横浜ラーメン 武蔵家 千葉・西千葉

淀んだ雲が居座るものの陽射しが注いで良かったが、北風が体感温度を下げて凍てつく大気に震える寒さのそんな一月上旬週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、寒いものの仕事後の火照りも残ってまたそれほど肌寒く感じないそんな午後 七時過ぎだった。それだけにこちらと言う気分がまた芽生えて、五度目となるその店頭へやって来た。




盛況な状況の店内へ入店すると、ちょうどグループ客がすれ違いで帰って行き、一気に店内が空いた。それを横目に券売機の前に立ち、ラーメン並+ご飯のお友セットに、思いつきでふとトッピングにもやしを行くかとそのボタンも連打。

少し奥のカウンター席に腰掛けながら、チケットを手渡しつつ、麺かためライス中でお願いした。年末年始のお休みは、大晦日から正月二日までらしく、三日から営業していたそう。

実は二日にこちらが真っ先に浮かんだが、来なくて正解だった。程なくご飯のお友と無料ライス中が到着。キュウリのキュウちゃんにゴマを振りかけ、またコチジャンも添えて撮影。

それにお友をぶっかけて喰らっているとラーメンも到着。もやしはもちろん二郎ほどではないにせよ比較的多めに入っており、大判海苔三枚がそれを抑えつけるように乗っていた。

それではと行かせて貰えば、煮豚の塊がいつもより大きく嬉しいかぎり。お友にトッピング追加の相乗効果で大きくなったか?

家系ラーメンに軽くゆがいたもやしがやはり結構入っていて、これがまたいい塩梅を造作していて素敵な感じで良かった。それにしてもこのご飯のお友なるオカズは実に素晴らしいもので、今夜も無料ライスのまさしく良きお友となった。

巷にあるサイドメニューのチャーシューご飯だが、大抵はラーメンに乗る煮豚を濃いめのタレで味付けしてご飯に乗せたものが多い。

それに対してこれはあっさりめのタレを野菜などと煮込んだもので、ラーメンもいいから勿論来るわけだが、このご飯のお友はちょっとない位に良く新時代のラーメン店のサイドメニューと言えそうだ。

サイドメニューを軽視する店が多いのはしょうがないと思うが、結構繁盛店ほどサイドメニューに余所ではあまり見ない人気メニューがあるものだ。

時に券売機の一番下につけ麺のボタンが用意されているこちらだが、いつもバツがついて押せないようになっていて気になっていた。今回さりげなく厨房の方に確認させて貰うと、スープがつけ麺に合わないため現在提供を控えているのだそう。今夏辺りまでには再提供して行きたいらしい。

気がつけば完食。いや、やはりとっても素敵で美味しい、ラーメン並と無料ライスとご飯のお友だった。

(左フォト) ラーメン並/今日のご飯のお友セット (2013.01.05)


 横浜ラーメン 武蔵家 (ムサシヤ) 西千葉店

 住所:千葉県千葉市中央区春日2-19-9  定休日:年中無休※年末年始12/31〜1/2を除く

 TEL043-238-6544  営業時間:平日・土曜11:00〜25:00/日曜・祭日11:00〜24:00

 アクセス:JR総武線西千葉駅南口下車。南口ロータリー右奥の道を進んで少し歩いた左側にあり。



北風が往く人の防寒着の衿をすぼめさせ寒々しい曇り空が陽射しを隠して、それぞれの冬模様が街をさらに冬色に染めていた初冬らしい12月上旬の月曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、降り出してそう経過していない感じの冷たい雨がそぼ降るそんな午後7時過ぎだった。

先日来たばかりで、その後で関連店の千葉本店にも足を運んだばかりの武蔵家さんだ。JR西千葉駅の直ぐそばにあるだけにまた店頭へ来てしまった。やはりこうした食べ歩きをしながらも、良かった店へ納得するまで再訪して食べたいラーメンを食べることが大切であるのだと思う。

そんなわけで入店して券売機の前に立ち、今夜はチャーシューメン並のご飯のお友セットを選んだ。今日も盛況な店内のこちらだ。やや奥まで進んでから着席。チケットを手渡す際に、麺カタメでお願いした。するとご飯の盛りをまた忘れていて直ぐ中盛りで申請した。

つい先日は周辺の老舗中華店へ訪れたが、その時は千葉大生らしき方は殆ど見受けられなかった。しかし流石こちらは殆どの方が、千葉大っぽい方々ばかりだった。程なく到着。それではと行かせて貰えば、いつもよりややカタメだが、これもまた実に良かった。チャーシューもとても分厚く、かなりこれまた素晴らしかった。

ご飯のお友がやはり絶大に素敵で、前半ライスのおかわりさえも考えたが、そこは結果的に自重してフィニッシュに至った。このご飯のお友、要はチャーシューの隅辺りを野菜等と共に味付けして煮込んだもの。ライスが無料の店だからこそブレイクするところだろう。気がつけば完食。いや、それゆえに今夜もかなり、とてもとんでもなくすっかり良かった。

(2012.12.03)


  2012.12.03 チャーシューメン並   2012.12.03 今日のご飯のお友と無料ライス中


昨日の雨がすっかりと止んだものの、北寄りの風がやや勢力を増して気温が落ちていた11月後半の週明け日曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、そんな北風が陽が暮れても街を駆けていて、やや寒さも感じたそんな午後7時過ぎだった。

昨夜は西千葉駅北口前に今秋出来た、こちらと同じ家系ラーメンの新店を訪れた。駅の改札を出たところで、こちらの吸引力を感じながらも、そちらへ行ったものだった。すると余計にこちらへ訪れたくなった今夜となった。そんなわけでそれならばとなって、また西千葉で途中下車して今日は南口側に出てこちらの店頭へやって来た。

すると大学生らしき方々で、ほぼ満員の店内が待っていた。ふと壁面にあった案内が目に入り、見ると「全席禁煙」の文字がやや大きく表記されていた。券売機の前に立ち、またラーメン並+ご飯のお友セットを選び、700円と言う金額になんだか申しわけない気分となって、トッピングである半熟味付玉子のボタンを連打した。

数席だけ空いていたカウンター席に腰掛け、チケットを手渡しながら好みは全て普通でお願いした。すると「ライスは中でいいですか?」と聞かれて、それに対して頷いた私だった。程なく到着。それではと行かせて貰えば、やはり素敵な家系パラダイスが広がる亜空間。

それにしてもご飯のお友は泣かせる味わいだし、酒井製麺特有のもっちり加減の麺がまた素敵だった。大判の海苔は厚手だし、その下に隠れるチャーシューがまたかなり良かった。なんたってライス無料に、キュウリの浅漬け取り放題は嬉し過ぎる。隣りの先客の方はライスをおかわりしており、さすが大学生おそるべしだった。

気がつけば完食。いや、果てしなくとんでもなく実に味わい深くかなりとっても実に良かった、そんなラーメン並とご飯のお友と無料ライス中とキュウリの浅漬けだった。

(2012.11.18)


  2012.11.18 ラーメン並+半熟味付玉子   2012.11.18 今日のご飯のお友と無料ライス中


うなだれて干からびながらも直立する向日葵に、朝から秋らしい静かな雨が滴る10月前半の週明け日曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、そんな雨も止んでまた穏やかな午後7時過ぎだった。

過日東船橋駅に降り立って某店を訪れたものだが、その道すがら中野木立体交差点下で船橋店を見掛けてそう言えばと思い出し、良い印象があったこちらへまた仕事帰り立ち寄ることにした。ラーメンチェーン店の場合各店でオリジナルメニューを提供するチェーン系もあるが、その支店によって他では見られない提供メニューがあるケースがごく稀に見受けられる。

こちらはその最たるもので、ライス無料サービスはこちらだけでは無いが、ご飯のお友なるおかずが100円で用意されているのだ。確か他では見なかったしネットで調べても見つからなかったが、しかしそう言えば松戸店では時限的に無料でチャーシュー惣菜を提供していた。

また某千葉実力ラーメンフリーク氏によれば、千葉・八幡宿周辺にある武蔵家直系のぼうそう家でも似たような提供メニューがあるらしい。そんなわけで、総武線緩行電車に一駅だけ乗ってその店頭へやって来た。券売機の前に立って今回は700円のラーメン並+ご飯のお友セットを選んだ。

チケットを手渡しながら、アブラ少なめのライス中盛りでお願いした。駅の反対側は千葉大学キャンパスとあって、今夜もそんな大学生によって大変盛況な店内だった。2階にも客席フロアーがあるようで、後続客の一人が厨房の方とやり取りした後で上へ上がって行った。さらに後続客が続いて空いたカウンター席が埋まり盛況さが続く店内。程なく到着。

この前はチャーシューメンもあってお腹いっぱいになったが、今回はラーメン並にアブラ少なめも功を奏してかジャストな量でちょうど良かった。アブラ少なめでもトロミが豊かで、チャーシューも大きめに麺も相変わらず良い風情だった。

ご飯もいい風合いで、ご飯のお友のオカズもやはりなかなか良く出来ていた。気がつけば完食。いや、やはり実にとっても素敵で美味しい、ラーメン並とライスとご飯のお友だった。

(2012.10.07)


  2012.10.07 ラーメン並   2012.10.07 今日のご飯のお友と無料ライス中





曇り空の隙間から薄い青空が見えて、淡い陽射しが時おり輝きを増していた、地域によってはまた大荒れだったらしい5月下旬の火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、周辺で陽が暮れてから通り雨があったのか車のフロントガラスが濡れているものの、アスファルトは乾いていた千葉市内だった。

そんな今日は思うところがあって西千葉界隈を散策して、予定通りこちらの店頭へやって来た。中野に本店がある武蔵家さんだが、2007年11月に県内2店目としてオープンした西千葉店らしい。

さっそく入店すればそこそこ程度に盛況だが、厨房の方の掛け声もあってなかなか活気を感じるこちらだった。

右手に券売機があったのでその前に立つと、何やらオリジナルなメニューを上部の列もあって直ぐ見つけた。

どんなものか確認せずにその中の「チャーシューメン中+ご飯のお友セット」を選んだ。なんたってチャーシューメン中に100円を足しただけでオカズらしきものが付くなら選ばない手はない。

右手奥のカウンター席へ行ってチケットを手渡すと、そこは家系ラーメン店と言うことで好みの確認があったので、悪いクセが出てまたアブラ多めでお願いしてしまった。

するとさらに続いてライスが小・中・大の中から選べるそうで、そこは本来なら大と言うべきところだが、長年の経験と直感がその言葉を呑ませて出た言葉は「中でいいです」だった。

ふと見るとカウンタトップ下の板に「ラーメンライスノススメ」と題した案内があった。その出だしは「伝統の青カッパでメシを喰らえ。コレ基本。」と表記されていた。

まもなくやって来たのは男性用ご飯茶碗に盛られたライスと、結構な量の角切りチャーシューに青菜・モヤシ・キャベツ等が入った煮付けの小鉢だった。

ラーメンがもう少しかかりそうなので、ライスに青カッパと呼ぶキュウリの漬け物を乗せて煎り白ゴマを振りかけ最後にコチジャンを添えてまずそれを喰らい、それから角切りチャーシューが沢山入った惣菜を楽しんだ。

ライスは無料らしくそれに100円でチャーシューたっぷりのオカズが付いたスタイルのセットメニューで、なかなか素晴らしい美味しさであった。それを喰らっていると、まもなくチャーシューメンがやって来た。

おお、なかなかのオーラが感じられるものだ。それではと行かせて貰えば、酒井製麺の中太ストレートの風合いもなかなかに、こってりでどこかマイルドな風情がタマらない家系スープ。

チャーシューがそれにしても美味いこちらと言えた。最後の麺をすすって、残したチャーシュー惣菜を入れたご飯をフィニッシュした頃にはもうお腹パンパン。

やっぱり中盛りライスで正解だった。いや、武蔵家の中でも、かなり素敵な美味しさのこちらと言えた。

(左フォト) 店頭外観/ラーメライスノススメの案内 (2012.05.29)


  2012.05.29 チャーシューメン中   2012.05.29 今日のご飯のお友と無料ライス中