和食 源匠 千葉・本八幡 ※閉店





ともあれ年内総選挙が決定して残念にも大女優森光子さんの訃報があった昨日で、また冷え込みが増して来た11月半ばの木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、それほどの寒さでも無かった午後7時過ぎだった。

時に当サイトが始まった頃から訪れていたらーめん源太駅前館だったが、残念にも今年の9月を以てその長い歴史に終止符を打った。

1999年に市川インターチェンジと国道14号を結ぶ道路沿いに産声を上げたラーメン店で、本八幡駅前のお店は当時支店として2001年3月にオープンした。

その後本店がお店を畳んでしまい、駅前店がずっと営業していた源太さんだった。

今度は業態を変えて和食料理店で再出発するそう。ラーメンも提供するらしく、つい先日の9日から仮オープンを迎えたと知って、そろそろある程度落ち着いた頃だろうと仕事帰り立ち寄ることにした。

そんなわけでその店頭に到着すれば、まだ以前のラーメン店の看板がそのままになっていた店頭だった。さっそく入店すると入口にはギターと譜面台と椅子が、それぞれ2セットずつ在った。

入口は洋風なバースタイルで、奥は純和風な雰囲気を持つフロアーのこちら。お酒を楽しむためのそんな空間に変貌を遂げていた店内だった。

入口の店長さんにそんなお店ながらラーメンも提供していると知って来て、それだけでも良いかお聞きするとまだ仮営業中もあってか承諾を貰えた。

促された席は厨房前のカウンター席で、寿司屋で見るようなガラスショーケースが目の前に設けられているそんな席だった。

メニューを広げるとラーメンは酒のシメに楽しんで貰う程度らしく、鰹と鶏だしのスープによるラーメンの普通盛と大盛のみの提供メニューだった。

以前からおられる方は目の前の店長さんだけだそうで、厨房でせわしく動く方々は如何にも和食料理の板前さんらしき方々ばかり。

ラーメンと共に楽しむサイドメニューも無く、ラーメンの提供はあれども純粋な和食料理店のこちらだった。と言うことで、ラーメンの大盛をお願いすることにした。

お酒を勧められたが、実はここ最近アルコールを自粛しており、呑みたかったがそこは自重した。入口のギターは週末限定で、生演奏が行われるのだそう。程なく到着。

それではと行かせて貰えば、なるほど今までの背脂が浮くスタイルが主流のこちらだったが、あっさりを絵に書いたような鶏だしの魚介がしっかりと利いた醤油味のスープに風情の良い中細麺が泳ぐもの。

さすが永年ラーメンを提供して来たこちらだけに変な中途半端なものでなく、なかなか素敵なスープと麺のラーメンで大変に良かった。

魚介の風味が特にオリジナリティ豊かに感じられて、なかなかのポリシーを感じた。中細麺も小麦感がいいものと言えた。

雰囲気の良いこちらで語らいながら旨い酒の肴を楽しみ、シメはそんな素敵なラーメンを楽しんでは如何だろうか。まもなくグランドオープンを迎えるこちらだそう。

気がつけば完食。いや、実になかなか良かった、そんな素敵な中華そばだった。

(左フォト) ラーメン大盛/ショーケース内の魚介食材/店頭外観 (2012.11.15)


 和食 源匠 - Gensho -

 住所:千葉県市川市南八幡4-2-10 TEL047-370-8508

 定休日:日曜日  営業時間:17:00〜24:00(23:30LO)

 アクセス:JR総武線本八幡駅南口下車。ロータリー奥の右路地を入り突き当りを左に程なく進んだ
       左側にあり。徒歩およそ1分。

  

  2012.11.15 宮城産の生がきがウリのようだ。   2012.11.15 こだわりのアルコールがラインナップされていた。