麺処 まるき 千葉・稲毛 ※閉店





見上げた青空に手が届きそうなほど低い、夏らしい雲が浮遊していたまた厳しい暑さとなりそうだった8月後半の週明け日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、昼過ぎに大雨が降り出していたがそう長引かずにやんで、陽が暮れた頃はまた穏やかな午後8時近くだった。

こちらもまたJR稲毛駅周辺にあるラーメン店で、しばらく前から気になっていた。そんなわけでまた稲毛で途中下車して、東口に出てそんなこちらの店頭へやって来た。

以前は「東京とんこつ拉麺一鉄」や「らーめん爺婆屋」が営業していた建物だったようで、そんな場所に2010年9月15日にオープンしたこちららしい。

そうなるとそうしたラーメン店のリニューアルとした憶測が飛んでも不思議ではないが、もしそうであれば分業制のチェーン店らしく従業員の方が4〜5人はおられるはず。

そんなことを考えながら入店すれば、店主らしき方が一人だけ厨房におられて、その方の元気な挨拶に迎えられた。すると奥のテーブル席にでもどうぞと促されてそこに腰掛けた。

店内には数人の先客がおられた。店頭にも案内されていた、夏のスタミナ・みそBセット1150円が何だかお得そうだったのでそれをお願いすることにした。

まるき味噌らーめん・餃子一人前・チャーシュー丼がセットになったもののようだった。ふと壁面を見ると「ラーメン全品コッテリ無料」とあったのでそれでお願いすることにした。

以前営業していた一鉄と爺婆屋は関連性があったそうだが、こちらのラーメン店はそんなそちらとは全くの無関係であることを教えてくれた。

店主自身はチェーン店や居酒屋などでの修業を経てこちらを開業させたらしい。ちなみに四街道市大日にも全く同じ店名のラーメン店があるそう。

店主の友人が営業しているそうだが、経営は同じ店名ながらお互い独立して営業しているのだそう。

ところでまるきと言えば松戸にも同じ店名があることを言うと、こちらは漢字で「丸気」と書くそうで店頭の看板にもそう書き記しているそう。

年中無休とあったがそれで一人で営業しているかお聞きすると、一人信頼できる方がいるらしく今はいないその方と一緒に普段は営業しているのだそう。

常連さんと知らない内に世間話ししていて盛り上がっていると思ったら、少し前の時代のアニメの話題だった。程なく到着。

背脂がたっぷりとネギの上にまで振り掛けられており、まるでラーメン二郎のラーメンを彷彿するかのようなスタイルだ。味噌スープも、まるで酒粕でも入っているかのように白く濁っていた。

それではと行かせて貰えば、これが味噌スープの味わいもなかなかの持ち味。ごわっと来るちぢれた麺の風情もいい感じで野菜もかなり良かった。

味噌ダレは特製だそうで紅一点をベースにしたものだそう。餃子にも手を付けるとニンニクが利いてこれがまたいい感じだったし、チャーシューも甘辛いタレが付いて美味しく頂いた。

気がつけば完食。いや、なかなかの素晴らしい持ち味が良かったまるき味噌らーめんだった。


(左フォト) まるき味噌らーめん/餃子/チャーシュー丼 (2012.08.19)


 麺処 まるき

 住所:千葉県千葉市稲毛区小仲台1-6-21  TEL043-252-2011

 定休日:年中無休  営業時間:11:00〜24:00(23:30LO)

 アクセス:JR総武線稲毛駅東口下車。ロータリー右奥の道を進み突き当たりのバス通りを右手に
       歩いてイオン稲毛店を越えた右手の場所にあり。徒歩およそ5分。



  2012.08.19 四街道にも同じ店名があるこちら。   2012.08.19 JR稲毛駅東口から徒歩およそ5分。