中華料理 おぢや 千葉・本八幡





また夏のような陽射しを感じるもののそれで汗ばむこともない、青い空はどこまでも青く澄んでいたともあれ秋薫る九月長月下旬の休日金曜日だった。

午前中は船橋市内の所用で出掛けて正午前にはそれが済んで、遠出するには中途半端な時間にそれなら八幡周辺の未訪問店と既訪問未レポート店へ行くかとなった。

そんなわけで船橋市内から京成電車に乗って鬼越で下車して、以前から気になっていたそんなこちらの店頭へやって来た。

もうずいぶんも前からその存在に気がついていた中華店だったが、普段あまり歩かない路地の途中に在るだけになおざりとなっていた。

京葉道路の市川インターチェンジ北側寄りで営業する中華料理店で、やはりずいぶん前から営業している様子だ。

先日久しぶりに店先の道路を歩いて、そう言えばとなっていたこちらだった。その時は入口のシャッターが半開きで暖簾が掛かって思わずはてさてだった。

実は少し前にその時のこちらのような状態の蕎麦店の店頭に立って、そこで中におられた方にお聞きすると現在は出前営業だけをやっているそうで思わずなるほどとなった。

するとこちらもそんな営業なのかと、意図的に遠回りしてこちらの店先に立つと、今日は普通に暖簾が掛けられて営業していた本日だった。

そんなこんなで訪れて見たいと考えていただけに、それならとなって今回そんなこちらへ入店することにした。ふと見ると中華料理の文字が、店名文字の倍近くあることに気づいた。

ともあれ中へ入ると、周辺のサラリーマンらしきグループ客ご一行様がランチされており、厨房には店主夫妻が新たな入店客を待っているこちらであった。

厨房前のカウンター席の奥寄りに腰掛けて、見上げた場所のメニューからラーメンをお願いすることにした。

店名についてお聞きして見ると、出身地である新潟・小千谷の地名であることを教えてくれた。長岡市の手前にある中越地方に属する地域で、市内には長野をさかのぼると千曲川と名が変わる信濃川が流れている。

市内真間四丁目の市立真間小学校周辺で、1973年の昭和48年頃に開業したこちらだそう。そこでは現店主の奥さんが、現在と同じ店名で妹さんと仕事されておられたそうだ。

今でもその店舗にしていた建物は現存しているそうで、先日久しぶりに訪れてみると八百屋さんが営業していたそうだ。

その当時店主は、まだサラリーマンだったそう。7年間ほどそんな営業を続けた後、1980年の昭和55年頃から店主が脱サラを果たして現在の地に移転して今日に至るこちらだそう。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、魚介際立つなかなかの中華そばと言いたくなる味わいがたまらない素敵な美味しさ。

実に自然にサラリと来る魚介感がとても良かった。中華の看板が掛けられた店では、あまり見掛けないラーメンと言ってよいほど迸る和風の面持ちが素晴らしかった。

麺は中細ちぢれで良き往年の東京醤油ラーメンと言いたくなるものと言えた。煮干しに鰹節も入っている感じで、チャーシューも良かった。

途中で女将さんから冷や奴とカブの浅漬けをサービスして貰ったがこれがまた美味しかった。気がつけば完食。いや、なかなかかなり素敵でとても良かったそんなラーメンであった。

(左フォト) ラーメン/サービス突き出し/店舗外観 (2013.09.27)


 中華料理 おぢや

 住所:千葉県市川市南八幡2-22-16  TEL047-370-7222

 定休日:日曜日  営業時間:11:00〜19:00 ※中休み規定時間なくあり

 アクセス:JR総武線本八幡駅南口下車。下総中山方面に進み、インターチェンジのある大通りを
       右折して市川インター北側交差点手前まで歩いて行き、その手前の右路地を戻るように
       入ってマンションづたいに進んで行き100mほど歩いた右側にあり。



市川インター北側交差点手前のこの路地を入って行く。

ラーメンは一杯が400円のこちらだ。
ご出身地の新潟・小千谷がそのまま店名に。