八幡神社前 三久庵 千葉・本八幡





昔から当サイトをご訪問頂いている方から、自宅周辺の蕎麦屋でラーメンも提供しているお店を何軒かメールで教えて頂き、まずはJR船橋法典駅周辺の蕎麦屋を訪れた。

その後市川市内の某店へ移動したものの、残念ながら休業中で入店することが出来なかった。そんなわけでもう一店のその方も奨められた、こちらへさらに移動してその店頭へやって来た。

国道14号沿いに位置するこちらで、その先には二棟の超高層マンションがそびえていた。その周辺は今月17日に京成電鉄本社が移転を完了する予定だ。

市川市役所が直ぐ近くにあり、葛飾八幡宮参道入口の目の前であり、八幡の薮知らずと名がつく竹林の隣りに位置するこちらで、その先に在る郵便局へ訪れるため何度もその店頭を横切っている。

それだけにサンプルショーケースにラーメンがあるのを見て、幾度となくその内に入ろうと思っていた蕎麦屋で今回いい機会とばかりに入店することにした。

こうして店頭に立つと、まず三久庵と言う店名が店先に表記されていないことに気づかされる。あるのは紺色の暖簾に染め抜かれた、平仮名のそばの文字だけだった。

ちなみに葛飾八幡宮は寛平年間(889〜898年)に創建された神社で、宇多天皇の勅命により京都石清水八幡宮を勧請して建立したとされている。

境内には国指定天然記念物で推定樹齢1200年になる千本イチョウを見ることが出来る。

また八幡の藪知らずは通称で不知八幡森(シラズヤワタノモリ)とされる場所で、その間口は18mほどながら古くから禁足地として知られそれは現在でも変わらない。

さっそく入店すると何とも歴史を感じる佇まいで、比較的広い店内が広がっていた。数人の先客がせいろを前にして蕎麦をすすっていた。

奥寄りのテーブル席に腰掛けて、メニューからラーメンをお願いする。ラーメン類は、後は冷やし中華くらいなものだった。

目の前には作り付けの木製の棚があり、その木のくすみ具合いから見て五十年以上営業しているように感じられた。

入店前にネットでこちらの店名を調べて見ると、市川駅近くの三本松前と江戸川近くの千葉街道市川広小路交差点傍にも同じ店名がありおそらく関連店なのだろう。

三本松前が本家なのか、創業85年の歴史があるらしい。と言うことは昭和初期に開業した三久庵のようだ。ふと見ると大きい伊勢海老が額に入って飾られていた。程なく到着。

先程の蕎麦屋のラーメンは濃い醤油色のラーメンだったが、一転してこちらは薄い塩ラーメンのようにも見える中華そば。

それではと行かせて貰えば、こちらもまたなかなか実に素敵なもの。先程のラーメンがワイルドなら、こちらはしみじみとした優しい際立ちがたまらないもの。

教えて頂いた方は、特にこちらを頻繁に訪れているいわゆる常連さんのようで、豚骨と鶏ガラのスープであることなどが綴られていたが、それらが野菜の複雑な美味みと共に冴えたバランスとなっていた。

茎の部分だけの青菜にメンマとナルトとチャーシューが具材として入るラーメンで、こちらもチャーシューの美味さが良かった。

気がつけば完食。前店と甲乙付け難しなほどどちらも良かった。いや、かなりとんでもなく果てなく実になかなかとても素晴らしかった。

余談ですが本日調べて見ると、紹介店軒数が2000軒を越えていました。ともあれ一つの通過点で、さらにレポートは続きます。

(左フォト) ラーメン/葛飾八幡宮参道入口/店舗周辺 (2013.09.06)


 八幡神社前 三久庵 (サンキュウアン)

 住所:千葉県市川市八幡2-7-22  TEL047-334-4965

 定休日:土曜日・日曜日・祝日  営業時間:11:00〜17:00 ※食材切れ早終いあり

 アクセス:



国道14号沿いにあるこちらで、本八幡駅からほど近い。

サンプルショーケースにラーメンもあり気になっていた。

すぐ隣りには八幡の藪知らずなる禁足地がある。