らーめん 壺中 千葉・千葉東口



昨夜の雨雲が一欠片も無く消えて、抜けるような青空に梅雨明けだろうかと思いたくなるほど昨日とギャップがあった7月上旬の水曜日。

仕事が終わって外に出れば、そんな今日も陽が暮れてまた穏やかな午後8時近くだった。

こちらもまた千葉駅の界隈にあるラーメン店で気になっていた一店。夜しか営業してないお店のようで、勤務先が千葉市内ならではの訪問と言うところだ。そんなわけで今夜こそと客引きの方々に呼び止められながらも夏風薫るその店頭へやって来た。

さっそく入店すると券売機の無いフロアは、比較的なかなか広い店内だった。奥に厨房がありそこにお店の方がおられたので、その近くに腰掛けて立て掛けてあったメニューリストを手にとった。

メインのラインナップは、堂々正油らーめん・純塩らーめん・王道味噌らーめんのようで、そこにトマト入りらーめんや、ご飯ものメニューが豊富に用意されていた。そして普通盛とハーフサイズがそれぞれあった。

こうなると手軽に選べる合計額から20円くらい安くした、セットメニューがあるだろうと思えばそれは無いのだそう。それならばと、少し悩んでから堂々正油らーめんの普通盛とチャーシュー丼ハーフサイズをお願いした。

たまたまなのか先客のいない店内で、後続客は帰るまで結局入って来ることは無かった。厨房の方にさり気なくお聞きすると、5年以上前から営業するこちらだそう。後で調べて見ると2005年10月にオープンしたこちらだった。

千葉モノレールの栄町駅の直ぐ傍にあるが、JR千葉駅から歩いてもそう遠くないこちらだ。程なく到着。刻まれた白ネギが波の花のように浮いて、濃い醤油色の清湯スープに中細縮れ麺が泳ぐそんなラーメンがやって来た。

それではと行かせて貰えば、醤油の酸味を楽しませながら、風情のいい中細縮れを麺固めで味合わせる素敵なシフト。鶏ベースのスープに入るチャーシューがまた良かった。それが数枚入ったチャーシュー丼も実に美味しかった。

単に壺中と言えばまた違う意味合いになってしまうが、壺中の天地と言う意味合いの店名由来らしく俗世間を忘れて酒を愉しむことを指すようだ。気がつけば完食。いや、なかなか良かった。

(左フォト) 堂々正油ら〜めん/店頭外観 (2012.07.04)


 らーめん 壺中 (コチュウ)

 住所:千葉県千葉市中央区富士見1-7-7  定休日:日曜日  営業時間:17:00〜翌5:00

 アクセス:JR千葉駅東口下車。ロータリー左奥交番前の横断歩道を渡り、デイリーヤマザキ右手
       の千葉みゆき通りを入り150m先の十字路を左折。まもない右手にあり。徒歩およそ5分。



  2012.07.04 チャーシュー丼ハーフ   2012.07.04 店頭入口。



喜劇らーめん食べ歩きTOP