餃子の王将 千葉・都賀





かつて無い大雨が九州熊本で猛威を奮い各地もそんな懸念が消えないここ数日ながら、首都圏は風もそれほどでも無く陽射しも注ぐ夏が加速していた7月半ばの週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、湿度の高い夜風がそよぐ午後8時近くだった。

時にしばらく前にラーメンチェーン店のめん丸吉岡店を訪れたものだが、先日2010年2月にオープンしたJR都賀駅前のめん丸都賀店にも行って見ようと店頭に立てば何と残念ながら先月末日を以て閉店していて驚いた。

都賀駅前のチェーン店と言えば反対側には2005年4月にオープンしたこちらがあり、それならばと今回は仕事帰りこちらへ立ち寄って見ることにした。

昭和42年京都四条大宮で創業した言わずと知れたこちらで、2012年4月26日現在国内に617店舗が営業する巨大チェーン店だ。

ちなみに意外なのは本日現在茨城県に1店舗も無いことで、その他は青森県・秋田県・岩手県・山形県・福島県に、山梨県・愛媛県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県等にも無いらしい。

これまでにも本八幡駅前店渋谷ハチ公口店へ訪れてレポートを上げているが、過去にもサイトを始める前に数店舗入った記憶がある。

とはいえその昔は今ほど多店舗展開していなかっただけに、おそらくは精々2〜3店舗にとどまるところだろう。

そんなわけで、その店頭へやって来た。さっそく入店すると周辺の人通りからすれば、なかなか盛況なこちらと言えたフロアだった。

カウンター席へ促されたがそこはまだまだ余裕があり、一番奥が落ち着けそうだったのでそこまで行ってから腰を下ろした。

さて何にするかとなって以前のレポートをケータイで確認すると、どちらでも東京ラーメンに半チャーハンとこちらウリの餃子を食していた。

トンコツスープらしい王将ラーメンも気になったが、東京ラーメンとどう違うのか気になって中華そばの方を選んだ。

そして更にいつも半分だったチャーハンが半分になるセットメニュー自体が無かったからでもなかったが、がっつり行きたくなって焼めしと表記された一人前のそれもオーダー。

ちなみに餃子の王将各店では、そこだけの特別メニューを提供している。こちらでは都賀ペシャルと言うのがあり、内容は天津飯または中華飯にプラスして、餃子一人前と鶏の唐揚3ケ、さらにサラダとスープが付いて980円だった。

後続客が続いてカウンター席も埋まって行き、にわかに活気づいて行く店内。程なく到着。

それではと行かせて貰えばそこはそこそこ悪くない中華そばで、東京ラーメンと違ってチャーシューはしっかりした比較的肉厚のバラロールチャーシューが2切れも入っていた。醤油スープは若干違っているようで、しかしさほどそう変わらない感じと言えた。

焼めしはなかなか美味しい玉子チャーハン。パラパラでしっとりした風合いが混在して玉子がふわふわとしていてなかなか良かった。スープは瀞みのある玉子スープでこれまた美味しかった。

気がつけば完食。いや、なかなか悪くないそんな中華そばと焼めしだった。

(左フォト) 中華そば/焼めし/店舗外観 (2012.07.14)


 餃子の王将 都賀駅西口店

 住所:千葉県千葉市若葉区都賀3-3-1  TEL043-207-0366  ※公式サイトはこちら

 定休日:年中無休  営業時間:火〜土11:30〜翌1:30LO◆日月祝11:30〜22:30LO

 アクセス:JR都賀駅西口下車。右手の階段を降りて行くとその目の前にあり。



喜劇らーめん食べ歩きTOP