北海道ラーメン 帯広ロッキー
千葉・木更津長須賀鍛治下





本日はETCカードの有効期限切れ通知ハガキが発端となって、房総半島の中ほどに位置する木更津にやって来た。

せっかくここまでやって来たのだからとなって、もう一軒何処かへ寄って見るかとなった。

そこでレンタカーの車内で決めあぐねていたもう一軒を探している内に、こちらのラーメン店を見つけ思わずここにしようとなった。

帯広ロッキーと言えば東陽町で営業しているまごころ厨房の店主が修業していたラーメン店で、そこへ訪れた頃から機会があれば訪れて見たかったラーメン店の一つだった。

ネットによれば、1972年創業の札幌ラーメン横丁人気ラーメン店ひぐま出身の方が、1986年に帯広郊外の自由ヶ丘温泉で開業したラーメン店のようだ。

創業当時帯広周辺に、2店舗の直営店と3店舗のFC店を展開していたラーメン店だったが、その後1998年頃に新天地を求め千葉・東金に新たな店舗を展開させたらしい。

そして2008年に山武市姫島に総本店を移転させ、現在その支店はこちらの他に千葉・大網と東京・東大泉にもあるようだ。

そんなわけでレンタカーのカーナビの目的地をセットして、一店舗目からそう遠くないこちらへ向かうことにした。途中に偶然にも一度訪れた某店の前を通った。

10分も掛からずに到着。周辺主要道の長浦木更津バイパス沿いで、トンカツ店と同じ敷地の中で営業していた。それもあって広い駐車場があるこちらだった。

レンタカーを敷地駐車場の奥寄りの空いたスペースに停め、店舗を軽くスナップ撮影してから入店。フロアはファミレスとほぼ同じ広さで、以前はそんな建物だったのかも知れない。

厨房前のカウンター席に促されてそこへ腰掛けた。そこかしこに西山ラーメンの文字が躍るこちらだった。2012年4月にオープンしたらしい。

メニューを見てそこからカニみそラーメンが気になりながらも、味噌ラーメンを麺少なめでお願いした。

大抵の味噌ラーメンは炒めたモヤシが入るなどして通常でも量が多くなるもので、連食となるだけにそれを察してそうお願いした次第だった。

そう希望する入店客はそう珍しいことではないだろうが、私の大きい体格を見て少し意外な顔をしていた気がした。

それもあってだろうか、聞き間違いでないか確認の「麺少なめですね」という復唱が返って来て、その後でライス無料の案内もあったがもちろんそれも辞退した。

ふと見るとお手洗いの入口に、怖い顔をしたヒグマが描かれた暖簾が掛かっていた。

そう言えば店舗入口にはコミカルな熊のキャラクターがあり、修業先の店名がひぐまと言う影響があるのかも知れない。程なくして到着。

それではと行かせて貰えば、白味噌ベースで口当たりの良いスープに、多めのモヤシと西山製麺の中太縮れ麺が絡んで来てそれがたまらないもの。

先日味噌が血圧の上昇を抑える効果があることを知ったが、そう知るとイメージが変わるだけにそれが味わいにも影響してさらに実に美味しい味噌ラーメンとなった。

麺少なめもあって、気がつけば完食。いや、かなり絶大にとんでもなく、なかなかとても良かった。

(左フォト) 味噌ラーメン/インフォ/店舗外観 (2014.05.20)


 北海道ラーメン 帯広ロッキー 木更津店

 住所:千葉県木更津市長須賀鍛治下1977-1  TEL0438-22-3838  定休日:年中無休

 営業時間:平日・土曜11:00〜15:00/18:00〜23:00◆日曜11:00〜21:00

 アクセス:JR久留里線祇園駅周辺の長浦木更津バイパス沿いにあり。



北海道・帯広の郊外で、1986年に創業したロッキー。

2012年4月にオープンした木更津店。

麺は北海道西山特製麺使用。

札幌ラーメン横丁ラーメン店ひぐま出身だけにヒグマ。

ディズニーチックなヒグマのキャラクター。

帰りは館山自動車市原SAで、のんびりまったり。