ラーメンショップ 千葉・流山前ヶ崎





27歳の頃に初めて転職して、秋葉原家電量販店へ勤めるようになった。どんな家電商品フロアーでも頑張るぞと意気こんで辞令を受ければ、外営業の外商部に配属された私であった。

運転免許を持ってないなら取得するよう促され、時間をやるから所得費用は自己負担と言われ、1時間オーバー程度で速やかに取得したものだった。

そんな自動車運転免許証も昔は裏に色々記入された時代を経たが、今ではたまにレンタカーを利用する程度もあってずっとゴールドの五年更新のままで、またその年となって千葉県公安委員会からそれを知らせるハガキが先日やって来た。

昔は幕張までわざわざ出掛けたものだが、現在では流山市内にも免許センターがあり、前回出来たばかりのそちらに行って免許の更新をしていた。そんなわけでそうした手続きにまた、同じ流山運転免許センターを訪れる事にした一月下旬の金曜日であった。

現在マイカーが無いだけに、電車とバスを利用して向かった。南流山駅や南柏駅からも路線バスが発着しているが1時間に1本前後程度で、柏駅西口からは頻繁のようだったが五年ぶりに記憶も曖昧で出掛けてしまい、結果的に南柏駅から1160円を使ってタクシーで到着した。

腕時計を見ると午前11時45分。受付で用紙を貰って記入し印紙を購入。次回手続き開始は午後1時からとの事で、そう言えばそうだったと昼食を済ませて丁度いい時間かと待つ事にした。

免許センターの二階には、さくら亭なるラーメンのメニューも並ぶ総合食堂があった。二階に上がる階段にも足を掛けたが、しかしどうも気乗りしなかった。

そんな折りに敷地外のふと周囲を見渡せば、なんとラーメンショップの赤看板を見つけた。それがこちらで打ってつけの存在に、迷う事なく店頭に立った。

すると直ぐ隣りにもラーメンを提供する店があったが、こちらから放たれていた豚骨臭の風下の位置に、やはりこちらと更に引き寄せられた私だった。

店内へ入って行くとまだ出来て数年と言った、清潔な雰囲気の店内が広がっていた。券売機が無い店で、適当な場所を見つけて腰掛け、カウンターにあった自立式メニューを手繰り寄せた。

見ると醤油以外に味噌や塩ラーメンもあったが、やはり醤油かなとそれのネギラーメンに、つい癖でミニネギ丼ぶりとあったサイドメニューもお願いした。たまに見掛ける表記で、ぶりぶり言ったメニューだ。程なく到着。

おお、目の前にズンドウがあったので直ぐ気が付いたが、しっかり白濁したスープでこれは美味そうだった。それではと行かせて貰えばそれはもう、いやいやいやいやいやいや、美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い美味い。

紛れも無い豚骨の香りの風情よろしく、ラショらしいネギの独特さもレベルが高く、これは高評価を付けたいラーメンショップ前ヶ崎店であった。

白髪ネギのように刻まれ、油やタレをまとわせたそのネギは、しなやかな口当たりに噛んだ時の食感もなかなかと言えるものだった。ラショらしいワカメの感じも良かった。

厨房内には○マークの中に「あ」の文字が入っており、ラーメンショップチェーンの証しを示しているもので、その麺は以前から比較するとやや太くコシも上がっていた。

ミニネギ丼ぶりは先述のネギが入ったもので、ラーメンでもネギ入りだけにたっぷりと入っていたが、こちらにもしっかり入っていて肉は入っていないものの、これまた大変に良かった。

麺量もいいこちらだったが、そんな感じだけに、気が付けば完食。免許更新時にお奨めで、美味しラーメンとサイドメニューだった。メニューには、つけ麺や、限定であっさり醤油もあった。

精算を済ませて、免許センターへ戻り、先述の二階食堂で午後カフェ。そして免許更新手続きを済ませて、新しい免許証を受け取った。二年前から千葉県は関東でもいち早く免許がIC化されたらしく暗証番号が必要になっていて、条件欄には中型免許新設に伴い8トン車に限る旨が記載されていた。

免許証もラーメンと同じく、進化していた今日この頃であった。


(左フォト) ネギラーメン/ミニネギ丼ぶり/店頭外観 (2010.01.29)


 ラーメンショップ 前ヶ崎店

 住所:千葉県流山市前ヶ崎326-1  TEL04-7144-7475

 定休日:木曜日(祝日の場合は翌日)  営業時間:10:30〜20:00

 アクセス:JR柏駅西口下車東武バス免許センター行き終点下車。さらに少し前進したT字路運転
       免許センター交差点右手前にあり。南流山駅・南柏駅から、路線バスあるも便数少なし。



喜劇らーめん食べ歩きTOP