横濱家系ラーメン 吟家 千葉・西千葉





気温がまた持ち直して雨が静かに降り出して来た、そんな11月後半の週末土曜日。今日も仕事が終わって外に出れば、1日降っていた雨がやや強くなって風も出て来た午後7時過ぎだった。

JR西千葉駅北口の駅前に、どうやら家系ラーメン店がオープンしているようだ。

それは全く気がつかなかった。昨年10月にオープンした、千葉市緑区古市場町に本店を置くラーメン店の支店らしい。

ネットでは年明けに茂原にも支店がオープンするような情報もあったこちらだ。そんなわけで気になるところとなって、仕事帰り立ち寄ることにした。

と言うわけで、雨降りしきるなかその店頭へやって来た。南口駅前に武蔵家さんがあるJR西千葉駅周辺だけに、そちらを牽制するような立地と系統のラーメン店と言えそう。

市原市内で開催された「千葉県ラーメン選手権2012」で準グランプリを受賞したらしく、それを知らせる大きな垂れ幕が店舗左手に掛かっていた。

さっそく入ろうとすると急に突風が吹き出して、傘がきしんで慌てて入店する私だった。中に入ると券売機が直ぐ右手にあった。

少し悩んでから濃厚とんこつ醤油味玉ラーメンを選んで、ライスのお供シリーズ90円と言うインフォに武蔵家のようにこちらもライスが無料と思い込んでそのネギマヨチャーシューのボタンだけを連打。

一番奥のカウンター席が空いていたので、そこに腰掛けてからチケットをお店の方に手渡した。するとライスは無料では無いそうで、それならばと百円を支払ってライスもお願いした。

それにしてもこんな駅前に、あるとは思わなかった。

9月20日にオープンしたばかりのこちらだそう。お子様はラーメンとライスが無料らしく、券売機の上にその札が置かれてあった。

ジュース持ち込み大歓迎のこちらのようだ。脂を流す黒烏龍茶が店舗敷地の自販機にあるらしく、TVコマーシャルでも出て来る喪黒福造がそれを勧めていた。

なおセルフの冷水をつぎに行くと、その冷水機はコーヒー等も出るようになっていたものの、それを店内では楽しめないようなインフォがあった。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、いわゆるところの壱六家系ラーメン。

判り易いチーユの風情に、ウズラ卵が乗せられていた。これがなかなかの持ち味があって、なるほど美味しかった。

県内だと松戸市内の2店舗に訪れた壱六家系で、横浜勤務の折りにもそちらの系統のラーメン店を何店舗か訪れたものだ。

目の前には壱六家系ならば納得の、大橋製麺多摩の麺箱があった。その麺がなかなか太く、如何にもそちららしい持ち味があって実に良かった。

ご飯はドンブリにたっぷり入ったもので、ネギマヨチャーシューはやや少なめ。残ったご飯にスープを掛け、オジヤにしてそこはフィニッシュ。

気がつけば完食。いや、なかなかとても素敵だった。


(左フォト) 濃厚とんこつ醤油味玉ラーメン/お供シリーズ+ライス/店頭外観 (2012.11.17)


 横濱家系ラーメン 吟家 - Gin-Ya - 西千葉店

 住所:千葉県千葉市稲毛区弥生町2-20サンエム西千葉ビル1階

 定休日:不定休  営業時間:平日・土曜11:00〜23:00/日曜11:00〜22:00

 アクセス:JR総武線西千葉駅北口下車。北口ロータリー内左手奥の駅前にあり。



  2012.11.17 さりげなく置かれていた大橋製麺多摩の麺箱。   2012.11.17 有料のライスを旨くする方法と、喪黒福造の脂肪にドーン。