ラーメン 鈴屋 千葉・竹岡





10月に入ったものの台風の影響の所為なのか、湿度が高くややまた暑さが戻って来た感あるそんな上旬の休日火曜日だった。

本日は久々に嫁さんをドライブに誘い出掛けることにした。さて何処に行くかとなってまずラーメン店の行き先をこちらに決め、周囲を調べるとマザー牧場があったのでそこへ観光することにした。

その逆で選ぶのが普通と言われそうだが、そんなわけで早速レンタカーを借りていざ出発。

ETCにカードをセットしつつFMラジオをベイエフエムに合わせ、かくて市川インターチェンジから高速道路に入りクルマを加速させて行った。

途中幕張サービスエリアに進入し、タリーズコーヒーでモーニングコーヒーして、しばしまったり。クルマに戻りカーナビにこちらの電話番号を入力すると、直ぐにこちらの場所が特定された。

そこを出てクルマをさらに進める。平日だけにスムーズな京葉道路。蘇我インターチェンジを越えれば、そこは館山自動車道だ。

強い陽射しが注いだかと思えば、雨が降り出したり不安定な天候だったが、こちらに到着すると曇り空ながら雨が落ちる心配もないそんな周辺だった。

ふと見ると店名看板に「聖泉」と言う文字があり何かと思えば、地元にある和蔵酒造の清酒の名前でいわゆるところの広告であった

ほぼ正午近くで駐車場がほぼ満員だったが、うまく空きスペースを見つけてレンタカーをそこに停めた。さっそく入店すると、ちょうど搬出口前に並んで座れる場所を見つけてそこへ着席。

振り返って壁面のメニューを見ながら、私はチャーシューメンを選んで、嫁さんはラーメンを選んだ。後続客が続いて、さらに活況を呈する店内。

竹岡ラーメンと言えば程近くにある昭和29年創業の梅乃家さんだが、こちらの創業の方が早いらしい。

そう言えば今日は火曜日だけにそちらが定休日で、その分こちらが忙しいようだ。お店の方もかなり大変そう。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、これが実に素敵な味わいの竹岡ラーメン。こちらも地元の宮醤油店の醤油が使用されているようだ。

またヤクミとも称される梅乃家の玉ネギに対して、こちらは小口切りの一般的な白ネギがたっぷりと入っており、チャーシューは肉厚で梅乃家に負けない美味しさだった。

向こうが乾麺に対してこちらの麺は中細の生麺。スープはやはりチャーシューの煮汁を使用してダシをとってないらしいが、ふくよかな旨みが酸味のある醤油の奥から感じることが出来た。気がつけば完食。

その後予定どおりクルマならこちらからそう遠くない、今年で50周年を迎えたマザー牧場へ行って園内を周遊して休日のひとときを嫁さんと二人で楽しんだ。

TVコマーシャルでお馴染みのアルパカも居たし、世界のヒツジを一堂に集めたショー等を見ることが出来た。園内には高さ30メートルの観覧車や、バンジージャンプを楽しめる飛び込み台があったりする。

いや、かなり素敵で実にとてもなかなか美味しい、チャーシューがまた感動出来る程のそんなこちらのラーメンであった。

(左フォト) チャーシューメン/ラーメン/店舗外観 (2012.10.02)


 ラーメン 鈴屋 (スズヤ)

 住所:千葉県富津市竹岡92  TEL0439-67-8207

 定休日:木・金曜日  営業時間:10:00〜15:00 ※麺がなくなり次第終了

 アクセス:JR内房線上総湊駅下車。天羽日東バス高島別荘行きに乗車し大柵バス停前にあり。
       国道127号沿い山側。店の敷地以外の海側にも駐車場あり。



今年で50周年を迎えるマザー牧場の山の上ゲート。


園内には高さ30メートルの観覧車もある。


アグロドームで催される「牧羊犬とまきばの仲間たち」


19種類の羊たちによる「シープショー」


南アメリカ大陸原産のアルパカも見ることが出来る。


遊覧トラクターで園内ツアーを楽しむことも。


園内いたるところでソフトクリームを販売している。

わくわくランドからまきばエリアを望む。

200円で乗車できるわんわんバス。