ラーメン 魁力屋 千葉・東船橋





夏空らしいふっくらとした低い雲が、折りからの風で動いていた、しかしその風の涼しさに秋を感じた9月半ば祭日敬老の日の休日月曜日だった。

祝日だけにいつもなら勤務する日だが、今回の仕事も今週の20日で終わる関係もあって休日となった。さて今日はどうするかと何気なくネットしていて、こちらの情報を見つけて気になるところとなって出掛けることにした。

背脂と青ネギがたっぷり入った京都ラーメンのお店の支店らしい。京都ラーメンの代表的なお店と言えば、新福菜館天下一品本家第一旭、さらにはラーメン横綱ますたになどが上げられる。

こちらは2005年6月京都市左京区北白川に本店が開業したばかりの比較的新しいラーメンチェーン店だが、既に関西圏に15店舗と首都圏に12店舗、さらに仙台エリアに1店舗が営業している。

千葉県内にも2010年12月オープンのこちら以外に、ここ数年に開業した南行徳店と柏市役所店が在る。店名は常に時代を先駆けて逞しく力強く成長して行く考えから魁力屋となったそう。

そんなわけで総武線緩行電車に乗車して東船橋で下車。陽射しにさらされて風が少しでも弱まれば、容赦ない夏の洗礼に月日が巻き戻ったようだった。

周辺は中野木交差点から近い位置で、じゃんじゃん麺処あみやラーメンかいざんに横浜らーめん武蔵家と最寄り駅から遠い区域ながらラーメン店が密集している激戦地帯だ。

国道296号に出て右折し中野木交差点を左折して行けば、100%前方に見落とすことのないこちらの大きな看板が目に入った。建物も紅白で、何とも縁起が良さそうだった。

さっそく入店するとカウンター席の中ほどに促されて腰掛け、座るなりメニューリストを広げて既に決めていた焼めし(小)と特製醤油ラーメンがセットになった焼めし定食をお願いした。

すると麺の硬さの確認があり、そこは普通でお願いする。カウンターにはラーメン横綱のように刻まれた青ネギが容器に入っており、その横にはタクアンも容器に入って自由に利用できるようになっていた。

店内は明るく清潔で蘊蓄も変にしつこくない程度に設けられており、お店の従業員の方も明るく威勢のいい掛け声を発して爽やかな対応が印象的だった。程なく到着。

背脂がたっぷりと入っているものの香味油類はそれ程でもないようで、油膜が張っていない表面から大量の湯気が出ていてこのラーメンの優しさが伺えた。青ネギを足し入れ、焼めしにタクアンを添える。

それではと行かせて貰えば、なかなかの味わいの良さがキラリと光る京都背脂入りラーメン。背脂はベトベトすることなくサラリとした口当たりで、醤油スープも変に塩気が強くなく口当たりの良いもの。

厳選された鶏ガラと上質な背脂をベースに煮出した門外不出の極上スープだそうで、麺は独自にブレンドした小麦粉を利用し、気温湿度に注意を払いスープとの相性を第一に考えたコシのある中細ストレート麺だそう。

焼めしは新福菜館ほど味の濃いもので無いものの、さりとて中華店で提供されるチャーハンに較べればしっかりした京都ラーメン店らしい味わいのいい焼めしでこれがまた良かった。

気がつけば完食。思わず杏仁豆腐を追加オーダー。冷んやりとしていながら滑らかな口当たりがよく、清涼感のある甘みでこちらも美味しかった。

いや、どれもがなかなかとても美味しく、もっと近くに出来ると嬉しいなと思った、そんな特製醤油ラーメンと焼めしと杏仁豆腐だった。

(左フォト) 特製醤油ラーメン/セット焼めし(小)/杏仁豆腐 (2012.09.17)


 京都北白川 ラーメン 魁力屋 (カイリキヤ) 船橋成田街道店

 住所:千葉県船橋市前原西1-38  TEL047-472-0007  ※公式サイトはこちら

 定休日:無休  営業時間:11:00〜24:00

 アクセス:JR総武線東船橋駅南口下車。駅前ロータリー前の道を進んで行き、一つ目の信号
       交差点を左折してケーヨーデイツー前の県道8号を横断歩道を渡ってから右折して
       進んで行き、中野木交差点を左折してしばらく歩いた右側にあり。徒歩およそ12分。



  2012.09.17 無料サービスの青ネギとタクアン。   2012.09.17 京都・北白川に本店がある京都ラーメンのお店。