手打らーめん 一番軒 千葉・みのり台





昨日までの暑さも雲が多めに出ている所為か、また一段落となってやや涼しくも感じられた、9月半ば週明け日曜日の午前遅い時間だった。また松戸市内のラーメン店を、自転車を使って出掛けて見るかとなった。既に訪問した事のある某店にしようとなってそこへ向かう事にした。

今回は先日と違っていつも走る道路で進んで行くと、東松戸駅を越えてしばらく、何とあのユニクロが出来ていて驚いた。今年の4月22日にオープンしたようだ。

さて衣料品は事足りていたので、今回は入店することなく更に道を進めた。自転車をみのり台駅方面に進路を変え、県道281号松戸鎌ヶ谷線を左手に進んで行った。

するとまもなく周辺の中では大きいマンションの手前に、今まで気が付かなかったラーメンとある赤いノボリが立てられている事に気づいた。さて、この場所にラーメン店があっただろうか?新店だろうか。

そんな風に気になってしまうとはっきりさせないと気が済まない性分の私だけに、さっそくその場所を確かめてみようと、路地入り口にあったノボリだけにその路地をゆっくりと自転車を進めた。

なるほどそうすると、それらしきお店があった。それがこちらであった。店名の冠には手打ラーメンとある。店頭の雰囲気からしてここ最近出来た感じではなく、もう営業を始めて結構経っているようだった。

入り口左手のエアコン室外機の上には樹脂製の麺箱があり、さりげなく見るとこれがなんと菅野製麺所の文字が刻まれていた。

手打ラーメンと言うと本来は手で打った麺だが、最近はと言うと大抵それは手揉み縮れ麺を表す事が多い首都圏のラーメン店だ。周辺には手打ラーメンと冠する珍来さんもある。

そんなわけで気が付けば自転車をから降りて、今回はここに入ろうとなった私であった。さて店内へ入って行くと、開店まもない時間もあって先客ゼロの店内。カウンター席へ無意識の内に座ろうとすると、またテーブル席へ促されてそれならばとそちらへ行って腰を降ろした。

メニューからラーメンと、麺類を一緒に注文すると510円が350円になるインフォがあった半チャーハンも一緒にお願いした。ちなみにそうしたメニューには、半カツ丼などもあった。するとラーメンは太麺と細麺が選べるそうで、そこは太麺でお願いする事にした。

お聞きすると営業を始めて10年ほどのこちらだそう。今回偶然見つけた赤いのノボリでこちらの存在を知ったが、それに気が付かなければ絶対気が付かない場所のこちらだった。

そう経たない内に後続客が続いて、周辺の愛される人気店のこちらであった。電話が鳴ると出前のオーダーらしく、出前も人気の様子だった。程なく到着。これがいい風情を見せる、そんなラーメンと半チャーハンがやって来た。

それではとラーメンから行かせて貰えば、これがなかなか美味しいもの。鶏ガラがしっくりと利いて魚介がさらりと来る醤油スープは、中華と言うよりは和風的な味わいを感じるものだった。

また菅野製麺所さんであろう太麺はまさしく太い手揉み縮れ麺で、それほど加水が高くない分質感の高さがまた良かった。具材には、チャーシュー・めんま・ワカメ・刻みネギが乗っていた。チャーハンも結構多めで、いい風合いがあって美味しかった。

ラーメンの全体的な雰囲気や具材から言って店主に確認はしなかったが、何処か珍来の流れを感じるこちらでおそらくはそこで修行経験がある方かも知れない。

大変手作り感の高い感じでとても良かった。気がつけば完食。いや、なかなか美味しいそんなラーメンと半チャーハンであった。

(左フォト) らーめん/半チャーハン/店舗外観 (2011.09.11)


 手打らーめん 一番軒

 住所:千葉県松戸市稔台7-2-17スプリングハイツ1F  TEL047-364-0760

 定休日:不定休  営業時間:11:30〜14:15/17:30〜20:45

 アクセス:新京成電鉄みのり台駅下車。改札から右手へ進んで踏切りを渡りその先の信号交差点
       を横断歩道を渡ってから右手に進んで行く。そして100m程歩くと左手にスプリングハイツ
       があるので、その手前を入って進んだ右側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP