台湾料理 百楽門 千葉・津田沼

白い雲が8月になったことを知らせるようにモクモクとした入道雲が顔を見せて、暑さもピークを迎えて来た感のあるその初日の水曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、蒸した熱帯夜が待っていた午後8時近くだった。




何度となく何処かで見掛けた気がする台湾料理のチェーン店で、津田沼駅周辺にもあるとして気になっていた。何しろその津田沼店が某ラーメン店が入る建物だけに自然と目に入る場所だった。

そんなわけで津田沼で途中下車して、また同じ建物の前にやって来た。左寄りにビルの入口があり、エレベーターもあったが直ぐ2階なだけに階段を利用してこちらへ入店した。

すると夜だけに居酒屋モードになっているフロアー。比較的広い店内では、老若男女がホロ酔い加減で台湾料理に舌鼓を打ちながら酒を酌み交わしていた。

奥にあった二人テーブル席に促されて、メニューブックからラーメンと揚げギョーザをお願いした。

こうした居酒屋モードになっていると、ビールでも一緒にオーダーしたいところだが、そこは我慢してお冷をお願いすると、直ぐにそれがテーブルに運ばれて来て良心的なこちらと言えた。

メニューブックをあらためて広げると、点心や一品メニューは比較的廉価な金額となっていて、アルコール系のソフトドリンクもそう高くもなかった。流行っているはずだ。

箸入れの紙には支店が列記されており、見ると東松戸店にこの津田沼店、南流山店にああそうかの稔台店、そう言えばの上本郷店に元山店と来てつくば学園店。さらに都内の練馬店・十条店・赤羽店と続いていた。程なく到着。

揚げギョーザが先に来て添えられた辛味ダレを付けながら口に頬張れば、出来立ての熱々でパリッとした皮の中にトロリとした肉餡が多めに入って美味しかった。

そしてラーメンにも手を付けると、モヤシのボリュウムもいいあっさり醤油のラーメン。麺は太平打ち縮れの麺でスープの味わいはどこかオリジナリティのあるもので結構好きになれた。気がつけば完食。

そう言えばスイーツのメニューも色々あったなと再度メニューブックを広げてさらに杏仁豆腐を追加オーダー。これがまたネットリ感も豊かな、かなり素敵な美味しさだった。いや、なかなか良かった。

(左フォト) ラーメン/揚げギョーザ (2012.08.01)



 台湾料理 百楽門 (ヒャクラクモン) 津田沼店

 住所:千葉県船橋市前原西2-21-6東関東ビル2F  TEL047-471-9468

 定休日:無休  営業時間:平日土曜11:00〜14:30/17:00〜翌5:00◆日曜11:00〜24:00

 アクセス:JR総武線津田沼駅北口下車。ロータリー左手のパルコ前の道の右側の歩道を進んで
       行き、200m程歩いた津田沼十字路手前右側ビルの2階にあり。徒歩およそ3分。

  

  2012.08.01 ビル2階にある台湾料理 百楽門 津田沼店。   2012.08.01 デザートも豊富なこちら。美味しかった杏仁豆腐。