タンメン 照 千葉・稲毛





夏の表層が俄かに下降線を辿って行くような感覚を感じながらも、まだ夏らしい陽射しが街に注いでいた9月前半の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、気温は高くないものの、まとわりつく湿度が気になる程高かったそんな午後8時近くだった。

時に最近JR稲毛駅周辺に、また新店がオープンしたらしい。どうやら残念ながら閉店してしまった、中華そば栄家さんの居抜き店舗を利用されたお店のようだ。

しかもそちらは少し前まで千葉市内で営業していた、麺屋猪八戒だったお店が移転を機にリニューアルしてオープンしたラーメン店だそう。

今回店名も新たにタンメン照として、タンメンをウリにしたラーメン店となったよう。

そんなわけで気になるところとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。と言うことで稲毛で途中下車して、何度となく歩いた通りを進んで行きその店頭へやって来た。

今月1日にオープンしたばかりらしく、店先には大きい花輪が立て掛けてあった。さっそく入店すると、たまたまだろう先客の居ない店内が広がっていた。

すぐ右手に券売機があり、見ると醤油ラーメンもあるこちらだったが、やはりここはタンメンだろうとなって、野菜タンメン・鶏照り焼き丼セット850円と言うのがあったので思わずそれを選んだ。

カウンター席の中ほどでチケットを店主に手渡しながら腰を下ろした。ネットで知って来たことを告げると、たいそう喜んでくれた店主だった。

大変お話し好きな店主で、世間話しが咲きに咲き乱れた店内となった。実家が蘇我周辺にある大照と言う名前の中華店だそう。

猪八戒だった場所は近い内に本店が新松戸にある、某麺屋こうじ系店舗がオープンする予定だそう。中華なべの振り方がなるほどと言えた。程なく到着。

近年トナリ@東陽町を発端にした豚骨白湯(パイタン)スープのタンメンが流行っている。こちらもやはりそうした予測通りの白湯スープだった。

それではと行かせて貰えば、その白湯スープは瀞みも豊かな風合いで、中細ながらコシの強い多加水麺の持ち味がまた良かった。

東から西のあらゆる製麺所の麺から選んだものだそうで、多加水に今回こだわったらしくその製麺所は菅野製麺となったのだそう。クール宅急便で午前中に届くようにしているそう。

豚骨だけかと思いきや鶏も使った白湯スープらしく、その瀞みはモミジと豚足によるものだと教えてくれた。炒めた野菜には椎茸が入っており、その個性がまたこのタンメンを昇華させていた。

さらに体調改善に役立つ効能が認められているジンジャーフレーバーも投入しているそう。鶏照り焼き丼もかなり美味しかった。

閉店した後で午前0時までスープを仕込んでから帰宅し、朝は午前7時には店に入ってスープを仕上げる日々だそうでそのこだわりは半端ではないもの。是非ともご自愛くださいと言いたくなった。

気が付けば完食。いや、かなり実にとんでもなく良かった、感動級の美味しいタンメンと言えた。

(左フォト) 野菜タンメン/セット鶏照り焼き丼/店頭外観 (2012.09.08)


 タンメン 照 (ショウ)

 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台7-26-1坂通スリービル103

 定休日:月曜日  営業時間:11:30〜15:00(14:45LO)/18:00〜21:15(21:00LO)

 アクセス:JR総武線稲毛駅東口下車。ロータリー左手にある稲毛ヤングボウル裏手の稲毛駅東側
       交差点から小仲台坂通り(市道幕張町弁天町線)を新検見川駅方面へ350m程進んで
       行った右側にあり。徒歩およそ5分。