン店があるとして、調べている内にこちらが気になるところとなった。なにしろその名前は以前秋葉原にあったラーメン店と同じと読み方で、しかもオススメの味噌ラーメンの味噌ダレは北海道産なのだそう。

そんな共通する点があるだけに何かしら関係があるのか、こちらの店主にお聞きして見るのもまた多少の縁として仕事帰り立ち寄って見ることにした。

そんなわけで総武線緩行電車を幕張本郷駅で途中下車。改札口前方の陸橋道路を左手へ進んだ。

下を見下ろすとそこはその昔国鉄幕張電車区と名付けられた車両基地で、それだけに長い陸橋は向こう側に到達するまで結構の時間を要した。

途中にあった階段を降りて行き、少し歩くと、抹茶色した看板もあって風情のいいこちらの店頭へ到着した。さっそく入店すると左手に券売機が設けられていたのが見えた。

その前に立って予定通りコテみそラーメンを選んで、60円とあった丸得1.5玉麺増しのボタンを連打した。先客が帰ったばかりで客のいない店内だったが、チケットを買っている内に後続客が続いた。

コテみそは背脂でこってりさせているかお聞きして見るとその通りだそう。そうした事を確認したものだから調整しますか?と来たので、通常通りの背脂の投入で構わないことを補足した。

カウンター席がある店内だが厨房は奥まった場所にあり、老練そうな店主がそこから客スペースの様子を伺っていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、これがなかなかの美味しい味わい。背脂はミンチ状のようになっているのかと思えば然に非ずで溶け込んでラードのようになっていた。

作り込みがいい分粗雑さが皆無の味噌ラーメンであり、その分実に味わいの奥行き感が見られたそんな美味しさと言えた。

搬出係の方を介して創業してどの位経つか確認させて貰うと、もう20年も経っているこちらだそう。すると平成4年頃に営業を開始したところだろう。

冬馬のラーメンとはチャーシューの具合が少しだけ似ていたが、それ以外何一つ共通点が感じられなかった。お聞きして見たがそこと全く関係のないこちらだと奥の店主が教えてくれた。

奥から出て来られない店主だけに世間話しが出来なかったので確認していないが、それならば店名は旭川に程近い当麻町の町名から来ているのかも知れない。

マヨネーズ丼なるサブメニューが名物のこちららしく、細切れチャーシューにマヨネーズがたっぷりと乗って錦糸卵が掛けられたものだそうだが今回売切れでそれを口にすることは出来なかった。

気がつけば完食。いや、麺も素敵でなかなか美味しい、コッテリ感も風情が良かった、そんなコテみそラーメン丸得1.5玉増しであった。


(左フォト) コテみそラーメン丸得1.5玉増し/店舗外観/幕張車両センター (2012.06.12)


 らーめん トウマ

 住所:千葉県千葉市花見川区幕張本郷6-25-18  TEL043-274-7040  定休日:水曜日

 営業時間:平日11:00〜14:30/18:00〜24:00◆土曜11:00〜24:00◆日祝11:00〜22:00

 アクセス:JR総武線幕張本郷駅下車。改札口前方の幕張本郷4〜7丁目・花咲方面出口に出て
       陸橋を左手へ進んで行く。幕張車両センターを越えた頃にある左手の階段を降りる。
       そのまま正面前方へ50m歩いた左側にあり。



  2012.06.12 この道を進んで幕張車両センターを越えてこちらへ行こう。   2012.06.12 醤油・しお・味噌と豊富なメニュー内容。



喜劇らーめん食べ歩きTOP