天然とんこつラーメン専門店 一蘭
千葉・千葉中央





真夏の空にトンボが飛ぶようになると秋の文字が脳裏を掠めて、ともあれ雲の勢力はまだ夏一色に染まっていた8月下旬の火曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、湿度の高い熱帯夜のような午後8時近くだった。

昨夜のオフ会では都賀某店が閉店して新店がこれからオープンする情報と、千葉中央某店跡地にも船橋某店の新ブランド店がまもなく始まる情報を仕入れることが出来た。

そんなわけで今一番熱い激戦地帯でラーメン店の熱戦が繰り広げられている、千葉中央の新店舗を視察しつつまだ訪れていなかったこちらへ立ち寄ることにした今夜だった。

高架線下に在るシーワン内のしかも少し前に訪問した某店の隣りだけに気になっていた。

立川が勤務先だった時に周辺に在りながら未訪問にしていただけにこちらの支店は行っておきたいところ。さっそく入店すると何度か他の支店を訪れているだけに勝手知ったる一蘭と言えた。

しかしかなり久々の入店だけに、トッピングメニューに見慣れない「オスカランの酸味」なる提供メニューを見つけた時には、おや?と思ってしまった。オスカランの実から作る一蘭自慢の逸品らしい。

既に提供を終えてしまったが、以前は濃厚なジャージーミルクアイスに、ペルー共和国アマゾン川流域原産の果実であるカムカムを利用した特製デザート「アマゾンからの贈り物」と言うのもあった。

それを知りこれはその味を抑えておきたいところとなって、券売機でラーメンに追加チャーシュー3枚と替玉のボタンを連打してから、さらにそのオスカランの酸味なる追加トッピングボタンも連打した。

店内はもちろんこちら独自の味集中カウンターシステムで、やはりカウンター席入口に空席状況が案内されていた。

思い返せば2年前に渋谷神南1丁目店に訪れて以来であった。今夜も盛況な店内だが、若干の空きがあって直ぐに座ることが出来た。

ふと見ると直ぐ近くには若いカップルが入店していて、仕切られた板に四苦八苦しながらも、会話しているのが印象的な店内だった。

前を向くと用紙が置かれていて、こってり・ニンニク少なめ・青ネギ・麺カタメに丸しながら記入してから呼び出しボタンを押した。

すると前の小ぶりなカーテンが開いて、挨拶しながらコップがさりげなく置かれ、チケットと記入した用紙を確認するとカーテンが閉められた。そしてそう待つことなく再度カーテンが開いて程なく到着。

それではと行かせて貰えば、そこはさすが一蘭のとんこつラーメンで、実に素敵で美味しい味わい。追加したチャーシューも独特な面持ちがありながらも、これがとても良かった。

それだけに気がつけば麺が消えて、もう一度呼び出しボタンを押して替玉を麺硬さ普通でお願いした。程なく来たそれをスープの中に滑らせ、ここで初めてオスカランの酸味を全て投入。

そして喰らえば何とも酸味が強いものの黒酢的な風味で、好みが分かれそうだがこの熱帯夜のような今夜にぴったりな感じで満足出来た美味しさだった。

気がつけば完食。いや、かなりとても実に素敵で良かった、ラーメンに追加チャーシュー3枚とオスカランの酸味だった。


(左フォト) ラーメン・追加焼豚3枚+オスカランの酸味/替玉/屋外店頭外観 (2012.08.28)


 天然とんこつラーメン専門店 一蘭 千葉駅C-one店

 住所:千葉県千葉市中央区富士見町2-24-1千葉ショッピングセンターC-one Cブロック内

 TEL043-224-5355  定休日:年中無休  時間: 10:00〜翌6:00

 アクセス:JR千葉駅東口下車。JR外房線側のガード左下の道路を歩いて行き、大きい交差点を
       渡ってから左斜め道路(国道14号)を進んで行き中央公園交差点手前の左側にあり。



  2012.08.28 好みを用紙に書き記してから呼出しボタンを押そう。   2012.08.28 シーワン屋内側店頭外観。