横浜ラーメン 武蔵家 千葉・千葉中央



夏色に煌めく青空から蝉の鳴き声がこだまして、陽射しがいつものように肌を突き刺していた7月下旬の週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、熱帯夜ながらやや涼しい午後8時近くだった。

武蔵家と言えば以前に西千葉店を訪れたものだが、千葉中央にも2010年6月にオープンしたこちらが営業していて、すでに何度となく店頭を行き来してそこはやはり気になっていた。

そんなわけで今夜こそとなって、その店頭へやって来た。店先の窓ガラスには提供メニューが張り出されていて、それを一度目を通してから確認して徐に入店する。

すると直ぐ券売機が待ち受けていた。やや悩んでからやはりこれかなとなって、武郎ラーメンの中盛のボタンを選んだ。

西千葉店とはまた違う提供内容のこちらでご飯のお友はアチラだけらしく、今回選んだラーメンがここだけのラーメンだそうで、それはちょうど良かった。たまたまなのだろう、先客は一人だけの店内。

直ぐそばには出汁の入った大きなズンドウが見える。家系と言えば煮えたぎる姿をよく見掛けるものだが、狭い厨房だけにワイルドな家系らしさは見られなかったその表面だった。程なく到着。

なるほどこれ以上ないほどに判り易い、ラーメンの名前からしても期待を裏切らない、そんな二郎系のラーメンがやって来た。

ホウレン草が家系らしさを演出して、野菜のこんもりとした山が二郎系らしさを主張していた。それではと行かせて貰えば、なかなか美味しい家系っぽい味わい。

家系も二郎系もワイルドが命のラーメンだが、支那そば的な要素を感じる作り方だけにそこを狙った面もあるところなのだろうか。チャーシューも塩気が強く出ていたが、これがまた良かった。

店の場所でそれらのシフトを変えるのも大事な戦略と言えて、そこはなかなか素敵なラーメンと言えるものだった。気がつけば完食。いや、なかなか結構良かった。


(左フォト) 武郎ラーメン中/店頭外観 (2012.07.28)


 横浜ラーメン武蔵家 富士見店

 住所:千葉県千葉市中央区富士見2-14-6山田ビル1階  TEL043-222-3009

 定休日:無休  営業時間:日・月11:00〜21:00◆火〜土11:00〜24:00

 アクセス:JR千葉駅東口下車。JR外房線側のガード左下の道路を歩いて行き、大きい交差点を
       渡ってから左斜めの道路を入って50m程進んだ右側のビルの1階にあり。