梨の花 千葉・若葉区高品



夜半に降った雷雨がすっかり止んで青空から優しい陽射しが注いで、そよ風がそよいでいた9月半ばの水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、やや湿度の高い午後8時近くだった。

いつの間にか夕暮れが早くなっていて、そんなことに気づかされた今夜で、ふとこちらが浮かんでまた立ち寄ることにした。そんなわけで路線バスを利用して、久々の店頭へやって来た。さっそく入店すると、そこそこに盛況なフロアだった。

メニューリストを手繰り寄せると、新メニューとしてまぜそばが紹介されていた。一玉から二玉まであって、茹で野菜のトッピング100円が一緒に案内されていた。

それにしようかと思っていると「あるときメニュー」として、「炒め野菜の塩湯麺(タンメン)」750円を見つけてこれにするかとなった。炒められた豚バラ肉・キャベツ・もやしが入るらしく、その食材が付記されていた。それを牛スジキャベツごはん300円と共にオーダーする事にした。

何気なく見上げると午後11時から毎日5杯限定らしい、超濃厚どろどろスープとした「ド豚骨塩」がさり気なく壁の上の方に貼られて案内されていた。

また昼間は今月末まで節電のため横浜豚骨と魚介豚骨はお休みだそうで、夜営業でだけ提供しているようだった。程なく到着。なるほど豚バラ肉とキャベツにもやしが炒められたものが、主役と言わんばかりに盛られていた。

先日のタンメンのお店では意図的に肉を利用していなかったが、様々な食材が入っており脱タンメン的な要素を感じるもので、こうして対照的なタンメンを口にして見るのもなかなか面白いものだ。

それではと行かせて貰えば、こちらもなかなかいい感じのタンメン。中華店ならぬラーメン店だが、伝統に重んじられたトラディショナルな味わいが何とも実に素敵と言えるもの。

そしてトロトロの牛スジが入ったサイドメニューが、また切なくなるほどかなり良かった。気がつけば完食。いや、なかなか実に良かった、炒め野菜の塩湯麺と牛スジキャベツごはんだった。

(左フォト) 炒め野菜の塩湯麺/牛スジキャベツごはん (2012.09.12)


 横浜とんこつラーメン支那そば 梨の花  ※公式ブログはこちら。※データ(2012.9.12)情報更新

 住所:千葉県千葉市若葉区高品町1586-5エール高品町1F

 定休日:日曜日  営業時間:11:30〜14:30/18:00〜翌2:00 ※祝日は21:00まで

 アクセス:JR千葉駅東口下車。千葉内陸バス13番乗り場みつわ台車庫行きに乗車。祐光四丁目
       バス停降車して進行方向へ更に進み高品交差点で横断歩道向こう側の歩道に渡り、
       更に直進して行った右側にあり。バス停から徒歩およそ4分。



桜の季節を迎えた首都圏だが昨日の爆弾低気圧の影響なのだろうか、強風も収まって青空から陽射しが注ぐもののそれほど暖かくもなかった4月上旬の水曜日。そんな今日も仕事が終わって外に出れば、日暮れた分だけ冷え込んでいた午後8時近い千葉市内だった。

仕事帰りにこちらへ立ち寄れるならばそれは立ち寄りたくなるもので、それならばと立ち寄ることにした。そんなわけで店頭へ到着すれば、営業中の札と明るい店内に安堵の息をついた。実は月曜日も立ったが何故か臨時休業で、滝涙しながらもリベンジを誓ったものだった。




店内へ入るとカウンター席へ促されて、右寄りの空いていた椅子に腰を下ろした。メニューリストを開いて少し悩んだが、その末に魚介とんこつラーメンを味玉付きでお願いすることにした。

メニューリストには白い用紙も束ねられていて、そんな1枚に「あるときだけの限定メニュー」として「ちょっぴり多め!高菜、ザーサイの半チャーハン」が紹介されていた。

紅孔雀の玉子に、2種の天然塩と8種のスパイスのチャーハンらしい。そう言えば初めて来た時にも触れた紅孔雀の玉子だが、そういう名前の玉子なのだそう。

さすが人気店のこちらで、今夜も盛況な店内となっていた。テレビではバラエティー番組が放送されていた。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、とんこつラーメンらしいとろみが豊かなスープ。魚介感は奇をてらわないシフトだった。

太めの中太麺がその中で個性を造形していて、トータリティからそう思ってしまうのか、不思議とこれぞ梨の花と言いたくなる持ち味を感じた。

チャーシューもいい感じで、桜の花咲く夜に「梨の花」全開のラーメンが堪能できた。紅孔雀の味玉も味わい深いもので、気がつけば完食だった。いや、なかなかとても良かった。

(左フォト) 魚介とんこつラーメン、味玉 (2012.04.04)







本日は千葉市内の病院へ出掛けてまた久々に定期検診がある日。それも問題なく済んで千葉駅へ戻ると正午を過ぎたばかり。暑い陽射しはまだ周辺の街を焦がすような勢いさえあった。

ふっくらとした青空に浮かぶ積乱雲が、まだ夏が続く事を思わせた8月下旬の金曜日だった。

さて今日のラーメンはどうするかとなり、色々なお店が頭の中で交錯して行く。

実は今回検診の関係で昨夜の夕飯以降お水さえ摂取が駄目で、朝食も食べてなかった為なるべく早く昼飯にしたかった。

そんな関係から2店に訪問店が絞られた。そう言えばその2店どちらにでも行ける路線バスが千葉駅から発着している。

そう気がつくと自然にその15番バス乗り場に足が向き、まもなくやって来た四街道駅行きに乗車した。

ニヒルな笑顔が素敵な四街道某店の主が作る、そんなラーメンに後ろ髪を引かれながらも祐光四丁目で降車。かくてこちらの店頭へやって来た。

八街の人気店が移転して来たお店で、移転まもない今年の2月に一度訪れたきりだった。

入り口に営業時間が案内されていて、見ると若干だけ変化が見られた。その他のインフォも眺めつつ店内へ。

平日もあってかそれほど混んではいない状況で、ガラガラだったカウンター席の中程右寄りに腰を降ろして、手元の幾つかのメニューを手に取った。

前回はこちらのデフォルトである横浜とんこつ系だったので、そこから一歩離れたメニューを愉しんで見たいところ。

すると今週の復活メニューと言うのがあった。ネーミングから辛そうなイメージがあった、濃厚パイタンに自家製ラー油が入るらしい悪魔の百湯麺。

さらに吟醸醤油とパイタンから抽出したうま味脂が決め手らしい昭和の屋台風ラーメンの二つだった。

それらのインフォに、さらにまかないから生まれたらしい魚介豚骨つけ麺のインフォもあった。それらでも良かったが、さらなるメニューを見つけた。

それが夏の新メニューと案内されていて、コッテリなのにスッキリ美味しいとも付記されていた背脂魚介の塩ラーメンでそれで行く事にした。

そしてサブメニューも行ってしまおうとなって、生卵をかけて楽しむものらしい、牛スジ九ェ門ごはんなるメニューも一緒にお願いする事にした。

これがなんとアローカナの生卵だそうで、九ェ門と言うのは卵のブランドなのだそう。

店主は昔からそうしているように、いつもいるような定位置に身構えておられ、気合が入った面持ちでラーメンを作っておられた。程なく到着。

なるほど塩スープには、適度な量の背脂が浮いていた。それではと行かせて貰えば、これがなるほどな美味しさ。麺の絶妙な茹で加減は、まさにこれぞ絶妙以外の何者でもないもの。

そんな中細ストレートに絡む、膨よかな美味みの清湯スープがまたたまらなかった。

ホウレン草だと思って口にしていた青菜は、途中で小松菜だと気が付きさりげなく店主に確認すると、ホウレン草より食感がいいとしてそちらにしているそうでその通りだと思った。

チャーシューも素敵で、気がつけばラーメンを完食。

やや青みがかったアローカナの卵を、後から来た牛スジごはんの中に割り入れて食らえば、柔らかく煮込まれた牛スジにトロンとした新鮮な卵の白身と黄身の波状攻撃にしばし至福のひとときが流れた。いや、かなりとっても良かった。

本八幡に到着して買い物を済ませた頃、遠くで雷鳴が聞こえて来て、静かに雨が降り出して来た。蝉が行く夏を加速させていた。春に花を咲かせた梨も、果実を収穫する時期を迎えた。

(左フォト) 背脂魚介の塩ラーメン/牛スジ九ェ門ごはん/店頭外観 (2011.08.26)
  



「陽気地上に発し雪氷とけて雨水となればなり」と記述されるように、雪の季節も終わる頃となる二十四節気雨水の前日らしい、そんな雨そぼ降る二月如月も後半の休日金曜日の午前中だった。

今日はまた千葉市内の病院で定期検診の日で、もちろん今回も問題なくそれも済んでJR千葉駅に戻り、何気なく腕時計を見ればだいたい正午頃だった。雨はとうに止んでいて青空が春を誘っていた。

鶏坊や@鎌ヶ谷で修行した方が2007年10月八街にオープンさせた人気店のこちらで、今年の1月12日から千葉市内に移転して営業を始めたとして気になっていた。

実は移転前に周辺のラーメン店へ訪問した際、観光を兼ねて車を走らせた時こちらの店頭を通過していて、訪問候補上位の一つだったが最終的に苦渋のパスをした事があったものだった。

その時から頭の片隅から離れずにあったこちらだった。それだけに千葉市内の移転を歓迎していた一人で、定期検診のタイミングがベストと考え、そろそろ落ち着いた頃だろうと訪れる事にした。

そんなわけで千葉駅で違うバスに乗り換え、高品交差点の周辺にあるこちらの店頭へやって来た。JR駅の最寄り駅は東千葉だがかなり歩く感じで、千葉駅から頻繁にバスも出ているのでそちらでの訪問をお奨めしたい。

店内へ入って行くと、正午過ぎのいい時間ながら、先客一人の静かな店内。振り返るとその先客の乗用車っぽい車が駐車されていて、そうしたアクセスも出来そうなこちら。奥に広い厨房があり、その前がカウンター席で、その右手寄りの席に腰を降ろした。店内はシックなカフェと言う雰囲気がありながらも、今風なラーメン店の雰囲気も兼ね備えていた。

メニューが平置きされており、それを手に取り眺めた。「たまり醤油の煮干し豚骨」に後ろ髪が引かれながらも、ここは初訪問だけにデフォで行こうと決めた。と言う事で「横浜とんこつ味玉」を大盛にして、御飯ものサブメニューも行くかと、豊富なそれらの中から「牛スジキャベツごはん」で考えがまとまってオーダー。

厨房には調理に対応する若いお兄さんに、客スペースに接客係の女性が二人の布陣。まもなくすると奥から、店主らしき方が出て来られた。そして後続客が続けて来店して、俄に活気づいて行く店内だった。ふと卓上の調味料入れが綺麗に整理されてあったのが目に止まった。程なく到着。

それではと口にすれば、独特感もある鶏油がやや強めに来る横浜家系らーめん。横浜家系とはまた違った濃厚性を打ち出している処が面白いもの。海苔は適度なサイズで、ホウレン草がそれ風。チャーシューは燻製にした仕様で、麺はかなり多加水気味の中太やや太の麺。お聞きして見ると、丸富製麺の特注だそう。

吉村家系と言うよりは首都圏で人気を博している壱六家系をフィーチャーしたスタイルを感じるもので、そこにチャーシュー等は吉村家系を踏襲していたりして、そんなプロデュースが目新しくも思えた。

牛すじキャベツごはんもホカホカのご飯の上に湯掻いたキャベツが敷き詰めて、その上にトンロトロの牛すじ肉が多めに乗ったもので、これがまたご飯に至るまで美味なサブメニューだった。

気がつけば完食。目の前で講習会だったりして、まだ充分に落ち着いてないよう。これから更に進展して行く処だろうか。精算時にレシートを見ると、味玉の欄に「紅孔雀の味玉」と表記されていた。紅孔雀とは架空の鳥であり、孔雀であればとてもデカい玉子であり、何かの洒落だろうか。ともあれ、いや、良かった。

(左フォト) 横浜とんこつ味玉大盛/牛スジキャベツごはん (2011.02.18)
   

  2011.02.18 JR千葉駅東口ロータリー右奥13番乗場から路線バスで。   2011.02.18 清潔な店かどうか、厨房の壁と調味料エリアで判る。