ラーメン 太陽 千葉・西千葉





曇り気味の空ながら晴れ間となる予報も出ていた、桜は半分以上が花びらを落として葉桜の様相を呈して来た4月も後半の火曜日。

そんな今日も仕事が終わって外に出れば、予想だにしなかった雨がそぼ降る比較的寒い午後8時近くだった。

昨日は京成線みどり台駅周辺の某店を訪れて、帰りはJR西千葉駅まで歩いて総武線電車に揺られて帰途についた。

そんな京成駅からJR駅の途中に、かなり前から気がついていた一軒のラーメン店の前を通り過ぎた。それがこちらで、それは何気なくネットで調べて驚いた。

某千葉ラーメン人気ブログによれば、なんとかなり前から西千葉周辺で勝浦タンタンメンを提供していて、しかも勝浦でタンタンメンを提供する最古参店の姉妹店となるお店らしい。

即座に気になるところとなって、雨が滴り落ちる中さっそく立ち寄ることにした。そんなわけで千葉駅から一駅だけ総武線電車に乗車して店頭へやって来た。

入店すると雨もあってか先客が一人だけのさみしいフロアながら、店主ご夫妻の明るいご挨拶に迎えられた。

勝浦のタンタンメンが楽しめると知って来たことを告げると、さらに喜んで出迎えてくれた。メニューを広げて、そこからその勝浦式タンタンメンと焼肉丼のセットメニューをお願いした。

勝浦の最古参店とは昭和40年創業の精肉店も併営する「ファミリーレストランこだま」と言うお店で、そこの女将さんの実妹がこちらの女将さんなのだそう。姉妹店?と思ったが、なるほど姉妹店だ。

勝浦式タンタンメン元祖のお店と言えば訪れたこともある「江ざわ」だが、一度閉店しておりそれで「ファミリーレストランこだま」が最古参店になるのだそう。

こちらはもう少し住宅街寄りの場所で、昭和59年から営業を始めたのだそう。当初は定食屋だったが、数年後に勝浦式タンタンメン提供する店となったそうだ。

平成17年に諸般の事情の末に、こちらの駅寄りの場所へ移転して来たらしい。店頭には珍来製麺所の麺箱があった。程なく到着。

一見すると醤油の色が薄いことが判る勝浦式タンタンメン。地元の勝浦だと醤油の塩気が強いので、そうしたところをマイルドにして若干都会仕様に変えているのだそう。

それではと行かせて貰えば、その薄口の醤油感ながらラー油と七味による辛味と、強い魚介感が実にタマらない美味しさ。

煮込まれたザク切りのタマネギに、白髪ネギ風の白ネギが夫々入ってこれがまた実に良かった。珍来製麺所の中太麺も程よいコシと口あたりがなかなか。

焼肉丼の肉は牛肉で、付け合わせで来たモヤシ惣菜をそこに入れて愉しんだ。白胡麻が振られていてその甘辛に煮つけられた牛肉がとても美味しかった。

営業時間を確認させて貰うと閉店時間は午後九時で合っているが、ラストオーダーは30分前だそうでなるほどいつの間にか店先の照明が消されていた。

気がつけば完食。生姜が多めに入っている感じで、魚介は鯖節を利かしたものだそう。精算時には辛さから汗がかなり噴き出していた。いや、かなり素敵な風情のいい、美味し勝タンと焼肉丼だった。

(左フォト) 勝浦式タンタンメン/セット焼肉丼&付け合わせ/店頭外観 (2012.04.17)


 ラーメン 太陽 (タイヨウ)

 住所:千葉県千葉市稲毛区緑町1-26-3 

 定休日:日曜日  営業時間:11:00〜14:30/17:00〜21:00(20:30LO)

 アクセス:JR総武線西千葉駅南口下車。南口ロータリー右奥の道を進んで行き、大通りに出る直前
       の右側にあり。



  2012.04.17 夜のJR西千葉駅南口ロータリー。   2012.04.17 壁にあったメニューとインフォメーション。



喜劇らーめん食べ歩きTOP