HOPES本店 千葉・松戸 ※閉店

まるで誰かが開いた大型冷蔵項の庫内灯のように、時折りだけ陽が指す関東地方は、まさしく冷蔵庫の中に居るように寒い日が続いていた、二月も後半となって来た緩やかな風吹く金曜日だった。駅周辺を歩き出すとにわかに陽も射して来て、爽やかな気分に背伸びを一つしてみた駅界隈。

そんな今日は、しばらく前から気になりながらも、まだ入店していなかったこちらへ出掛ける事にした。正確に言えば変則的な営業であったのか、口に出来なかったこちらだったが、この場所で昼営業もしてラーメンを提供している事を先日店頭で知った次第だった。そんなわけで正午過ぎのまもない時間に何度と無く立った店頭にまた立ち、初めて入り口の扉を開けて入店する私であった。





店内は焼酎や日本酒の大瓶があちらこちらに置いてあり居酒屋そのもので、どちらかと言えばバーと言う雰囲気が似合っていた。2階にも客席があるようだったが、1階に誰もいなかったので、そこにあった古木で作った一本テーブルのその入口寄りの席に腰掛けた。

メニューを広げると、予想に反したラインナップにまず驚いた。と言うのも以前は、根本13-1の松戸西口店の方で魚介豚骨醤油を提供していたので、てっきりそれがこちらの本店でもメニューに並んでいるかと思ったからだった。

お聞きするとラーメンの内容を、こちらで提供するようになってからフルモデルチェンジしたんだそう。そして向こうでは、もうラーメンの提供はしなくなったらしい。

そんなメニューを見ると、あっさり系のラーメンが中心になっており、そのほかつけ麺や甘辛みそラーメンなるメニューもあった。そんな中から選んだのは、「ちょーあっさり」とか「ちぢれ麺」と付記されていた「ひばりそば」なるラーメンで、ライスと一緒にお願いした。

後続して二人客が入って来たが、オーダーすると直ぐに二階へ上がって行った。どうやら先客が上におられるようで、出来上がったラーメンが何杯か狭い階段なのに器用に持って行ったお店の方だった。

TVではバンクーバー冬季オリンピックの男子フィギュアの中継が流れていて、ベテランの海外選手の演技が終わった直後で歓声が沸き上がり、4年前と変わらない技術を持つその姿に、キャスターが年齢を理由にして羨望のまなざしでナレーションを入れていた。程なく到着。

おお、なるほど鰹と鶏ガラと野菜をベースにダシをとった醤油を使わないダシだけのラーメンだそうで、黄金色に輝くそのスープに中細ちぢれ麺が優雅に泳いでいた。

具はチャーシュー1枚にあっさり煮付けた感じのメンマ、削いだ鰹節、そして白髪ネギにとろろ昆布と岩磯のりが乗っていて、糸唐辛子が雰囲気を作っていた。

普段おでんで使うスープをラーメンに利用しているものだそうで、口にすればじんわりと鶏のうま味が来て、後から野菜の甘みが時間差でやって来て大変に美味しい。

鶏ガラだけで豚骨は使って無いそうで、まさしくそんな感じのラーメンであった。自然塩でまとめているのか、味付けにもの足りない所は何一つなかった。

チャーシューもあっさり煮込んでいて弾力よく、とろろ昆布や岩磯のりから潮騒のメロディーが聞こえて来そうで、あっさり系でうまくまとめた良さがあった。麺もプリプリしていて、やや多加水シフトの麺で、スープの前に出ていなかった。

それはもう気が付けば完食だった。ラーメンの名前になっていた「ひばり」は、店主のお名前か確認するとそうでは無いそうで、ゴルフも好きな店主が或るゴルフ場の人気コース名を引用したらしい。

今まで色々な店名やラーメンのネーミングの由来をお聞きして来たが、ゴルフ場から来ているのは初めてであった。スープはライスでおじやにしても、充分楽しめる程にしっかりしていた。

以前は火曜日を定休にしていたそうだが、現在は無休にしてごくたまに休んでいるそう。遠方から出掛ける場合は、電話で確認した方が良さそうだ。

なお夜は焼酎ダイニングとなり、創作料理やおでんを肴にしてアルコールが愉しめるバーとなるらしい。またこちらは「FC HOPES 松戸(FCホペス)」と言う、フットサルのチームを有しているようだった。

最近は淡麗系のラーメンが流行りつつあるが、こちらもまた系統的にはそんな感じのラーメンであった。いや、ちょーあっさりな、ちぢれ麺の、ひばりそば美味しであった。

(左フォト) ひばりそば/店内/店頭外観 (2010.02.19)


 おでん・焼酎ダイニング HOPES (ホペス)本店   ※店舗チーム公式サイトはこちら

 住所:千葉県松戸市小根本10番地第五都ビル1・2F  TEL047-361-6336  定休日:不定休

 営業時間:11:30〜14:00(スープ無くなり次第終了)/17:00〜24:00 ※土日祝日は夜の部のみ

 アクセス:JR常磐線松戸駅東口下車。東口を出たら前方の階段を降りそのまま直進し、まもない
       突き当りを左折して100m程進んだY字路を車道の右手に進んで行き、さらに200m程
       歩いて横断歩道も越えて行った左側にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP